2017/3/27

『小旅島旅独り旅』 相島は猫の楽園でした!  

福岡県・新宮町の相島(あいのしま)に行く
フェリー乗り場には、博多駅から原付バイク
でゆっくり40分も走れば到着する。

船着き場には人に慣れた数匹の野良猫が
居て、(なるほど、島猫の性格もいいはず)
と想像し、船に乗るのが楽しみになった。

クリックすると元のサイズで表示します


新宮港に停泊していたのは双胴船である。
揺れるから双胴船なのだ。
ちゃんと朝御飯を食べてきて正解である。
風が弱い朝一の便に乗るのも正解である。
で、実際に乗ったら、乗り物酔いをする人は
酔う可能性の強い揺れ方をした。
もしも私のブログを参考にして島に行く人が
居たら、次の点に注意すれば酔わないから
実行されたらよろしい。

クリックすると元のサイズで表示します


〇空腹では乗らないこと。乗船一時間前に
 腹八分の食事をしておくのが大事。
〇それでも心配な人は、薬を服用する。
〇座席選びは船全体のやや後方の中心部。
〇それでも心配な人はずっと立っていること
 が有効で、揺れる度に躰を地球から90度
 に保つことが酔わないコツ。
〇島に往く便は揺れ易く、還る便は揺れが
 小さいので過度な心配は無用。
このようにして自信がつくと私のように船好き
になる。
船釣りに行く船は強烈に揺れるし、最低でも
6時間は陸に戻らない。
だから私も最初は不安だったが、上記のこと
を実践して自信に繋がったのである。

さて、丁度20分で到着する相島の女性は驚く
ほど社交的で優しい。
70歳以下の女性はこちらから挨拶する前に
明るく声を掛けてくれる。
だもの、島の猫が人に慣れているのは当然
である。
猫が安楽に暮らせるかどうかは、人間の心が
大きく関わる、と昔から私は信じているのだ。

港近くの船の待合所は新しく、冷暖房も完備
している。
この日は二匹の猫もまるで自分の家のように
窓際に座っていた。

クリックすると元のサイズで表示します


その隣りは海産物売り場と食堂になっていて、
午前11時から営業している。

そのまた隣りはスーパーマーケット的な店で、
比較的若い島の女性が店番をしている。

新聞配達は午前8時10分の船の到着後から
女子中学生が一軒毎に挨拶をし、自転車で
配達をしている。

間もなく開店しそうな食堂の工事も内装を残す
だけの様子で、今から訪問する観光客に便利
な存在になることだろう。

小さな島だが、宿泊も食堂も心配なし。
雨風から逃れる場所もある。
トイレも数か所あって、とても綺麗。
福岡空港に着陸する飛行機の通り道になって
いるから、飛行機好きにも感動の地である。

遠い昔、朝鮮使節団が数年に一度だけ停泊を
許されていた島である。
だからなのか、余所者を受け入れる度量が島人
に今でも残っているのかも・・・。
相島は実に居心地のいい島なのである。
そのように猫たちも言ってました(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/3/26

『小旅島旅独り旅』 博多って好かん・・・の巻  

旅の二日目は福岡市・中州にあるカプセル
ホテルに宿泊した。
九州最大の歓楽街だから、カプセルなのに
4000円もした。
(他を探せば良かったかな)と一瞬思ったが、
面倒だから決めてしまった。

ところがバイクの置き場所に困った。
(仕方ないなぁ)と思いつつ、ホテルの隣りに
あるコンビニ前に駐輪した。
そしたら、翌朝・・・。
(どれっ出掛ける)とバイクに近づいたら駐車
違反の切符がバックミラーに巻き付けられて
いたのでガクッと来た。

クリックすると元のサイズで表示します


・・・あなたは禁止区域に6分間駐車した・・・
・・・1か月後に罰金額を知らせるから支払え・・・

(阿呆、金額も書いとけ。今日中に払うのに)
という性格なので、今後1か月も憂鬱の材料
を抱え込むことになって不愉快である。
そして(やっぱり俺と博多は合わないなぁ)と
昔のことを思い浮かべたのである。

初めて博多に来たのは19歳の時で列車から
降りる気はなかった。その日の内に長崎まで
着きたいと思っていたからだ。
ところが、博多駅に着いたのが昼過ぎで腹が
減っていた私は珍しく駅弁を買ったのだった。
当時の金額で900円だったのを今でも覚えて
いるのは、高かったのに不味かったからだ。
貧乏学生だったから、凄く、(失敗したなぁ)と
後悔したのである。

次に行ったのは志賀島に行く為で、駅近くの
スターバックスでとても嫌な思いをしたのだ。
スターバックスが日本上陸してまだ間もない
頃のことだったのではなかろうか。
女店員が早口で何か言ったのを(不親切だ
なぁ)と思ったのだ。しかも真冬なのに「煙草
を吸う方は外の席で」と冷たく言われたのだ。
自慢じゃないが、それ以来スタバには入らぬ
ことにしていて、完全にドトール派である。

もう一つ覚えているのは熊蝉の鳴き声を初め
て聞いたのが博多駅前なのである。
図鑑でしか知らない憧れの熊蝉だったのに、
あまりの五月蠅さにうんざりしたのである。

もう絶対に博多には泊まらない。
なるべく近づかないことにする。
本当に懲りました。

朝の6時半にその違反切符を見て、これから
楽しみにしていた相島(あいのしま)に渡ろう
というのに、(なんてこった。松山に帰ろうか)
と少し腐ったのだが10分も走らぬうちに機嫌
が戻った。
朝日が昇り、暖かかったからである(笑)。
まっ、そんな所に停めた私が莫迦だったのが
一番の理由だし・・・ね。

ということで、次回は「相島」編。
えっ、そんな島、知らんて・・・・あ〜た。ぷっ!
猫の島で超有名な島なんですぞ。
1

2017/3/25

無事なのが一番!帰宅しましたぁ。  

ただいま午後9時半。
風呂に入ったり、晩御飯を食べたりして、
ようやく落ち着きました。

本日・午後8時に無事帰宅しましたので、
先ずはご報告を・・・。

かつては「俺は晴れ男だから・・・」が口癖
だったのに、4日間に2日も雨に降られて、
「オラは雨爺だから・・・」と言わねばならぬ
人間になってしまっのかも・・・(笑)。
でも、弱い雨だったので本当に助かった。

(今日帰っちゃえ)と昼前に何となく決めて
しまったので、本日は300キロ以上も運転
したので、ちょっとだけ頭が疲れている。
だから、旅の話は明日から・・・ということで。
1

2017/3/22

「行きたい」と思ったら、即行動!  

ただいま午前10時。
アメリカのドジャースタジアムでは野茂君による
始球式が行われ、WBC準優勝戦が始まった。
雨が原因で約2時間ほど開始が遅れたようだ。
日本のピッチャー陣にメジャーリーガーが一人
も参加して居ないのが不満なので、実はあまり
興味がない。
だから野球・籠池証人喚問よりも自分の楽しみ
を優先するのであ〜る!

松山は朝から好天気。
天気図を観たら、5日間は雨の日がないので、
昼御飯を食べ終えたら北九州方面に4・5泊の
予定で出掛けることにした。
行ったことがない平戸や佐世保が一番の目的。

ということで、遅くとも来週・月曜日にはブログを
再開すると想います。
交通事故に気を付け、飽きるまで遊んで来ます。
この旅も名付ければ「小旅・島旅・独り旅」です。
では、皆さん、行ってきま〜す。
0

2017/3/21

私に気付いてから白鷺君の仕事は緩慢になった。申し訳ない!  

昨夜から天気予報通りの雨になった。
今日の昼前に上がったので、ご近所散歩。

私の歩き方は本当は早いのだが、散歩の
時は本当にのろのろ歩きになる。
で、本日はいつものコースではないので、
なお遅くなる。

ほらっ、のろのろ歩くと、若い白鷺の餌採り
に出遭ったりする。
私はじっと立ったままだから、餌採りに夢中
になっている鷺は気付かない。
まだ若いから気が散漫なのかもしれぬ。
成鳥はもっと敏感で、直ぐ飛ぶからね。

若い白鷺が餌を採れることを願って、じっと
動かぬまま観察するのが楽しい。

クリックすると元のサイズで表示します


白鷺の五本の足は真っ黄色。
その五指を左右に小刻みに震わせながら
水底の水草に差し入れ、前の方に歩幅分
を伸ばし、隠れている小魚を追い出す。
時に水草から逃げた小魚を素早く突っつく
仕草をするけれど、嘴に魚は見えない。
どうやら勘違いもするようである。

徐々にこちらに近づいた白鷺は、遂に私の
存在に気付き、どうしようかと暫し思案する。
それでも私は動かないので少し安心し、又、
餌採りをするのだが、時折は私を確認する。
(あっ、少し足の運びが雑になったような)と
思える。
どうやら、私のせいで気が散るようなのだ。

・・・いや〜、いい場面を見せてもらった・・・
・・・まだ幼いのに、見事に漁をする・・・
・・・一日に何回、繰り返するのだろう・・・

その場を離れてから次々思いが湧いてくる。
そのうちに、次のような言葉も降りて来る。
これではまだ完成形とは言えないが、帰宅
しても記憶しているのだから、推敲してみる
価値はありそうだ。

水草に足差し入れて餌を追ふ白鷺はまだ幼き個体

さて、毎日読書ばかりして躰が鈍っている。
何処かに出掛けようかな。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ