2012/1/11 | 投稿者: abcd

英会話を習っていると、つくづく言葉と文化というのは切り離せないものだなと感じます。
特に英語ではキリスト教が理解できていないと、
ちょと意味が分からない言い回しがあったり、
日本人には「はてな?」と思う箇所が多々あります。

私の英会話 個人レッスンの先生はバイリンガルの方なので、
そこの辺りの文化の違いをとても分かりやすく説明してくれます。
これは外国人教師では出来ないワザだなといつも感心します。

例えばことわざなんてのも、文化が違うと全く言い回しが変わりますよね。
それでも同じ意味の分があるところも奥深いなと思ったり。

あと日本で生活していると、外国の行事に疎くなるのですが、
そこもレッスンで取り入れていくれるので、
凄く身近に感じられます。
かつてはクリスマス位しか意識してませんでしたが、
感謝祭やハロウィンなんかも英語圏では欠かせない行事ですよね。

英会話とともに異文化に接することは、
実際に会話する上でとても重要だと感じています。
また上達への近道にもなりますね。
0




AutoPage最新お知らせ