日経225の取引の注意点  

日経225は約定値段の1000倍の取引数量を乗じた
金額で取引します。

簡単に言えばレバレッジがかかってる、ということで
証拠金を証券会社にあずけて数十倍の金額の取引ができる、ということ。

なので、利益が出ればリターンは大きいし
損失が出るとリスクも大きいわけですね。

1000倍の取引数量と最初に書きましたが
レバレッジはミニとラージで違うので最初はミニがオススメ。


損失が出ると何がリスクか?というと証拠金以上の損失になることがある
ということですね。

その場合、追加で証券会社に証拠金を入れないといけないし
強制的に損失を抱えている状態で建玉を決済させられることもあります。


また、必要になる証拠金の計算は証券会社によって違いもありますし
計算の値もその都度変更になるので、自分で計算出来るようになる、ということがまず大事。

繰り返しになりますが、ハイリスクであり、ハイリターンであるというわけですね。

しかも投資商品ということで元本や利益は保証されません。
儲かる、という言葉を鵜呑みにして勉強せずに取引してると痛い目を見るわけです。


日経225は株と違って買いからでも売りからでも入ることができるのも特徴的。
株とは違うので今まで株しかやってなかった人はそれににも慣れる必要がありますね。




太田敦子 サイン・オブ・ザ・シークレット 評判


太田敦子 サイン・オブ・ザ・シークレット 評価


太田敦子 サイン・オブ・ザ・シークレット レビュー


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ