トトポスなど

2012/3/5 
山田浩輔です、ごぶさたしています
今日の山田浩輔とメキシコ料理はトトポスなどを説明しようと思います

トトポス(スペイン語:totopos)は、トウモロコシから作られる、平たくて丸か三角の形をした、トルティーヤに似たメキシコ料理である。「トトポス」は複数形で、単数形は「トトポ」。

オアハカ州テワンテペク地峡のサポテカ文明に由来する。サポテカ人の女性はコミシュカル( comixcal )という土のオーブンでトトポスを焼く。

トトポスは焼いたトルティーヤ・チップスやスカンジナビアのクリスプ・ブレッドによく似ているが、マサに塩を加え、焼く前に中央に穴を開ける点で異なっている。

マサに塩を加えて焼くことで、トウモロコシの腐敗やカビの繁殖を抑え、保存性がよくなる。トルティーヤは湿気があるため、製造後数日程度で食べないといけないが、トトポスはクラッカーと同じように保存食にすることができる。

また、メキシコの他の地域では、焼いてから日数の経ったトルティーヤを小さく切って揚げたトルティーヤ・チップスをトトポスと呼ぶ。

山田浩輔はトトポスて結構固い感じがしますね

0

ケサディーヤのことについて

2012/1/5 
山田浩輔です、ご無沙汰していますね皆さん
今日の山田浩輔ブログはケサディーヤのことについて話していきたいと思います

ケサディーヤまたはケサディージャ(スペイン語 Quesadilla )とは、メキシコ料理のファストフードである。主な材料はチーズで、トウモロコシ、小麦、または穀粉のトルティーヤまたはマサ(トウモロコシ粉の生地)に包む。

名前の由来は、スペイン語で「小さなチーズのもの」(queso :「チーズ」+ada : 形容詞接尾辞」+illa : 縮小辞)である。

他国では、quesadillas がその他のチーズ料理を意味する場合がある。ケサディーヤの材料はアメリカ合衆国とメキシコで大きく異なり、シェフ共通のレシピはない。双方の共通点は、タコスやブリートが調理済み材料を詰めることに対し、ケサディーヤは材料を詰めた後に調理することである。厳格には、マサを折り畳んだエンパナーダ (Empanada) 式のメキシコ版が「真の」ケサディーヤであるとの主張もあるが、リック・ベイレス (Rick Bayless) のような著名なシェフは寛容である。

山田浩輔はケサディーヤて食べやすい料理だと思いますね

0



AutoPage最新お知らせ