(無題)

2011/7/14 
ウェディングドレスの色といえばやはり純白のホワイトですよね。 白のウェディングドレスには、純白の心「あなたの色に染まりたい」という花嫁の思いを表しているそうです。ところが、この「白」色は昔からの伝統ではないのです。中世ヨーロッパの王侯貴族などが結婚式やセレモニーに着たウェディングドレスは、汚れが目立たない色。ほとんどが式後の晩餐会などでも活用されるため、汚れが目立ちにくい色のウェディングドレスが好まれたようです。当時のウェディングドレスは、厚手の生地に金糸銀糸を織り込み、宝石を縫いつけたという豪華なものでした。そのためかなり重いウェディングドレスだったと言われています。その後18世紀のフランスを中心に「白」が流行り、貴族は競って「白」のウェディングドレスを身につけるようになったですが、すぐに汚れてしまう贅沢品であったため、国民の反発を呼ぶような時代でした。19世紀イギリスのヴィクトリア女王が、ウェディングドレスに「白」を用いた最初の人。18才で女王になったヴィクトリアは、21才の時に従兄弟のアルバート公と結婚しました。ヴィクトリアは女王としてではなく、一人の女性として愛する人との結婚を選び、その一途な思いを「白」に託してイギリス製のシルクの真っ白なウェディングドレスを着たのです。繁栄のためのオレンジの花だけを飾り、白いレースのベールを被ったその姿は、イギリス国民だけでなく、各国の人々にその清純さと新しい王室のイメージを植え付け、感動させました。それからは、ヨーロッパ中の貴族の花嫁が「白」のウェディングドレスを身にまとったとされています。ウェディングドレスの「白」という色は、凛とした女性の自己主張を表しているのかもしれません。今ではたくさんの素材やデザインを見ることができますが、その中から自分に合ったウェディングドレスを選び出すことは、結婚に対する女性の決心の現れなのかもしれませんね。
0

teacup.ブログ START!

2011/7/14 
ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0

(無題)

2011/7/14 
通常ハワイでは結婚式の前日にリハーサルを行います。その後リハーサルに出席した新郎新婦、両親、牧師、メイド・オブ・オーナー、ベスト・マン、ブライズ・メイド、クルームズ・メンが明日の結婚式が無事に遂行されることを願い一緒に夕食をします。6月は結婚式のシーズン。アメリカの親戚に結婚式に招待された時に、マナーや習慣の違いに戸惑う人は少なくありません。結婚祝いの贈答品や祝儀に関する習慣も日本とは違う上、式の時間や場所や服装も変わってくる。「お祝いしよう」という気持ちさえあれば・・・とはいうものの、アメリカの結婚式とは一体どんな風になっているのでしょう!
0

(無題)

2011/7/13 
「結婚」という言葉は、明治時代に作られた。普段われわれが使う意味は成人男女が夫婦になることを指しているが、英語の「marry」を翻訳する際に対訳語としての日本語がなかったために作られた、と考えられる。 一神教の国では成人男女が夫婦になる場合、神の許しを得る儀式が必要となる。神との誓約を行い、その結果認められたものが夫婦となることを「marry」という。それまでの日本人は神との誓約をしないまま夫婦になっていた。古い日本語としては「婚姻」や「婚礼」、「祝言」など夫婦になることを示す言葉はあったが、それでは「marry」の意味と異なっていた。そのような背景から明治時代に作られた言葉であり、神の許しを得て成人男女が夫婦になるという意味があった。しかし、そのことを正確に記している辞書も言語学者もいなかった。新しい言葉であるにもかかわらず、由来も意味も曖昧なまま今日に至っている。神前結婚式はそのような背景から作られたものである。
0

(無題)

2011/7/12 
ウエディングドレスは結婚式にとっても新婦にとっても一番の見せ場ですよね〜結婚式へのあこがれはウエディングドレスのほうが強いみたいで、和装での結婚式は減ってきているみたいです。ウエディングドレスを着こなすには自分の身長や体系なども考慮するといいと思います。ウエディングドレスは見た目が勝負だと思うのであまり自分の体系に合わないとウエディングドレスだけが浮いてしまう感じになってしまうと思うので・・・ウエディングドレスを選ぶ基準としてはまず自分の体系や身長などに見合うものを探し、その中から自分が着てみたいものを選ぶほうがスムーズにウエディングドレスを選べると思います。あとはウエディングドレスが決まったら髪形や小物などなど、いろいろ決めるのに迷うものが待っているので、ウエディングドレス選びは慎重にかつスピーディーに選んだほうがいいと思います。
0



AutoPage最新お知らせ