2013/3/1

明確に美味しい  

目標が実に明解でしょうね。詳しくはどういった手段でサムギョプサルを浸透させようと?



 1号お店の出お店当初から思考ていたのは、初実感で明確に美味しいと思っていただくということです。



 サムギョプサルは、多様なトッピングの組み合わせが可能で、また肉の部位や大きさ、焼き加減等でイメージは大きく調節していきます。加えて、常連の数多くはサムギョプサル未実感です。明確に美味しいと思っていただく為には、ハード・ソフトの両面からお店の基盤を整えていく必需がありました。



 ハード面で言えば、まずこだわったのは材料です。包んでとても美味しい豚肉を吟味しているとともに、サンチュもメイン目標であるオンナが包み易いよう、芯が細くて柔らかく、かつ女の人の手のひらサイズの商品種を約束農家庭の方と同じに発明しました。それに、サムギョプサルならではの包む楽しさを打ち出すため、トッピングも雑誌場所韓国のヘアスタイリングにとらわれず、多彩に取りそろえている。さしあたってじゃあ、豚肉は約20種、トッピングは約30種で、組み合わせのバリエーションは1000通り以上にもなる。

おふくろ料理を作ろう

 お客席にもアレンジを凝らしました。傾斜のついた鉄板は特注商品で、溜まった油はシメの「済州ご飯」を造るときに使用するということを想定している。それに、煙を吸い込むクリアーフードはご飯のコミュニケーションの妨げにならないよう、テーブルの横に配置しました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ