鯊爺、アホじい、全公開だ  南白亀川鯊爺

この記事はいつも先頭にあります。
最新投稿はこの記事の後にあります。

このブログをみて大ハゼ(大ヒネ、トキシラズ)
生まれて3年4年以上のハゼに立ち向かいたい、
そんな人がいたら、まず、真似しなさい。
デキハゼ、ヒネ(2歳)を釣るたかがハゼの世界と全く違う、されどハゼの世界です。
たかがハゼの世界で天狗になってる人、その世界に居てください。次元が違います、
その天狗技術が邪魔して釣れないでしょう。
鯊爺流は、下手な先入観ないほうがいいのです。
勿論、初めてハゼを釣る、全くの初心者のほうが上達します。
大ハゼ釣りは、ハゼと次元の違う、大ハゼというまったく違う魚を釣る。
そんな気持ちで、かかってきなさい。
誰でも釣れます、釣れるはずです。
ナバキの大ハゼ釣り、ハリはふところの広い袖バリ10号が基本です。
8号以上を使ってください。
このハリにかからないもの、リリースサイズです。
無用な殺生は必要ないでしょう。
大丈夫、大ハゼ釣れなくともお土産用のヒネは釣れますから。

ナバキの鯊爺は名人です。
すいません間違いです迷人でした。
呼ぶんだったら漢字で呼んで迷人です。

迷って、マヨッテ、
まよってこんな釣り方にたどり着きました。
鯊爺だって最初からこんな釣り方をしていた訳じゃない、いろんな釣り方した、
迷って、マヨッテ、試行錯誤の繰り返し。たかがハゼ、何で釣れん、
なんでこうもアタリが違う・・・まいっか。
今までの小だしヒントはやめた。
鯊爺のもってるもの一気にだすよ。
これ読んで釣れなかったら釣り止めちゃえ!
センスないと思ったら、たかがハゼの世界に戻ろう。
文面にカチンときたら見込みあり、ナバキの大ハゼ、かかってきなさい、
苦労の過程を飛び越えての結果だ。
鯊爺のすべて、鯊爺の置き土産だ、
老い先短いから。
憎まれ爺い世にはばかるってか、
ま、いっか。
だまってもってきなさい。
鯊爺流のすべてを公開します。

釣り可能な場所ここに表示します。
ナバキに来る際はここを確認してください。

南白亀川に限らず九十九里河川は護岸補強工事が続きます。
工事にともない駐車スペースが限られます、近隣、工事の迷惑にならないよう注意ねがいます。
下流部分はほぼできません。一部解放されました。下記ご覧ください。
虎橋から上流は可能、
虎橋から下流は全面立ち入り禁止。
役場付近、支流内谷川、役場から上流可能です。数カ所工事あります。
一部解放区間
旭橋北側、下流は全面、上流は駐車場まで入れます。新テラス出来ました。
旭橋南側、上流マンションまで入れます。こちらも新テラス出来ました。
新テラス降りることは出来ますが階段以外から降りる際は自己責任です、注意してください。

鵜(カワウ)?
http://www.naisuimen.or.jp/jigyou/kawau.html

メッセージBOXは鯊爺へのダイレクトメールです、鯊爺へのプライベート連絡用です、公開されることはありません、返信もできます。
コメントは公開してもよいときに利用ください。
コメントは公開されます。連絡用には使用しないようお願いします。


ファミリーで初心者これだけは遠慮なく鯊爺呼び出して、
全くの初心者で道具も無い、仕掛けも作れないOKです。
可能な限りお供します。
道具も4〜5名なら持ってなくともいいですよ。用意あります。
エサだけは持参してください、ナバキ調達おすすめしません。

デキハゼは落ちに入りました、ファミリー釣り場はムラが多くなります。
過去記事の加筆、修正のチェックもお忘れなく。
ファミリー仕掛け、鯊爺流爆釣ファミリー仕掛け。
11/12に公開しています。

随時改良、加筆します。 最新12/6改良、加筆
12/11に移動しました。

9/21と9/24は随時加筆します。
取り敢えず加筆終わったかな?。
11/4竿の話し、つづきます。最新:11/25

基本タックルと攻略法はタグを付けました。
検索攻略と入力、このブログを検索を入れブログ検索をクリックしてください。
古い日付から読むほうがいいかも。
11月からはタグ付けてません。

南白亀の大ハゼ入門は2014/10/30の記事から

餌はナバキ調達はお勧めしません。
餌の自販機の有る釣り具やは11/20のコメントをご覧ください。
9

2014/12/21

釣りになりません  南白亀川鯊爺

ナバキ川ドタ濁り(強い)で今日、明日は釣りになりません。
0

2014/12/21

釣りになりません  南白亀川鯊爺

ナバキ川ドタ濁り(強い)で今日、明日は釣りになりません。

という訳で、鵜も右往左往潜っても見えない。
今日は鵜の被害なし、好きな所に降りなさい。

爺い思い切って遠征釣り・・・ではない。
仕掛け材料調達に遠征しました。
150キロ走ってしまいましたが目ぼしい収穫ありませんでした。
それでもやっと見つけたのが5セット分程度、焼石に水程度。
一番欲しい物はメーカー在庫なし、製造予定不明!。
作っても売れる見込みありませんから、仕方ないか。

部品が無いのであれば貴重な仕掛けになってしまいます。
それなら壊れない、根ガカリしても回収できる(切れない)仕掛けにするしかない。
これから渡すセットは超強力なものになります。
ライン1.5号は変わりはないが、5号相当の強力ラインになります。
PE程度の強さですがPEではありません。PEでは仕掛けは作れません。
今まで作ったのも全て作り直しますのでこれから渡すのは強力タイプです。
すでに手元に届いているセットも作り直せます。
ウキ以外は使えませんので作り直し500円だけ負担してください。
勿論、今のままで使えます。
壊れてもウキだけ回収できれば同じ500円で作ります。
これからの依頼は来シーズン間に合うかどうかです。
なんせ物がありません。
材料代程度で作ってます、実質持ち出しですので1個だけしか譲れません。
了承ください。

店頭にあるどんぐりはほとんどB表示です。
このB、2B、3B・・・・全部使えません。

SML表示、大、大大表示も使えません。
使えるのはオモリ表示の1,1.5,2号だけです。

浮力はただ浮くだけではダメです。
釣れる仕掛けにするためにある一定の条件が必要です。
どんぐりウキ本来の能力をあえて消した仕掛けです。
どんぐりウキ本来の使い方とは全く違う能力を使います。
これがどんぐりウキでなければならない理由です。
この仕掛けがなぜ釣れるかは明かせません。
この仕掛けでなければ釣れない理由があるのです。
公開版通りに作らないと釣果はまったく違ってきます。
完成版はさらに釣果UPしています。
似ているだけの仕掛けでは釣果は期待できません。
この理由を明かすと製品化されてしまいます。
完成版を公表しない理由は製品化を嫌ってのことです。
権利を売ればここには書けなくなります。
この爆釣仕掛けはブログ読者だけのものです。
勿論どなたが作っても、個人使用ならなんら問題ありません。
製品化を認めないだけです。

明日は月曜日ヘロヘロデーです。
たぶん投稿なしです。
1

2014/12/20

終期の大ハゼと爆釣仕掛け  南白亀川鯊爺

終期のハゼ釣り、狙うは大ハゼ。
その前に、アタリは見えてますか。
今年初めて終期のハゼ釣りに挑戦した方、面食らっているはず。
それが終期のハゼ釣り。
釣れない、アタリが無い、釣れても小さい。

見えないアタリを取れ。
何故竿の長さや竿の感度を繰り返し言ってきたか。
普通の竿で普通に釣っていたらアタリは解らないのです、見えないのです。
アタリが解らなかったら居ないと同じ、アタッタハゼを通り過ぎてるだけ。
チャンスはいくらでもあったはずです。
ただハゼを通り過ぎていただけ。
回数をこなしてアタリの変化が解ったはず。
水温の高かった時期、あれほど明確なアタリが出ていたのに。
徐々に小さくなっていくアタリ、それが終期になれば・・・
そう、みえなくなるのです。
ハゼは居るのです、それも付き場には数を増しているのです。
水温の高い時期、広範囲に居たのと違い数カ所にかたまっているのです。
逆に言えば、終期は釣りやすいのです、アタリさえ解れば。
一日中釣れるわけではありません、一度しかチャンスはないはずです。
水温の高い時期と違い、一日中餌を追っているわけではないはずです。
アタリの取れない原因、
竿が長い。
竿がやわらかい、特に穂先。
アタリを消してしまいます。
アタリに熟知するまでは15尺でキッチリ穂先を調整した竿でなければ不可能でしょう。
アタリに熟知する前に15尺以上の竿使ったら上達は絶対にない、断言します。
爺い、このアタリを理解するまでどれだけ、何年かかったことか。
まさかアタリが・・・消えるとは。
消えた、見えないアタリを取る。
このアタリ、解るのに早い人で2シーズン目です。
見えないアタリを取るシーズンです。
見えなきゃどうする、釣りようがないじゃないか。
そう、釣れません。
釣れませんでは困りますね・・・そこでどうする。
アタリを取るのではなく、違和感をとるのです。
アタリとは認識できない以上、これから始めるのです。
何か違う、なんか違うようだ、ごく小さな違和感、これを見つけるのです。
徹底的に神経を集中しなければわかりません。
そして大事なことは同じ所を集中して釣らない。
同じ所に振り込めるのは3回まで、その場所は少なくとも2〜30分休ませる。
カニ歩きです、これを繰り返す。
アタリは無いのではなく、見えていないのです。
あとは場数を踏むことが上達の早道です。
此処で諦めたら来年も同じことの繰り返しです。
アタリの見える時期だけの釣り師でいますか。
それとも見えないアタリが取れる・・・・
さあ、どうしますか。

1月一杯が釣期です。
2月一杯は釣れますが産卵期に入るため釣りは止めてください。
釣るだけでなく守ることも釣り師の務めと思います。
強制は出来ません。相手にしなくなるだけです。

ファミリー釣り場は終了しましたが相変わらず爆釣仕掛けの問い合わせが続いています。
作って依頼も溜まる一方です。
爺いの作るものは感度にバラつきがありますが実釣で及第点を付けものだけです。
どんぐりウキ、めーかーによって感度が違います。
手に入る可能性のある及第点を付けたものを店名とともに以下に示します。
その前に表示について
B表示はガン玉表示、2Bとは2Bのガン玉(カミツブシなら大程度)を背負えるという
ことですが、実際に爆釣仕掛けに使うと沈んでしまいます。
SML表示これは浮力まったく解りませんが浮力不足です。
大、大大表示は浮力不足で使えません。
浮力は海水、海で使うことが前提、水中ウキという一面もあります。
そのため表示以上に浮力が必要になります。
オモリ表示について
カミツブシ:大、中、小、小小(割ビシがガン玉にも使われますのであえて古い呼称です
ガン玉  :*Bと表示されます、*数字が大きいほど重い。
オモリ  :一般的なオモリ表示、0.*号〜深海用の300号以上とあります。
爆釣仕掛けのどんぐりウキはオモリ表示の1.5号か2号を使います。
この1.5号、2号はどんぐりウキでは特別ともいえるウキの為入手が難しくなります。
一般にはほとんど売れないというより使い道が限られるウキのためです。     

入手可能な店舗
アタック5、上州屋(東金は扱いなし)
㋱YO−ZURIのパワーどんぐり、1.5、2号
㋱サイトの1.5、2号あれば使えます、3号は不可、自立しません。
このほかに2000円以上のはありますが価格分の価値は消してしまいますのでもったいないです。
上州屋東金
㋱釣り王の(電気ウキコーナー)どんぐり系電気ウキ使えました。600円程度?。
売り切れると入荷に時間のかかる状態です。

爺いも手持ちありません。





0

2014/12/19

ファミリー釣り場終了宣言です。  南白亀川鯊爺

よくここまで持ちました。
楽しませてくれたファミリー釣り場終了宣言します。
全く釣れなくなるわけではありませんが鵜から本流を守らなければならない時期に
なりました、ファミリー釣り場の鵜は野放し状態になります。
爺い身一つなもんですから。
ファミリー釣り場は来季は9月頃からの再開でしょう。
来季のハゼ釣りは夏休み入りからになりそうです。
スタートは本流になります。
スタート時は大形のヒネ(2年)からスタートです、期待してください。
ショッパナから15p以上を狙います。
本流テスト重ねました、根ガカリ覚悟になります。
根ガカリは多くなりますがちょっとしたコツをつかめば外せる場合も多くなります。
オフシーズン、来季の準備するのも楽しいものです。
根ガカリでハリの消耗が激しくなります、たっぷり用意しましょう。
予備の爆釣仕掛けも作っておきましょう。
ハリは軸の長いハゼバリ、または流線袖バリ、流線秋田狐が扱い易いでしょう。
向こうアワセが基本です、フトコロの広い袖バリは向きません。
号数は7〜8号です。
ハリス付ならハリスが1号以下であること、
1号以上のハリスは根ガカリの際に仕掛け迄取られてしまうことがあります。
ハゼに細いハリスは必要全くありません。0.8号か1号がベストです。
爆釣仕掛けの道糸は撚り、縮れの出やすいフロロよりナイロンがいいようです。
爆釣仕掛け道糸の号数は1.5号です、使用部品の都合上2号は使えません。
スタート時の付き場は下流になります、
詳しい場所はスタート時に案内しますが、メッセージBOXからの連絡になります。
爆釣仕掛け来季楽しくなりますよ。
下流は嬉しい外道も期待できますよ。
中断
人を全く恐れない居付きの鵜、迎撃準備整いました。
明日、宣戦布告です。
装備一新、今年こそ負けん。
竿をガマンしての装備一新です。
去年はジダンダ踏むことが多かったが、今年は大丈夫、多分。
今日みたいに寝坊しなきゃ。
今日、起きたの6時30分、1時間寝坊でした。
起きればすでに鵜の乱舞でした。
年末、多忙で仕事終わるのが3時過ぎが多くなります、仮眠2時間なし。
起きるの結構きついです。

本流今日は、もか。
厳しかったようです。
水温下がり続けているせいでしょう。
降りたデキが結構ジャマするようです。
ハリに掛からないデキはもうすぐ消えます、もう少しの我慢です。
水温が落ち着けば大丈夫です。
ただ、この時期はアタリらしいアタリはすでに出なくなっています。
見落としたら、居ないと同じ事です。
ただ、咥えるだけのアタリ、これを見逃さない。
限りなく小さいアタリ、咥えているだけ、これが初アタリ。
これが見えたらしめたもの、9割の確率で喰い込みます。
この時餌さえ悪くなければ間違いなく喰い込むと思っていいです。
この見えないアタリの主はヒネ以上です。」
必ずと言っていいほど食う気で当っています。
ジックリ待ちましょう、1分くらいザラです。
この時、テンション緩めたら終わりです、かるーいテンションかけ続ける。
微動だに出来ない待ちです、この至極のひと時これが大ハゼ釣りの醍醐味です。
これからはこのアタリだけになります。
これまでの鍛錬がここで発揮できるようになっていますか。
自身のレベルはここでわかります。
30分、これがこの時期のミャクの限界のはずです。
それほど集中しなければこのアタリは取ることは出来ません。
チビアタリが消えたら静粛の釣りです。
まわりが気になるようではアタリ見えません。
たまり場、付き場ほとんど入っているはずです。
必ず付いてます。
さあ、鍛えた腕、発揮してください。
鵜は爺い、釣るのは・・・





0

2014/12/18

ファミリー釣り場終了宣言か  南白亀川鯊爺

潮、流れ出ず。
アタリなし。。
潮待ち、流れ出ません。
10時。
様子みます。風強いです。
予報の北ではない、西です。
車が揺れるほどの強風です。
でも西はOkです。

以下は消えてしまいました。
タブレットとPCで書き込みしてますが不具合で消えたりダブったりします。
この下の文、無かったことにしましょう。

消える前に読まれた方幽霊でした。
0

2014/12/17

強風です、高潮です  南白亀川鯊爺

濁りも入り、強風、釣りには限界状態。
春日部三人衆、この厳しい中頑張ってます。
今日は形見たら最高でしょう。
がんばれー!。

爆弾低気圧の影響、強風、高波、高潮そして濁り最悪のコンディション。
春日部三人衆いかがでしたか、大変だったでしょう。
爆釣仕掛けは波にも風にも負けないようになっていますが、
人間は無理でしょう。
師走の釣りおさめ大変な一日だったでしょう。
これも思い出に残る釣りの一ページ。

鯊爺、今日はこの風です、鵜は飛んでこない。
来てもこの濁りでは捕食できない。
川に居るのは居付きの鵜だけ、内谷川行ったり来たり。
これでまた落ちが助長されてしまいます。
それでも、よくここまで持ったもんです。
今年も余すところ二週間になりました。
爺いに年末年始は無し、仕事も鵜の番も。
年越しは会社で、初日の出は南白亀川で、何年続いているのか。
会社はまかせて引退したいものだが、

この濁りは明日までは続きそう、内谷は大丈夫でしょう。
本流は2日濁りが取れなければその後オモシロイ釣りが出来そう。
腹を空かせたハゼがどうでるか。

明日は風が北に変わりそうです。
風を背に出来るかどうかで釣り場が決まります。
今は便利です、PCで地図を出せば川の曲がりも解ります。
風向きを当てはめれば入れる釣り場がわかります。
航空写真なら川の形態も手に取るように解ります。
活用しましょう。
この川、こうなっているのだ、慣れればポイントも見えてきます。

爆釣仕掛け、手持ちの部品が底を付きました。
依頼分も遅れます。
部品揃いましたら再開します、しばらくお待ちください。
爆釣仕掛け試してみたい方、3名分は貸し出せます。
8時ころには市場橋付近にいると思います、声を掛けてください。
材料費1200円超えならなんとかなるのだが。
特にどんぐりウキ次第です。
1店舗で揃えば楽なんですが、2、3店まわってでやっと、店が遠すぎ。
大型店でも揃わないもんですね。
皆さんに言われる苦労がわかります。
注文しても在庫がない、何時になるかわからない、こんなもんです。
ネットは小物は高く取れませんし、安いとこは在庫なしばかり。

爺いのボヤキでした。
明日は竿出せますように。

0

2014/12/16

黒い悪魔襲来ーー銚子か  南白亀川鯊爺

来てしまいました、黒い悪魔、編隊組んで。
今期初、100羽を超える群れです。
市場橋上流にも40羽。
そうです、鵜、カワウ襲来です。

市場橋守ってます。
15pクラス3、アタリはあります。
9時半。

ファミリー釣り場また群れ入れ替わってます。
今日の釣り場T屋さんと爺い二人だけ。
爺いは鵜の見張りで短時間、喰いは相変わらず渋い。
この時期です、これが当たり前なんだが。
T屋さんも爆釣仕掛けミャクならナバキの地元ナンバー1です。
T屋さんもこの天気です、早あがりポツポツ喰わせてました。
形は揃います。

明日は西よりの風強そうです。
ファミリー釣り場西なら何とかなるが、南西ならアウトです。
南西、北東は横風で避けようがありません。
あとは鵜次第です。

とうとう悪魔の大編隊の襲来が始まりました。
今日は北の空から100羽を超す大編隊。
方向から銚子のコロニーでしょう。
6時32分直行で来たようだ。
方向は宮か北付近、宮に走る。
来たばかり、宮後で羽を休めてる、まだ潜ってない。
此処では打ちたくないが仕方ない。
年越しで火薬不良が多い、この距離ならまとめて手元で爆発させるとするか。
これやるとしばらく耳おかしくなる。
不発弾でも誘発する。
4本まとめて手持ち爆発、効いた、一目散に上空。
まずい、この群れ統制取れてない。
3方向に分かれた、北へ、上流へそして下流へ。
爺いの身は一つ、下流へ向かった群れ追うしかない。
虎橋で下流から引き返す群れ、降りるつもりだ、
此処は降ろさせない、向かう先は上流、ではない。
内谷の方に折れた、降りる、何処だ。
高聖か高潟あたりだ。
急いで向かう、高聖だまだ潜ってない、追われ続けて休んでいる。
この距離ならまた手元爆発だ、ここも追い払ったがどこに行くか。
上流だ、高度は高い、近くには降りないだろう。
戻って来ないことを願うだけ。
市場橋で様子見ましょう。
しばらく来ないので竿だしてみよう。
あ〜あ、もう少し釣らせろよ、悪魔が帰ってきた、30羽だ。
また威嚇、ここも打ち上げできない、また手元爆発だ。
道具は川だが当分空みてるしかないだろう。
これがアホ爺の鵜の番、春、コロニーで営巣が始まるまで続く日課です。

明日の天候気になりますが今日はこのへんで。

2

2014/12/15

今日は休稿です  南白亀川鯊爺

今日はヘロヘロデーです。
休みます
0

2014/12/14

入れ替わりに良型入ってます。  南白亀川鯊爺

ファミリー釣り場新しい群れです。
潮止まりで皆さん苦労してますが良型3、チビ1、降りはまだ続いています。
下げに期待です。10時。

日に、日に渋くなっています。
潮まわりと水温が影響していることは確かですが。
誘わなければアタリが出ない、なかなか乗らない。
それでもいることは確認できました。
釣れれば形は良い、15p以下のチビは1匹だけ。
昨日までいたチビの群れは本流に下ったようです。
相当な数が一気に下るため付いたところはチビアタリに悩まされることになります。
今日の本流もチビアタリが頻繁だったようです。
チビアタリが消えれば本流は本番です。
そのかわり支流は終了となってしまいます。
痛し痒しですね。
支流内谷川年内一杯はもってほしいものです。
それでも今日新しい群れが降りてきています。
どれだけ遡上していたことか。
デキ復活3年目、倍々に増えてここまでになりました。
正直、ここまで復活するとは思ってもみませんでした。
鬼が笑っても来季も期待してもいいでしょう。
あとは爺いの体力次第ということかな。

ファミリー釣り場あと少し?。
この時期の貴重な1匹です。
爆釣しかけ、縦誘い、横誘い、能力を発揮させてください。
反応します、釣果につながります。

爆釣仕掛けのどんぐりウキなかなか入手できないようです。
入手できない方、実費で作ります。
ウキの金額次第ですが、1セット900円〜1200円くらいです。
メッセージBOXで連絡ください。
ウキのある限りは作ります。
メッセージBOXが満杯で受け取れないことが多くなっています。
全てに目を通していますが、返信必要な方で届かないときは満杯の可能性があります。
日をあらためて再送信をお願いします。

昨日は多忙で途中で終わってしまいました。
年末年始はこんなことが多くなります。

明日はファミリー釣り場短時間しか行けません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”