太陽光発電を設置する前に補助金の申請を  太陽光発電補助金

太陽光発電を設置すると補助金の申請ができます。補助金はほしいけれど、申請が面倒だしわかりづらいなと思われたなら、行政書士やシステムを販売するお店で手続きの代行をしてくれるようです。

もし自分でできないと思ったなら、補助金申し込みの続きを依頼するのも一つの方法です。補助金の申請は設置する太陽光発が電力会社と電気を売る契約を結ぶ必要があります。単に太陽光発電を設置し、自己利用の分については、補助金の対象になりません。

太陽光発電は、使用しない余った電気を販売すると収益になりますので、売電契約もシステムを販売する会社が案内してくれます。対象となるのは、個人事業主などの個人、法人、また管理組合の管理者となります。太陽光発電を設置する大きさにも条件があります。10キロワット未満のシステムである必要があります。

また1キロワットあたり55万円以下の設置費も条件になっています。もらえる補助金は太陽電池モジュールの公称最大出力1キロワットあたり3万円から3万5000円となっています。申請をする場合には太陽光発電を設置する前に申し込みをします。必要な書類をそろえて受理決定通知を受け取りますが、システムを販売するお店にしっかり確認をしましょう。




ソーラーフロンティアの太陽光発電がおすすめです

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ