鯊爺、アホじい、全公開だ  南白亀川鯊爺

たかがハゼの世界で天狗になっていたもの読むな
世界が違う

ナバキの鯊爺は名人です。
すいません間違いです迷人でした。
呼ぶんだったら漢字で呼んで迷人です。

迷って、マヨッテ、
まよってこんな釣り方にたどり着きました。
鯊爺だって最初からこんな釣り方をしていた訳じゃない、いろんな釣り方した、
迷って、マヨッテ、試行錯誤の繰り返し。
たかがハゼ、何で釣れん、
なんでこうもアタリが違う・・・まいっか。
今までの小だしヒントはやめた。
鯊爺のもってるもの一気にだすよ。
これ読んで釣れなかったら釣り止めちゃえ!
センスないと思ったら、
たかがハゼの世界に戻ろう。
文面にカチンときたら見込みあり、
ナバキの大ハゼ、かかってきなさい、
苦労の過程を飛び越えての結果だ。
鯊爺のすべて、鯊爺の置き土産だ、
老い先短いから。
憎まれ爺い世にはばかるってか、
ま、いっか。
だまってもってきなさい。
鯊爺流のすべてを公開します。

釣り可能な場所ここに表示します。
ナバキに来る際はここを確認してください。

南白亀川に限らず九十九里河川は護岸補強工事が続きます。
工事にともない駐車スペースが限られます、近隣、工事の迷惑にならないよう注意ねがいます。
下流部分はほぼできません。
虎橋から上流は可能、
虎橋から下流マンションの反対側、家があるところまでは立ち入り黙認。
但し、工事関係者の指示には従ってください。本来立ち入り禁止です。
トラブルないように。この箇所は9/30より完全立ち入り禁止です。

役場付近、支流内谷川、役場から上流可能です。数カ所工事あります。


鵜(カワウ)?
http://www.naisuimen.or.jp/jigyou/kawau.html

コメントは公開されます。連絡用には使用しないようお願いします。

迷っていたら助言します。
メッセージBOXで連絡してください。
ブログ読めば解ることは無視します。
メッセージBOXは鯊爺ダイレクト、
公開されません。
ファミリーで初心者これだけは遠慮なく鯊爺呼び出して、
全くの初心者で道具も無い、仕掛けも作れないOKです。
可能な限りお供します。
道具も4〜5名なら持ってなくともいいですよ。用意あります。
エサだけは持参して。エサ解らなければ実費で用意します。餌代以外は不要。

過去記事の加筆、修正のチェックもお忘れなく。

9/21と9/24は随時加筆します。
ナバキを攻略したい方毎日チェックです。
取り敢えず加筆終わったかな?。

基本タックルは
ブログ検索で基本タックルと入力、このブログを検索に✔を入れて検索してください。
7

2014/10/21

ナバキは雨です竿の話ししますか  南白亀川鯊爺

今日もライブです。
今、ソコリ雨がシトシト。
鯊爺、雨に弱い、
最近頭皮に直接攻撃してくる。
雨を待ってた時代もあったのに。
そういうことで、様子見です。

暇です
昨日呑みすぎ、3時まで、
居酒屋で・・・アホじゃないか。

話し変わるが、
昨日のフィールドテスト、
この竿の中古、ネットで一本ヒット。
8505円、ベリーネットでした。
注意してください。
中古竿、保証は一切なし、リスク覚悟。
中古竿、受けとるとき現品を確認すること。
ベリーネットはタックルベリーで注文、
受け取りができます。
現品確認もその場でできます。
この竿送料こみ、8970円のようです。
ネット直接注文は送料高いみたいです。
余計なお世話でした。
この竿20尺6.1m、
初心者は絶対手を出さないでください。
18尺でもアタリをとるのは大変です。
20尺は余程のベテランだけです。

昼にはと言ってたのに、アタリませんね。
ハゼのアタリじゃなく天気予報。
西の空明るいのに・・・

狭いテラスも水没、大ハゼモード消えました。
明日がある、ないな、明日も雨らしい。

雨が上がったら上流のハゼに挨拶でもしてくるか。
雨は上がったが潮どまり、潮の動くのを待って竿入れます。
ここでは540円のハエ竿、14尺?、
本流のかなり上流、このすぐ上は真水、真水の中まで居ますが。
しっかり居ました、デキに混じってヒネも、2割くらいかな。
人が入ってないせいか素直ですね。
さすがハエ竿こういう所では楽しいですね。

小場所で降りるのがちょっと危険で公表しませんが。
行かれる方自己責任ですよ。
ナバキはこんな小場所がたくさんあります。
本流でも、支流にも。
ナバキに慣れてきたら挑戦するのもいいかな。
一人しか入れない場所が多くあります。
先行者いたら割り込まない。
ナバキ慣れてきたらいろんなとこで、いろんなスタイル楽しめます

時間ありそうです。途中尻切れになったらゴメンです。
竿の話しでもしますか。リクエストです。

ナバキの大ハゼに立ち向かう竿、
九十九里河川全般に通用する竿、調子です。
内房、湾奥では無意味な竿です。

基本的には8:2先調子、硬調、硬硬調、超硬調が使えます。
できれば硬硬調ないし、超硬調。
硬調は相当シビアな調整が求められます。
中硬、ヘラ竿は不向きです、繊細なアタリは取れません。

大ハゼはハゼ釣りでは考えられないようなアタリを取らなければなりません。
そのため竿を極限まで磨きます。
ヒネまででよければさほど竿は選びません。
なんせ大きくなればなるほどアタリが小さく繊細になるのが大ハゼです。
季節が進めば進むほどまたアタリも小さくなっていきます。
今の時期でも渓流硬調では全くアタリが解らないのが普通です。
そのためトコトン穂先を調整します、アタリが出るまで、解るまで。
たとえばシマノ天平ZZ硬調では穂先半分近く詰めないとアタリでません。
鯊爺は数十本の竿潰しました。
最近は廉価なものの中から選んでます。
とくに最近は中古竿が多くなりました。
中古竿は新品実売価格の半分程度が目安。
竿をナバキに合わせれば一般的には無価値の竿になってしまいますから。
なんせ釣れるところは根ガカリの連続、竿も酷使します。
高い竿イコール強い竿ではありません。
78000円一発で空中分解させたこともあります。
凄いですよバラバラになって落ちてきます。

さて竿ですが、使用してみての実感からあげてみます。
使用経験のない竿もありますが、同程度と思われる竿もあります。
ここで取り上げる竿は20000円前後の比較的廉価な竿です。
これ以上高い竿いらないでしょう。

ダイワ 雪渓8:2硬調・・相当詰めないとアタリでません。
    早春7:3超硬調・・7:3ですが超硬のため1/3程度の詰めでアタリがでます。
    源流清瀬8:2・・・使えそうです。

がまかつ 涼菜超硬・・源流仕様なので使えるはずです。

シマノ 天平ZZ超硬8:2・・15p程度の詰めでアタリでました。鯊爺メイン竿
    天平ZZ硬調8:2・・相当詰めが必要です。
    
実売価格は15000円〜18000円程度だと思います。
リスク覚悟なら中古、受け取る前に必ず現品を念入りに確認すること。
支払前に現品を確認できないなら手を出さない方がいいでしょう。
4.5mから入門するのがいいでしょう・
5.3mでもアタリを取るのは相当難しいです。
6.1mは重さ以上に重く感じます、この長さでアタリをとるのは至難の業。

ほかに聞きたいことあったらメッセージBOXでどうぞ。











0

2014/10/20

出ました、トリプル+2  南白亀川鯊爺

ライブです。
場所はジャバラから水道橋手前。
20pオーバートリプル+デブウロ2。
昨日ここ攻めた人いたみたい。
このアタリ取れなかったんですね。
ベテランらしく大分釣られたらしいが。
このアタリはヒネとは違うから、見逃したら
大ハゼ居なかった。そんなもんです。
この場所、ちびハゼと大ヒネが多い、
ヒネが少ない。
この人、アタリのみえるヒネしか釣っていない。
肝心の大ヒネ、大ハゼ素通り、もったいない。
この人多分このブログみているはず、
気が付いたら、ブログ見直して。
一皮剥けなければこのままですよ。
上達絶対ない。断言です。
老婆心、爺いでも老婆心?。
鯊爺知ってる人じゃないだろうな、
だったらごめんなさい、
先に謝っておこう。
でも、ハッキリ言って未熟です。
昨日もこの大ハゼ居たはず。
ゴメンもう一回謝っておきます。
昨日此処に入った人BOXで連絡出来たら連絡して
ください。貴方の問題みえました。

爺は下げをまって河口の上、新参の遡上が溜まる
場所で確認してきます。

それにしても今年は大ヒネの遡上が遅い、
つい最近も大量のヒネが入った。
落ちが話しにのぼるこの時期。
自然はわからん、爺いの想定外。

フィールドテスト完了です。
完璧です。
釣果をみれば解りますよね。
硬調では大変だった調整、この竿簡単。
一発で完了です。
前出のシマノ超硬Tです。
爺いのは中古を調整です。
通常価格の半額程度でした。
勿論一万以下です。
飯食って
竿出してみます。

つづきです。
やはり入ってます。
16p超えがいます。
ツ抜けの短時間でしたが、
確認できました。
この子達は放流、釣られんなよ。

前出の竿、オススメ出来ますから公表します。
シマノ天平ZZ超硬調です。
この竿根掛かりしても絶対に竿をあおってはずそうとしないでください。
竿が折れます、空中分解バラバラになります。
これの硬調はへナヘナです。
無調整ではヒネのアタリを取るのがやっとです。
このメーカーで超先調子の超硬調子があるのですが、中古でも倍以上します、手が出せません。

今日は刺身サイズ20以上、酒盛りだ。

昨日も釣っただろう!
盗まれました。
今日のために活けておいたら、ない、
鯊爺、毎日確実に釣れるわけではありません、
だから前日にキープ、
活けておくのです。
なんせ、鮮度命ですから。
泥抜きにもなりますし。
ビクだけでも返して、無理か。

さあ、呑むぞ。
これから居酒屋持ち込みだ。
また、いつものメンバーだろう。

また明日
1

2014/10/19

鯊爺今季初、牡蠣根です  南白亀川鯊爺

こりゃ条件悪いな。

フィールドテストになるのかな。
潮はない、流れない、
ま、いっか、ここは牡蠣根、何とかなる。かな
工事が入って新護岸。
先ずは川底の確認、川底変わってる、こりゃいかん。
工事の影響か、手前がエグレ、ゴロも消えた。
これでは上げに突っ込んでくることないだろう。
牡蠣根の際探るしかないだろう。
根の中には居るのは解ってるのだが。
少しは冒険、牡蠣根の中、やはり居る、形もいい。
が爺は牡蠣根際、それでもポツポツコンスタントに釣れる。
これで潮が効けば、入れ食いだろう。

ハリ7号まで落とせばこの条件でも半日、束は楽だろう。
明日の酒のお供、半束あれば十分。
早々と竿仕舞い。
明日もうまい酒呑めるぞ。

それにしてもこの差は何だろう。
竿4本8匹、爺い半束????????。
このグループ、インストラクターついてるみたい。
ハリデカいというハンデあるのに。


それにしてもこの潮でこれだけ釣れる。
相当魚影濃い。
しかしここに入れるのは29日まで、
本工事で今季は完全立ち入り禁止です。

フィールドテスト
シマノT超硬20尺、18尺は何とかアタリ取れたが、
超硬調子でも20尺はやはり穂先の詰めが必要でした。
バッサリ切りました、
明日はまたテストです。
もともとこの超硬調はオモリを背負うことを前提としているが、
さすがに1.5号は背負えない。
とりあえず15p詰めです。

水温が下がるこの先、極端にアタリが小さくなります。
すでに前兆がでてます。

これからがナバキの大ハゼのシーズンです。
世間では落ちが話題になる季節。
ナバキではまだ大ハゼの遡上があります。
今日も下流で新群れ、大ハゼが確認できました。
一週間程度で上流に上がります。
やはり今年は少ないし、遡上が遅い。
まだシーズンはたっぷりあります。
楽しみにしましょう。

これからが本当に腕が試されます。
繊細なアタリが取れるよう鍛錬しましょう。
それにはアタリを慎重にとる。
季節が進む毎にアタリが変わっていくことを身体で覚えよう。
楽しいですよ、大ハゼとの駆け引き。
アタリから食い込みまで手に取るように解れば・・・
ヒネ釣程度で満足しないでください。
目指すは大ハゼとの駆け引き、先は長いですよ。
鍛錬、鍛錬、一皮むけましょう。

今日は午後になりましたが、下げがよかったです。
明日からは潮も動きます。

内谷のファミリー釣り場
やはりみなさん楽しんで帰られました。
デキにヒネ、大ウロが結構混じりました。
今日は弟子がインストラクター。
楽しい釣りになったようです。
おみやげもみなさん十分でした。
弟子の助っ人必要ないくらい釣ってました。

0

2014/10/18

高級新調竿?フィールドテスト  南白亀川鯊爺

ライブです。
今日は上流で新調高級竿のフィールドテスト、
調整です。
540円の高級竿、高級竿ですよ。
ちょっと前、近所の人にせがまれて、よく夷隅の
上流に釣りに行きました。そう、ハエ釣り。
関東ではハエと言っても解らないかも、
竿の銘になっているからわかる人も多いと思うが、
ハエ=オイカワ、ヤマベ
清流の小魚専用竿です。
親たちはBBQ,酒盛り、子供達はハエ釣りに夢中、
そんな頃を思い出させる、ハエ竿、
この竿、価値が解らなければこんな値段。
この竿、上流の大ハゼに合わせたら面白そう、
今、現場で調整中。
上手く行きそう。

上手くいきましたが、中継でよかった、
小継ならゴミにするところ。
15尺が14尺になりました。
さすが高級ハエ竿、こりゃ大ヒネかけたら病みつきになりそう。
ただ、オモリ08位が限界。

明日もフィールドテスト、
この竿は調整ほとんど必要ないはず。
8:2超硬20尺、前に使ってたこの15尺、フッコを掛けて空中分解、
高密度カーボンの宿命、何本バラバラにしたか。
せめて5%グラスが入れば、軽さ優先だから仕方ないか。
高密度の方が高級?、それが現実だから。


ファミリー釣り場完全復活。
この釣り場はファミリーのために公表しています。
今日のテスト釣りではいい状態でした。
前に書いてあるファミリーの釣り方参考にしてください。
ヒネも混じります。
工事が多くファミリー釣り場はここだけになってしまいました。
入るなとは言えませんが、
腕に自信のある方遠慮してください。

今日は比較的活性高くどこでも釣れてました。
爺いもテスト中、いつの間にかビクの底見えない。
今日は釣るつもりじゃないからお帰り願います。
痛くしてゴメン、ん、痛覚なかったっけ。

明日も釣り日和だそうです。
潮動きちょっと悪いかな。

前の稿、加筆したいところがあるが今日は無理かも

GPSシステム導入で爺いのPC、GPSに占領されました。
0

2014/10/17

南白亀は久し振りの釣り日和  南白亀川鯊爺

注意とあんない

虎橋下流の新護岸工事一時休止中。
水門下流の新テラス。通称牡蠣根
入られる方は十分注意してください。
本工事の準備をしています。
工事関係者の指示に従ってください。
<本来立ち入り禁止区域です>
この場所に入るには新護岸の後ろ、
酒蔵みたいな浄化センターに駐車場が有ります、トイレも。

工事始まったら入れなくなります。
本工事11月初旬の予定です。


久し振りです。
風も比較的穏やか、潮もトロトロの上げ。
慣れた人は結構あげてます。
釣りすぎないように。

鯊爺ですか、20cm以上だけ。
釣果、−4.マイナス?
癒してくれた、カワアナゴ、ウロハゼ大ハゼ計4匹。
水槽から釣れた場所にお帰り願いました。
残るは3匹だけ、食欲旺盛でこれが限界。
良く食べます、成長も早い、
どこまで大きくなるか、
ハゼが大きくなる分、爺いの財布は細る。
人を見ればエサクレダンス、いつか喰ってやる。うそ
この大ハゼ水槽に手を入れたら、指をパクっ。
普通騒ぐだろ、ウロみたいに、
慣れ過ぎ。喰えないだろ。

一時中断
再開

ところで皆さん竿、どこで手に入れてますか。
鯊爺は最近、もっぱらゴミ拾い。
中古やのゴミ箱あさりみたいです。
これが結構、出物があるんです。
300,400,500円こんな値段です。
調子さえ見ることができれば拾い物です。
ほしい竿は、オークション、ネットで探します。
基本的には新品の実売価格の半値が買いの目安。
タックルべりーは中古高いですね、
店舗ではほしいものは、まず無い。
ベリーネットで買うなら店舗で受け取ると運賃若干安いようです。
店舗で受け取るのは、品物をチェックできるから、中古です!。
でもベリーは高い。が、すぐほしい時はしょうがない。
品揃えはさすが、
でも中古、リスクは覚悟!。

明日も432円頑張ってくれるかな。


0

2014/10/16

大ハゼ釣るなら、竿磨け  南白亀川鯊爺

今日の南白亀は外洋に直接面する河川の宿命。
海のうねりが中流域まで影響してました。
このうねりが入るとハゼは動かないようです。
釣れる場所は障害物まわりが多かったです。
水温も変化が激しくなっています。

明日はこのうねりも取れるでしょう。
水温だけはどうしょうもありません、
水温が低い、活性が無い、
そんなときは障害物まわり、際をじっくり攻めましょう。
誘いはゆっくり、じっくりです。
こんなときは初アタリも本アタリも小さく出ます。
落ち着いて、鋭角に合わせましょう。
空振りで仕掛けが宙を舞ってもいいじゃないか。

明日からの週末に期待。

重要報告
11月より虎橋から下流ほゞ全面工事になる予定です。
駐車スペースも無くなるようです。


今日は南白亀の大ハゼの竿について書いてみましょう。
竿競争、竿自慢になるのは避けましょう。
鯊爺最近は滅茶苦茶高い、間違い安い竿使ってます。
4.5m540円、5.4m432円こんなもんです。
要は大ハゼのアタリが取れる竿であること。
なんでこんなに安いか、ほかに使い道がないから。買い手が無いから。
竿の調子が解ればこんな竿でも価値があるんです。
どんな高い竿でも調子が合わなかったら無価値。

で、ナバキの大ハゼどんな竿がいいのか。
なんと言っても、アタリの出る竿、出せる竿。
例えば、渓流硬調といっても色々あります。
7:3硬調と8:2硬調全く違います。
7:3硬調では調整できません。
8:2硬調でもメーカー、銘によって相当違います。
鯊爺の偏見ですが、がまかつ8:2硬調アタリ出すことができませんでした。
渓流で使うには最高なのに。わからん
ましてや胴調子の竿はアタリ出すのは不可能でしょう。
ここではシマノの渓流硬調T,ダイワの渓流硬調Sについて書いてみます。
ダイワS渓の方、春は想定外7:3です。
あくまでも、鯊爺の独断と偏見があることを理解の上読んでください。

鵜のみにしないでください。鯊爺鵜大っ嫌いですから。

この両方の竿とも比較的似ています。
この竿のスペックはあくまでも渓流用です、
大ハゼ釣りのように重いオモリは想定していません。
そのままで重いオモリを背負ったら大ハゼのアタリは全く取れません。
アタリが解らないのだから釣れるハズありません、
なんとかなるのはヒネまで、大ヒネは飢えていたか、まぐれ。

穂先を調整するのは竿が想定してない大オモリを背負うからです。
繊細な渓流竿を重い1.5号ものオモリを背負ってアタリが取れるようにする。
限りなく小さい、ちいさいアタリを取れるまでにする。
相当の詰めが必要です、ここまで詰めなければ見えなかったのか、
これが大ハゼのアタリ、と解ったときビックリしますよ。
いままで想像もしてなかった繊細なアタリ、食い込む状態がみえる本アタリ。
このアタリがみえるまで竿を磨く。
勿論、大ハゼ専用竿になってしまいます、ほかには使い道無くなります。
失敗したら、ゴミ!。

覚悟があったら、竿磨いてみたいと思う方だけ、次へどうぞ。
竿駄目にしても一切関知しません。
最初は皆、竿ゴミにしてるようです。
覚悟に時間をあげましょう。
詰め方は次回。
つづきです

大ハゼのアタリをとる。
今、アタリが取れてるのはヒネまで、
ヒネまでのアタリと大ハゼのアタリは全く違います。
デキハゼとヒネ程度の違いと思ってたら大違い。
8:2渓流硬調をそのまま使ってる方、大ハゼの前アタリ確実に見逃しているはず。
大ハゼは前アタリから本アタリまで相当な間があります。
今の時期で3秒から15秒程度、これからますます長くなります。
まず、前アタリを取る、ヱッと思うほど繊細です。
この前アタリが取れたら、本アタリも取れます。
この前アタリがみえたとき初めて穂先を詰めた意味が解るはず。

くれぐれも8:2渓流硬調であることが前提です。
それも前出の2銘柄であること、それ以外は想定外です。
書き忘れです。竿は18尺まで、
それ以上はよほどのベテランでなければ無謀です。

用意するもの
穂先に合ったリリアン
・・・いまの穂先は0.7o前後です。1o程度のリリアンです。
 太いリリアンを使うと穂先が収納できなくなります。
アロン
それだけ、回転トップは入らなくなります。
穂先を詰める、アロンでリリアンを接着する、これだけ、
アロンで接着するとき、アロンを付け過ぎないこと、
穂先の先までアロンがまわってしまったら、穂先のからみの原因になります。

1、最初15p程度詰めて、数回実釣してみる。
 前アタリは最初違和感として感じられます。
 なんだこれ、根にあたってしまったか、
 また、フワッ、いろんな違和感が感じられるようになります。
 この違和感が感じられるまで穂先を詰めていきます。
2回目から3p程度程度詰めて実釣で確認します。
 これを違和感が解るまで行います。

ここまで詰めてやっと出た、そんなものなんです。
このアタリが取れて初めて大ハゼ釣りに入門です。
あとはじっくり腕を磨くだけ。
この繊細な極めて小さいアタリが取れなければ間違いなく上達はない。

くれぐれも7:3や胴調子の竿は詰めない、無意味ですから。
 
明日は釣り日和、
今日の低水温、うねりもじっくり攻めれば数出てます。
明日は活性高くなるはず。
要はアタリがみえるかです。
大ハゼ釣りこれからが本番、最高の季節になりました。
アタリとるのが楽しみな晩秋、冬に向かいます。
アタリが手に取るように見えたら・・・





2

2014/10/15

ナバキは雨です。  南白亀川鯊爺

7時、ナバキは雨です。
雲は切れてるから・・・
今度は風が、キツイな。
上げで冷たい、ちょっと下がりすぎ。
上に行こう、あの橋のあたりならこの風は防げる
、下流がこんなに冷たいなら上はまだまし。
ここなら急激な水温変化は少ない。
雨の止み間30分程、ツ抜けは出来た。
ヒネやはり4割くらい、大ハゼはでない。

雨の止間に竿を出してみたがやはり大ハゼは出ない。
チビハゼがうるさい。
この場所、大ハゼはもうすこし先かな。

上流にもチビ、ヒネの魚影は濃い、先が楽しみです。

明日からは天候も回復、潮まわりもよし、期待です。

ハゼをビクの中、水を一杯に張っていませんか。
酸欠ですぐまいりますよ。
ハゼは鮮度が命、
長く元気に、と思ったら水はハゼの背が出るくらい。
極端に少ない水にすると酸欠起こしません。
あまり長時間は無理としても、結構長く持ちます。
美味しく食べたいのなら早めに氷で〆ること。
必ず、袋に入れて、直接氷水に当てない。

楽しく釣って、美味しく食べましょう。

明日からです、水温が気がかり。



0

2014/10/14

あれ、前の稿長くなってるぞ  南白亀川鯊爺

台風一過、青空が広がっています。
いま、丁度ソコリの時間。ライブです。
雨はまた少なかった、
この潮色なら今日にも釣りができる。
できればもう少し降って欲しかった、台風の被害が気になるのに、バチアタリナ。
それほどナバキは雨が少ないのです。
まだ一度も川底を掃除するほどの雨がないのです。今回もです。

投稿無かったって、毎日投稿してました。
そう、爺いのブログ大事な所はほとんど加筆。
気づいてなかった人、上達できませんよね。
過去ログ、攻略ヒントほとんどが加筆部分。

気づいてイッチョ前になると、釣り方までも
爺い流かよ、陰でこそこそ、

真亀は釣りきったようです。
大丈夫、竿の届く範囲だけ、
真亀禁止にしてあります。
しばらくすれば元に戻ります。
といっても、ヒネ、大ヒネは期待薄、
なんせポイントが限られる河川です、釣りたいところは入れないし、
いくならハリ8号以下、デキ狙いで。
一宮、夷隅は釣り放題のようです。
一宮の潮入りは止めましょう。
海苔のため水門調整してます。
ハッキリ言って汚いです、
海苔のため、雑排水を留めてます、
関係者からまた袋叩き、
だが本当だから仕方ない、
海苔が獲れるのはこことナバキ、
ナバキではここ何年も正月用の海苔は採れません、川が綺麗になりすぎて海苔が育たないのです。だからナバキの海苔は正月越えてから。
正月前はごくわずか、
ナバキ産ほとんど一年前、正月前ほとんど採れないのだから、正月用に売っているのはほとんど冷凍保存、でも表示は本年度産、一年前でも年を明ければ本年度産、旨さ、香りも採たてにはかないません。食いたいと思うかどうかはべつにして。

話はそれましたが一宮、本流です。
一宮も夷隅もハリ10本以上、仕掛3組覚悟。
釣れる場所は、そんな所だから。
ハリ10号以上守ってるか。
連中一束当たり前、もうナバキに帰って来んな。
帰ってくればあの沈黙が待ってるぞ。

所でナバキ、風が定まりません。
今日はあきらめ、
明日。

草刈りやろう。

0

2014/10/11

なぜ釣れない  南白亀川鯊爺

なぜ釣れない、そこに居るだろう。
そんなに難しい、

これからが本番の大ハゼ釣り、今釣れない人、
これからはもっと釣れません。

例年以上に早く季節が進んでるようです。
昨日のアタリはよく出ましたが今日は晩秋のアタリでした。
初アタリが取れてない、みえてないと大ハゼを素通り。
デキハゼの世界で大ハゼに向かっても大ハゼは沈黙します。
余程飢えてないと餌に飛びつくことはありません。
たかがハゼと思って釣っているのであれば釣果は期待できません。

大きく出るアタリ、大きければ大きいほどハゼは小さい!。
逆に、アタリが小さければ小さいほど大ハゼ!。
20cmを越えれば、まずアタリはみえない、みえないアタリをとる。
これが、されどハゼの世界です。

その小さい、小さいアタリを取ることから始まります。
最近何度も書いてますが、実戦してる方はそれなりの釣果はあります。
が、やはりアタリの見逃しが多いようです。

アタリ、アタリと言うと、デキハゼのアタリが
小さくなった程度に思っていませんか、
それなら解りやすい、
残念ながら、ヒネ、特に大ヒネのアタリの出方は
まったく違います、
またその出方も千差万別、
これは20p超えの大ハゼ、飼育すると理解できます。
餌の食べ方も色々、そうかこれがあのアタリか、
しいていえば違和感、その違和感のなかに微妙な
違い、
あっ、このアタリはあれだ、想像するのもまた楽しい。
この時点で離さなかったらまず獲れる。
これからが至極のとき、このワクワク感がたまらなくなります。
そして、次にくる食い込みを待つ、
デキやヒネにないこのやりとり、
釣れた、から
釣るの世界。
何人到達できるやら。
でもこれは大ハゼの世界。
その前にまず、比較的簡単なヒネ18pくらい迄を攻略しなければ。

アタリの取れない原因、なにがありますか。
場数を踏めば程々釣れる当歳魚ではないのです。
原因の幾つかをあげてみましょう。

・・・タックルバランスが悪い。

ここからは大ハゼの世界。
とりあえず釣れるデキやヒネ18p迄の一歩先、
大ハゼの世界、されどハゼの釣りです。
が、先ずヒネ攻略しなければ。
マグレだって釣れます、釣りましょう、
釣れたではなく、釣ったの世界へ。

例えば、渓流硬調、1号以上のオモリを背負ったらアタリは消されます。
渓流竿天平、早雪クラスは穂先を相当詰めないとアタリ出ません、
爺は穂先を半分近く詰めます。
爺のメインはなんと高級な渓流竿18尺硬調穂先を詰めて、
この竿税込432円!笑うしかない。
それと長い竿、18尺が限界でしょう、
20尺になったら余程のベテランでなければ無謀。

・・・小突きが強すぎて初アタリしない。
好奇心の強いデキハゼとは違います、その誘いで寄ってきたデキハゼ、
しかし大ハゼは逃げます。
トンと底を叩かない、ふんわり底に着くような誘い、必然的にラインを
緩めることはない、絶えずラインにはテンションがかかっている状態を保つ、
保てば変化があれば伝わる。変化があれば対応できる。
ラインが緩んだらアタリは取れる筈ありません。

・・・ハリスが長すぎる。
5cmが適当、10cm超えたらアタリは出ない。

・・・ハリスが直線でない。
ハゼのハリスはホンテロン、なぜこのハリスを使うか。
絶えず直線にしておける唯一のハリスだから。

・・・オモリは誘導ですか。
完全誘導なら直接アタリを取れますが。
固定オモリなら、オモリがアタリを消します。

・・・感覚。
これはどうしょうもないですね。
ただ、爺は右手の感覚はありません、からだで取ってます。

・・・あとは、いいでしょう

大事なこと!。
根ガカリしてハリの点検してますか、針先はちょっとした根ガカリ
でも折れます、つぶれます。
根ガカリしたら、まず針先のチェック、甘い針先では大ハゼかけられません。

昨日ほどではないが、よく釣れました。
今日釣れなかった方、そこに大ハゼ居たはず、いたのです。

ことしは特にヒネが多い、
この時期で50は普通に釣れるほどです。
20cmオーバーが少ないのは残念です。
今季最大22センチちょっと、水槽で元気です。餌喰いすぎ!。

さあ、また台風だ、
明日は微妙。






0

2014/10/10

潮まわりと釣果  南白亀川鯊爺

上げが釣れるの、それとも下げがいいの
その前に10/9のナバキ情報
潮色は回復したものの、台風18号の後水温が
一段と下がっています。
水温の低下に馴れるまで活性は低くなります。
大型ほど敏感になるようです。
上流はほとんどデキハゼだけ、
ヒネは役場付近から下流です。

10/10ライブ
水温上がりました。
差し込んだ海潮だけですが、
爺は魚影の薄いトラ橋下流の水門付近、
クセですね、取り敢えず水温をみる、
一時は水温計ってたけど、辞めました、
今は、直感、打ち込んだオモリをさわってみる
これがくせ者、あてにららないんだ、
それでも、触ってみる、
磯をやってるときの癖、これで十分、
はずれもあるけど、それはそれ。
ポンポンアタッてたデキもアタらない、
そういうことか、冷たい上流の潮が降りてきた。
あとは上げを待つだけ、
でもジイサンここで打ち止め、ヒネ20キープ。

これから草刈り、ナバキでの休息場、
広い、こんなはずではなかった。
草刈りすればいいよ。
こりゃ、何日かかるんだ!。
刈るっていった以上、後には引けない!。
と、言うわけで草刈りです。
オオッキイ草刈りき機、渡された意味わっかった。
でも好意だから、
好きに使って、、、、、、
ハイハイ。

草刈るぞ!。

釣れたってか、釣れたから
草刈るの。

表題の潮について
必ずしもそうとは限りません。
あらゆる要素が重なるからまた面白い、思い通りにいかないのも釣り。

ところで上げがいいの、下げがいいの。?
潮まわりによります。
外洋に面し港をもたない南白亀川は潮の影響をまともに受けます。

その前に、季節により干満差が大きく変わります。
目安として、彼岸を境にして昼と夜(厳密には違うが)の干満差が逆転します。
彼岸までは昼間干満差が大きく出たのが彼岸を過ぎると夜のほうが干満差が大きくなります。
ということは彼岸を過ぎたいま昼間の干満差は夜より少ないということ。
逆に春の彼岸過ぎは昼間の干満差が大きくなるということ、潮干狩りもこのころから。

上げ、下げというより潮がどう動くか、
上げに比べ下げは川本来の流れも加わって早くなります。
特に大潮では急流のようになり、オモリが止まらない速さになることがあります。
逆に小潮では流れが出ないこともあるくらいです。

ここで結論、どちらでもちょうど良い流れが良い!。
終わった。これだけ?

たとえば今日、非常に速い流れ、普段は速すぎて釣りにならないくらい。
ところが前日(9日)に比べ、明らかに水温が高い!、
この時期、特に水温の変化で活性がかわります。
朝の下げ、日の出のころから下げ、爺いが竿出したころは急流、この流れだと
普段は先ず釣りにならない、ところが水温が高い、この時期前日より水温が高
いということは活性があがる、こんな急流でも広範囲に餌を食いに出ている。
勿論、釣れる!。
しかし、下げ7分くらいから喰い渋るようになった、上流からの冷たい水が入
った、そうですこの時期水温の変化が、より重要になります。
上げには、また水温が上がったはず、勿論釣れたはず。
飛び道具でも釣れてましたから。

でもやはり、早すぎる潮より、程よい流れがいいのは間違いない。
普通は中潮の最後のほうから小潮の中くらいがハゼにはいいのかも。
上げ、下げというより時間帯と流れ方(潮が効いている)です。

今日はヒネでもいいアタリ出してました。
ただ上流は釣れてなかったと思います。
昨日の低水温が残ってたと思います。

ということで、今日は最高の釣り日和。
ヒネ50、100は楽に釣れるほどの荒食い、久しぶりの活性でした。
明日も続くと思いますよ。



1

2014/10/9

台風明けのナバキ  南白亀川鯊爺

18号あとのナバキ。
雨の影響はさほどではないが、台風が運んだゴミ
、特に多いのが葉っぱ、雨が大したことないのが
災いし、川底の掃除が出来てない。
特に支流の内谷川は本流に負けるため払い出しが出来ない状態です。
内谷川はファミリーにおすすめの場所です。
竿出してみたが川底一杯葉っぱ、ポツポツ釣れるが、葉っぱ釣りのようです。
しばらく本流釣りです、
といっても19号がまた来そうです、さらに大型
、どうなりますか。
食いはイマイチです。
今日も様子みてきます。
0

2014/10/6

暇です、前回の記事加筆中  南白亀川鯊爺

暇に任せて下の記事(10/4)で遊んでます。
一番長い記事になりそう。
今、台風去ったようです。
空あかるくなりました。

現地からライブ

10/7今日も現地から
ナバキ水系は台風の影響は比較的少なく、
復活は明日以降と思っていたが、今日から
釣り可能です。
明日はさらに改善されるでしょう。
2

2014/10/4

今日も絶好調、釣果の差は。。。  南白亀川鯊爺

今日はどうかな、
風さえ来なければ絶対、潮色よし、あとは上げを待つだけ。
明日、明後日は釣りにならないだろう。
爺い休みの月曜日、ナバキの居酒屋でハゼの刺身で一杯?イッパイ!。
この居酒屋いつの間にか、ハゼ天が定番!。だれだ供給してるのは。
というわけで今日は刺身用大ハゼ、大ウロ狙い。
潮が無い一時、遠い壁の外側狙い、ポツポツくるが潮が動かず苦戦。
潮の動くのを待って、ウロ場、
ここは大ウロの実績2番の所、先行者一名。
イッパイ居るのに掛けてない。
後で書くが、ハゼ脅し釣法!、余程飢えてないと無理!。
好奇心の強いデキハゼならいざ知らず、南白亀のハゼには通用しない。
先行者、この稿見てくれるといいけど。

先行者のあと、同じポイントで入れ食い!。
産卵には参加しなかったが、ぎっしり身の乗った大ウロ、大ヒネ。
ここだけで刺身用キープ。
ここからは水中護岸が岸に寄る、本流に届く。
ただここからは水深が浅くなる所、潮が速いと急流に変わるところ。
1.5号のオモリで止まれば釣りになるのだが。
上げが効いてきた一時はいい流れ、コンスタントにヒネ、大ヒネがでる。
それも30分だけ、やはり急流が出てしまった。
1.5号で止まらない、ラインも1.5号細いほうを使っているのだが。
ミャクは打てないが、こんなときはオモリを潮に乗せてしまえ、底べったりで。
オモリが抵抗になって、程よい誘い、潮がオモリを引きづってくれる。
ポツポツでるがヒネだけ、大ヒネは止まった、本流はこれまで。
壁の内側をちょこっとお遊び。
この壁の内側、毎日誰かが入っているが、残っているだろう。
大ヒネの実績もあるところ。
やはり釣れる、活性高いからアタリも良くみえる。
大ヒネも混じるが、20センチどまり。
それでもびくの底真っ黒、月曜の酒盛り十分。

ところで
ナバキは釣果に極端な差が出ます。
前に、何度も書いてますが、その差は誘いです。
いくらそこにヒネ、大ヒネが居ても喰いたくなる餌でなければ食いません。
今日も先行者のすぐ後に入って、入れ食い、先行者にはアタリが無い。
何故!、
理由はカンタン、ハゼを誘っているのではなく、散らしているのです。
過ぎた小突き、底を叩いてはハゼは逃げます、そばに居たデキも一緒に!。
そこに居たのです、ただハゼを散らして歩いただけ。
何度も言いますが、それ誘いですか、脅かしですか。
知らず、知らずにハゼを脅してませんか。
ミャク釣りが究極ですが、底すれすれに流すミャク釣り、
ハゼの食い気を誘うミャクを打つのは難しいかもしれませんが、
まづ、小突きを覚える、それも底を叩かない、やさしい小突きです。
そのためにはキッチリと水深が解ること、
水深が解れば底を叩かないやさしい小突きができます。
そのためには目印が大事になります。
目印の位置でたえず水深が解るようにしておくこと。
釣り場によって水深は変わります。
誘導式のシモリが視認性もよく、おすすめです。
水深が解れば、やさしい着底ができるはずです。
目印は水深を取るだけのもの。
やさしく動くオモリに、それに連動する餌、
頭の中で絶えずイメージ、餌はおいしそうに見えているかな、動いているかな。

ハリスの長さにこだわるのは、いかに誘いについてくるかです。
ハリスは10センチ以上だと誘いについてきません。
ハリスは長ければ食いはいい、但し、喰いたくなるように誘えていれば、
鯊爺は5cm、長年やってここにたどり着きました。
実績が物語る5cmです。
誰もが思う筈です。極端に短いハリス、
オモリのすぐ下にあるようなハリ、でもこれが一番釣れるのです。

ここから暇潰し、怒られるかな
たかがハゼと思っている方、デキハゼ釣って俺は
上手いと思っていた方、
それ、たかがハゼの世界、
こういう鯊爺も半世紀近く前、ん、?ま、いいか
江戸川に住んで、たかがハゼの世界を謳歌した時代もありましたよ。
休みになると近所の子供達にせがまれて近所の川へ、好奇心強いデキハゼ達、子供達には格好の相手でした、お金は1銭もかからないし、?
かからないのです、竿は切ってきた竹、糸は木綿糸、オモリはドラム缶を封印していた鉛、ハリは
要らない、じゃあ、餌は、今井付近でいくらでも
取れたゴカイ、ついでにシジミもとって、、、
ハリも無くてどう釣るの、
ハゼの(デキハゼだけの)習性を利用するの、
餌をくわえたらスッと上げる。
緩めないと餌くわえたママ、緩めれば餌を離す、
陸に上がったら緩める、緩めれば口を開ける、口を開ければ落ちる、イッチョ上がり。
子供達はこの釣りにはまってしまったのです、
そのうち親達も。
余談でした。

そうそう、この習性を利用して餌を節約!、
釣れたハゼから餌を回収、口に食わえた餌、引っ張っても口を開けないが、やさしく力を抜いてやれば、そっと口を開けてくれます。
このハゼのくわえた餌、特効餌です。

話がそれたみたいですが、
これがデキハゼ、とても好奇心旺盛です。
これがヒネ、ましてや大ヒネになるとこの好奇心は消え、まったく異次元の釣りになります、
といってもハゼです、ヒネ、、大ヒネといっても
ハゼです、ハゼを知れば釣り方もみえてきます。
ただし、デキハゼとヒネ、、大ヒネはまったく違う、デキハゼ釣りの技量はまったく通用しないということを理解してください。
大ハゼ釣りは、デキハゼ釣りの延長線上にないということです。
ヒネ(2年)、大ヒネ(3年)、トキシラズ(4年以上)
と、大きくなればなるほどアタリは小さく、アタリもとりずらくなります。
デキハゼのアタリとヒネのアタリはまったく違います、デキハゼのようなアタリが出ると思っていたらまったく釣りになりません、大ヒネ、トキシラズならなおさら。
まず、ヒネ攻略、大ヒネ、トキシラズ(20pオーバー)はその延長線上、まずはヒネのアタリを取れるようになること。
ヒネの初アタリさえ見えなかったら、釣れるはず
ありません、釣れてもマグレ。
ナバキは釣れない、釣れるはずないでしょう、アタリが取れてないのだから、
この項読んでカチンと来たら望みあり、
かかってきなさい、ナバキの大ハゼ!。
ナバキの大ハゼ、釣れるようになればハゼ釣りの
世界が変わります。
これが・・・されどハゼ釣りの世界です。
たかがハゼ+されどハゼ楽しいと思いますよ。
たかがハゼ決して否定しているわけではありません。

ナバキは間違いなく九十九里河川では、一番難しい川です。
何度も書いてありますが、水中に高い壁、水中護岸(旧)があるからです。
川の中が解っていないと釣りにもなりません。
一見、何の変哲もないように見える川なんですが、
川の中にとんでもないモノが走ってる、まさに川の中にもう一本川がある状態。
下流の一部以外、水中に壁がある!。
なにも無いように見えるが、水中に壁!。
過去ログでも書いてあります。
川を知ろう




1

2014/10/3

今日も穏やか、あすは。。。  南白亀川鯊爺

今日も比較的穏やか、北風時に入れない場所もOK.
これからは風の強い日が多くなります。
北風を背に受ける釣り場の選択が必要になります。
朝凪をうまく利用しましょう。
8時くらいまでは比較的風の弱い、朝凪です。
北風に弱い釣り場はこの朝凪の時間帯に期待です。

今日も良く釣れました。
虎橋前後は場荒れ気味の気配です。
上流域も結構ヒネが混じります。
ただ上流域は足場の悪い場所もあります。
上流域はポイントが限定されます、熟知していない方にお勧めできません。

爺いは朝1時間ほど大ハゼ狙い、18センチ前後は幾つかあがるが、
20センチオーバーは出ませんでした。
それでも15,6センチのてんぷらサイズは例年以上に多く、鵜に荒らされない限り
当面釣れ続くでしょう。

一宮、夷隅川で腕磨いてる人達は、型は落ちるが束釣りが普通のようです。
真亀は場荒れ気味のようです。
一宮、夷隅はナバキに比べれば釣りやすい釣り場が多く、
延べ竿入門には楽な河川です。
両河川とも水深と、潮通しの良い場所はどこも釣れるようです。
ただ、風向きは考えてください。
とにかく魚影は濃いようです。

ナバキに限らず、秋のハゼ釣りになってきました。
デキは相変わらず明確なアタリがでるが、
ヒネのアタリは急激に小さくなってきました。
これからはアタリを取る、見逃さないことに集中する釣りになります。
腕を磨きましょう。

餌のタラシは少し長く(1.5−2センチ)、房掛け(2,3本)の季節です。
アタリがみえなくとも、違和感があったらアタリと思いましょう。
ここで合わせたら釣れません、次のアタリ待って合わせましょう。
この時期、2,3秒から10秒くらいで食いアタリが出るはずです。
秋が深まるとともに、食い込みアタリまでの時間は長くなります。
このとき道糸緩めたらアタリはみえなくなります。
送り込み気味ではあるが、かる〜いテンションはかけ続ける。
そしてアワセは鋭角に、ヒネもこの時期骨が硬くなります。
半端なアワセはポッチャンの原因になります。

*道糸にPEを使うとライントラブルが多発します。
道糸は伸びの少ないナイロンで十分、凝るんだったらフロロでしょう。

ハリはヒネ専門に狙うならフトコロの広い袖バリ10号、
大き目のデキもほしい方は7、8号がいいでしょう。

日曜からは台風の影響が出るでしょう。
あすは?、微妙でしょう。

0



teacup.ブログ “AutoPage”