広告は誰に向けて書くのか?  

「広告を書こうとする時は、夕食会で隣に座ったご婦人に話かけるように書きなさい」
byデビッド・オグルビー

「みんな」に向けて書かれた広告ほど、
つまらないものはありません。

つまらないから、誰も読まない。
読まなければ、当然売れない。

みんなに好かれたい八方美人は、
結局、誰からも好かれない。

これは、広告でも同じ。

「みんな」では、誰も気がつかない。
「みんな」では、月並みなことしか言えない。

月並みなことで、お客様の心は動きません。

「お客様になって欲しい人」
この人に向かい広告を作成してみてください。

プロフィールが明確だから、伝えることも明確になる。
メッセージがシンプルで分かりやすくなるはずです。

シンプルで分かりやすいと売れるようになります。

お客様のプロフィールを想像することを
「ペルソナ」と言います。

広告は、「ペルソナ」に向けて書いてください。
広告は一人に向けて書くものです。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ