2013/12/19

転職事情  

31、看護師の転職 転職事情について看護師さんの転職事情をみて見ました。

2011年に関しては、看護師がどれ位必要なのかと言えば、不足する看護師さんの人数というのは、5万6000人です。

この結果は、全国の病院や診療所、介護施設などでアンケートの結果です。

看護師という仕事は、昔から重労働なので、それ程長続きしない仕事という事で看護師が足りないというのは前から問題となっていました。

2006年に、診療報酬の改定があり、この改定というのが入院患者数に対する看護師の数が増えれば増えるほど病院に入る報酬というのが上がるという事で大きな病院では「よい条件」で、看護師を多く集めて求人し反対に小さな病院では、看護師不足という深刻な問題が起こっています。

この頃は不況が続いている事もあり、新しい看護師の募集を見送ったり看護師を減らさずにはいられない病院なども出てきています。

毎年3万人もの看護師が看護師国家資格に受かっておりますが過酷なお仕事という事もあって高い離職率といった結果になっています。

不況の世の中ですので、再就職を希望する人もいらっしゃいますが労働条件や生活環境と一致しない人が増加しているのでなかなか看護師さんが増えない状況です。

さまざまな対策をされているようですが未だ深刻な状況のままです。








AX
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ