2013/4/19

背番号XXと税理士事務所  

マイナンバー法案に関する的外れな懸念

マイナンバー法案が閣議決定され、2016年の運用を目指して動き出すこととなりました。法案が通過するかどうかは、議会次第なところもありますが、通過するものと見込まれています。しかしこの法案に関しては、以前より個人情報に関する懸念がされていました。

マイナンバー法案と聞いて、やはり個人情報を政府に管理されてしまうのでは、と言う懸念が一番多く、中には国民皆番号制の前段階であり、管理社会主義になってしまうと主張するところもあります。この様な懸念は、現在の情報管理をわかっていない的外れな批判といえます。

この法案は、政府側が個人の保険、年金や納税の管理を効率化し、管理コストの削減だけを目的とするものではありません。そもそもそのような情報の管理は既に役所内で行われていて、今回の法案では、その番号を個人にも通知し、その情報の閲覧ができるようにするものなのです。

また、番号をつけることで、納税の公平性を保つ目的も含まれています。自営業や農林水産業従事者の所得の把握がうまくいっていない現状では、公平な納税は果たされていない、という観点もこの法案が出された一つの要因です。

個人情報の漏洩は、確かに懸念されてもおかしくない経歴を政府はもっています。消えた年金問題が国民に対する信頼を失った大きな原因と言えます。しかしこの問題の原因は組織の情報管理に対する問題意識の低さであり、ある意味で人的なミスなのです。

それに対し、今回はシステム的な改正であり、その過程で機械的なトラブルを想定し、それに対するバックアップや、万が一のことを考えた情報管理、そして漏洩に関する規定をきちんと制定することで、カバーができるものです。

情報漏洩やトラブルの影響を最小限に抑える対策を監視するシステムと、国民の目を設置することを忘れなければ、マイナンバー法案に対する懸念は払拭できるものと言えるでしょう。


目黒区の税理士のことなら目黒区税理士.com

0

2013/4/19

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ