2017/9/24

鍵はキチンと掛けるべし。  

大浴場清掃を行う際に、私は短パンに着替える。
長ズボンでは水に濡れてしまうし、暑いからだ。
(当然ながら上半身は半袖のTシャツ)

で、脱衣場に鍵を掛けてズボンを脱いだら、何と
パンツの前後を間違えていることに気付いた。
ボクサータイプだから間違えたのだが、こんなこと
は初めてで、自分でも恥ずかしくなった。
だから前後を直そうとして一旦パンツを脱いだ。

そしたら背後のドアが開き、「きゃ、御免なさい」と
大きな声がし、ドアが閉まる音がした。
間違いなく同僚の47歳リーダーの声である。
真っ裸(後ろ姿)を見られたことになる(笑)

彼女は10分後に脱衣場の清掃の為、再び入って
きたが既に私は掃除を始めていて、何も無かった
ように振舞って、仕事の話もした。

(どうして、あいざわさんはパンツまで脱ぐのだろう)
と思っているに違いない。
(水色が趣味なんだ)と思っているに違いない。

なんか知らんが、私は面白くないのである。
0

2017/9/23

買い物以外は全て空振りの連休だった。  

予報通りに(天気はいいんだろうな)と思って
いたのだが、雨雲だらけで良くねぇじゃん。
近くの睦月島(むづき)に渡ろうと決めていた
けど、降られるのがイヤだから前日に続いて
散歩と買い物の日にした。
群馬レタス105円(税込)は得したでぇぇぇ。

伊予鉄・新型車両「リトルダンサー」を散歩の
途中の「道後温泉駅」で待ち構えていた。
しかし、、、、なかなか、、、、来ないんだ。
痺れを切らして駅員に訊いてみたら、「まだ
二輌しかありませんからねぇ」とのこと。
そっか、まだ二輌かぁ・・・と納得。
逃げるもんじゃないし、まっ、そのうち・・・だ。

明日出勤したら、また二連休だ。
天気予報を観たら、火曜が雨になっている。
お金を使うな・・・ってことか。
躰を休めろ・・・ってことか。
家で勉強しろ・・・ってことか。

どうか10月の連休は晴れになりますように。
0

2017/9/22

横田めぐみちゃんを利用するトップ二人。  

国連で米国のトランプ大統領が演説をした際に、
北朝鮮から拉致された「横田めぐみ」君のことに
触れた。
トランプは安倍晋三から聞いていたのだろうな。

めぐみ君の母(早紀江さん)は、大統領の口から
娘の名が出たことを驚くと同時に、これで新展開
があるかもしれぬと感じたようで喜んでいた。

二日後に安倍晋三が国連で演説した際に、殆ど
北朝鮮を話題とし、やはり「横田めぐみ」君の拉致
に就いて触れた。

早紀江さんはやはり喜んだのだろうが、私個人の
感覚では(これでめぐみ君が帰国することは100%
なくなったし、生存が確認されることもない)と確信
してしまった。
この感覚って、あのキム・ジョンウンの過去の極悪
非道な行動から想像して普通ではなかろうか。

「安倍晋三は、拉致された当時13歳だった少女を
想像させ、諸外国の理解を得るために利用した」と
私は思っているのである。

と、ここまで書き、晩御飯を作り、食べたら、忘れて
しまっていた(笑)。
もう午後11時なので、このままアップしよう。
1

2017/9/21

リトルダンサー・・・松山市に登場!  

いや〜、今日も熱心に働いた。
帰宅してシャワーを浴びた後、ドッと疲れが
出てくるのがわかるのだが、働いている時は
全く何ともないのだから不思議だ。
恐らく、働いている時は気持ちが乗っている
から気付かないのだろう。

さて私は、明日と明後日は二連休。
明日の天気予報は曇り時々雨で、明後日は
ずっと曇り。
じゃあ、明日は掃除と買い物と食事を楽しみ、
明後日はどこかに遊びに行くことにしよう。

ところで、松山市には「伊予鉄道」という私鉄
があり、愛媛県では一流企業と言っていい。
有名な蒸気機関車、例の「坊ちゃん列車」を
明治時代から走らせている会社である。
その伊予鉄で今日から新型車両が走るのを
夕方のニュースで知った。
低い段差なので老人や躰に支障のある人に
優しい電車で、車両愛称は「リトルダンサー」
なのだそうな。
段差が小さいから「リトルダンサー」(笑)。
知っている人は知っているもので、わざわざ
東京や大阪から写真を撮りに来ているファン
がニュースに出ていたのでびっくり。

伊予鉄では、「坊ちゃん列車」以外の車両は
2年前から蜜柑色に統一されて、新型車両も
バスも蜜柑色である。
 
ああ観たくなってきた。
近所を走っているんだから明日観に行こう。
3

2017/9/20

防災食(非常食)を食べさせられて・・・。  

吾が職場の食堂前には朝・昼・晩とメニューが
書かれた白板と、全品の見本が置かれる。
ところが今日の昼御飯の二時間前に通ったら
見本は無く、白板に「防災食の・・・・」と書いて
あったので、(なんじゃそりゃ!)と思った。
なんか全て想像が付いてしまって、メニューの
最後まで読む気にもなれなかった。

本日私と共に食事するのは59歳の同僚一人。
65歳は休み。56歳は毎回13時に帰宅だから
食事は自宅。リーダー47歳はシングルマザー
なので節約する為に弁当である。
59歳の同僚が食卓に座るや否や、「非常食の
期限が来たから、なんだって」と言った。
・・・やっぱし、な・・・
つい先日、大量の非常食が施設に届いたのを
私は偶然に見ていたのである。

缶詰の鯖・法蓮草の胡麻和え・野菜ジュース・
フルーツ蜜豆・御飯

糖尿病対策で、この約三か月は食事が楽しみ
なのに、非常食とはがっかりだ。
少なくとも次の非常食日まで私は勤めていない
だろうから文句も言わずに我慢したのである。
「鯖缶なのに、これは美味いなぁ」とお世辞まで
言ってな(苦笑)。

ところで、どこかの中学校では給食の残し方が
酷くて問題になっているそうな。
給食とは言っても、宅配弁当屋の弁当みたい
な給食である。
(あの頃の年齢は、クラスの人気者が不味いと
言うと真似するからなぁ)と瞬間的に思ったのだ
が、本当に美味しくはないらしい。
驚いたのは、給食が開始された昨年の一月から
1年8か月の間に100回以上の異物混入報告が
あったことだ。

じゃあ根本的に、美味い不味いの話じゃないぜ。
弁当業者が不埒なのであり、全てに責任がある!
しかし、どこの県かは忘れたけれど、そんな給食
を出して平気な県があることに、二度びっくりだ。

給食センターを直ぐに作れや、ド阿呆!
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ