春巻きなどを話そう

2012/2/13 
日下佳也です、お久しぶりです
今日の日下佳也(くさかよしなり)が語る中華料理は春巻きなどを話そうなんで、日下佳也が春巻きなどを話そうと思います

春巻き(はるまき、「春巻」とも書く。中国語:繁体字:春卷、簡体字:春卷、拼音: chūnjuǎn 、チュンヂュアン。英語:spring roll)は、中国料理の点心の一つ。南方の広東料理では、豚肉、タケノコ、シイタケなどを千切りにして炒めて醤油などで調味したものを、小麦粉で作った皮で棒状に包み、食用油で揚げたものが一般的である。香港や広州では、飲茶の際に食べることが多く、ウスターソースを付けることもある。
しかし、浙江省などの華中、華北では小豆餡を包んだ甘いものが多く、宴会料理の一品となることもある。また、ナツメ餡などを包むものもある。
アメリカ合衆国のチャイナタウンでは、中国よりも大振りのものも作られている。
皮がパリッと揚がっていることがおいしさの要件となるので、最初は比較的低温で揚げ、再度、場合によっては再々度、高めの温度で揚げ直すという手法をとることが多い。

日下佳也は春巻きはやはり中華が一番と思います


0

中華料理とはなにか

2012/2/8 
ご無沙汰しています皆さん、日下佳也です
今日の日下佳也(くさかよしなり)が語る中華料理は中華料理とはなにかなので、日下佳也が中華料理とはなにかを話していきます

中華料理(中国語: 中國菜(zhōngguócài; チョングオツァイ))は、料理の一種であり、中国本場の料理は中国料理ともいう。中華料理はあくまでもほかの国が中国風にアレンジしてつくられたものである。広大な中国大陸にあって、漢民族に同化していった多彩な民族料理を基層としているために地域差が大きく、地方ごとに食材・調理法が違う。このため、中華料理に共通する性格を挙げることは難しいが,元代以降の中国では火を加えた温かい食事をとることが重視されてきたため、日本料理や西洋料理に比べて強い火力を用いる炒め物が目立ち、油(ラード、ゴマ油など)を多用する料理が多いという傾向がある。生野菜の使用や冷たい料理は少ない(伝統的な料理では杏仁豆腐程度)。魚介類については、淡水魚が使用される傾向が強い。

仏教徒向けの精進料理として素菜が、イスラム教徒向けの、豚肉及びその加工製品、ラードを用いない清真菜がある。


日下佳也としては中華料理て地方によって分かれているのは仕方がないと思いますね、ただ日下佳也はどの地方のも好きですが

0



AutoPage最新お知らせ