3種類のホームページ  ホームページ成功法則

ホームページは、大きく分けて3つの種類があります。

その3つとは、
『会社紹介サイト・通販サイト・集客サイト』です。

まず、会社紹介サイトから説明しますね。

『会社紹介サイト』

これは、会社パンフレットのようなサイトで、デザイン重視のサイトです。
主に、雇用案内を目的としているサイトで、会社の理念や雇用状況、会社のあらまし、
会社概要、事業内容などが掲載されているホームページです。

このタイプのホームページは、就職先を探している方が見る傾向にあり、
直接売上には繋がりません。

数年前までは、このタイプのホームページを作る製作会社が
ほとんどだったと思います。(今も多いですが・・・)

但し、
現在は雇用案内も、情報量が重視されていますので、
単なる会社案内だけでは、人はあまりきません。


『通販サイト』

これは、「ECサイト」「ネットショップ」とも呼ばれていますが、
主にインターネット上で直接販売を行なう事を目的にしたホームページです。

買い物カゴや、お申し込みページがあり、直接商品を購入できるホームページです。

ここ数年で一気に増えましたね。
通販サイトには、高度なマーケティングやセールスページ(商品ページ)に使う
高度なコピーライティング(文章力)、レベルの高い商品画像、動画などが必要で
(売れるようにする場合に必要ってことです。)、そういった技術と
ノウハウを持つ制作会社に依頼することをオススメします。

通販ビジネスを行なう場合は、デザイナー中心の制作会社に依頼してしまうと、
見た目ばかりで、売れないサイトに多額の費用を払う事になるかもしれません。


『集客サイト』

これは、実店舗型や地域密着型のビジネスにおいて、
集客・来店・お問い合わせなど、見込み客からの直接の反応を目的に作られた
ホームページです。

例えば、
病院、歯科医院、飲食店、美容室、士業、営業系会社、保険代理店、不動産など
対面的なビジネスを行なっている方向けのホームページといえます。

このタイプのホームページは、コンテンツ(情報)がしっかり中身のあるもので、
見込み客からみても、非常に有意義な情報が、わかりやすく配置されています。

ちなみに、
多くの製作会社は、あなたがホームページで実現したい目的に合わせて、
タイプ別に制作してはくれません。

「売上を伸ばしたいので、ホームページを作ってくれ」と頼んだのに、
『会社紹介サイト』のようなホームページを作ってみたり。

「新規に通販事業を始めるからホームページを作ってくれ」頼んだら、
『会社紹介サイト』に買い物カゴを付けただけのホームページになってたり・・・。

でも、
これはある意味しょうがない事かもしれません。

なぜなら、ほとんどの制作会社はデザイナーや技術者が主体なので、
目的別に効果の高いタイプのサイトがあること自体知らないのですし、
彼らはホームページを作ることのみが仕事ですから。

さて、
3つのタイプのホームページについてお話しましたが、

もし、
あなたがご自身の商売の売上を伸ばすために、「集客」を目的としているなら
『集客サイト』をつくっていきましょう。

但し、
通常のホームページで、効果のある「集客サイト」を作るとすれば、
制作費は最低でも30 万円、月の更新費は最低でも10 万円を制作会社に
払う覚悟が無ければ、コンテンツを増やしていけませんし、
うまく運営していけません。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ