2013/12/19

エピレーシック治療と言うのは  

弱視力の回復にはレーシック法と言われる治療方法が最近注目を浴びています。

レーシック治療と言うのは1990年頃から行われており、本国国内では1995年に承認された比較的新しいメディケア手段です。

眼の角膜の上皮細胞を剥離させフラップと言う蓋状の膜を生成し、その下の眼の角膜実質をレーザーにて削り、屈折する率を変化させて屈折する率を変化させる手術療法です。

眼の角膜上皮細胞は回復され元に戻るわけですが、眼の角膜実質は快復されませんので長期にわたって低視力を回復治療することができます。

一般的なレーシックはマイクロケラトームと呼ばれる器具でフラップを作製しますが、身体の質により角膜が薄い人や激しい運動をし、フラップが剥がれやすい方々にとってはこのレーシック手術は最適なメディケアといえません。

そう言ったことで、制作されたのがエピレーシック法です。

エピレーシック手術というのは普通のレーシックに比べより薄いフラップを作製することができます。

したがって目の角膜が薄い人々であろうともメディカルケアを受けることが可能ですし、薄いフラップのため、手術後再びフラップを被せますが最終的にはこのフラップが全て消失し、新しい上皮細胞が制作されますので激しい運動をする方々であったとしてもフラップが剥がれる心配がないわけです。

ですが、このフラップが作成されるまで時間がかかりますので激しい痛みを伴うとともに、しばらくの間サングラスを着用しないといけないなど、治療後のケアが大事となってきます。

レーシックが受けられないと諦めず、エピレーシック法で裸眼を快復させましょう。








AX
0

2013/12/19

花粉症用の甜茶  

花粉症に効くと言われているお茶は、色々あります。

ここでは3つ紹介します。

まずは、1つ目は「べにふうき」です。

「べにふうき」は、紅茶系品種です。

この品種のお茶の中には、花粉症などのアレルギー症状に効き目のあるカテキンの一種が含まれています。

特に、「べにふうき」に含有されているカテキンは、特殊なカテキンで、一般のお茶の原料として使用される品種よりも強いアレルギー反応抑制効果があるといわれています。

2つ目は、台湾の凍頂烏龍(とうちょう うーろん)です。

台湾の凍頂烏龍にも、抗アレルギー成分が多少含まれているので、花粉に効くといわれています。

3つ目は、甜茶です。

甜茶には、てん茶ポリフェノールという成分が含まれていて、これがアレルギーに効くといわれています。

甜茶は、花粉が飛び始める1カ月くらい前から飲むといいそうなので、早めに飲むといいでしょう。

日頃、お茶はよく飲むのではないかと思いますが、そのお茶を、花粉症に効果的だといわれているお茶にするだけで、花粉症対策ができるので、行いやすいです。








AX
0

2013/12/19

看護師の転職にあたって公立病院、民間病院どちらがよいのか?  

看護師転職サイトというのはハローワークや求人広告よりも質のいい求人案件がいっぱいあるので、非常にオススメです。

ですが、その中でも特にオススメなのが、地域密着型の看護師転職サイトです。

全国に拠点があり、大規模転職会社として、名をはせている転職サイトというのは、地域に根付いていないので、地域の細かな医院・クリニックまでは網羅しきれていないんですよね。

ですが、地域密着型の看護師求人サイトというのは、長野なら長野、福井なら福井というようにその地域の求人しかないので、地域の小さな医療施設・クリニックを紹介してくれるんです。

なので、あなたの家の近隣で、あなたにピッタリの職場が探せるんです!






AX
0

2013/12/19

看護師転職 転職を評価される傾向にある業界について  

17 看護師転職 転職を評価される傾向にある業界に関して「転職したいと思う。

でも面接や履歴書にどうして書こうかな?」「転職が何回もあることは書くことは不可能だし、かと言って働いていなかった、または別の職業についていたなんていったら、さらに印象が悪くなっちゃう。

」でも、看護師の転職に関してはそうでもないようです。

初めにその理由は、普通は看護師は転職が多いからです。

それは看護師の職業が、最近でこそ男性も増えてきているのですが、まだ女性中心の職場であり、女性は出産・育児等のライフイベントによって大きく影響を受けるので、休職・退職は仕方ないのです。

加えて、様々な職場で働いてきた事で、仕事の幅が積み上がって、そのスキルは同じ職場でずっと働いている人よりより高く評価されるからです。

転職の数を自分の経験として前向きに構え、再度挑戦してみるのはどうでしょうか。








AX
0

2013/12/19

レーシック法と日本人  

この国の人口の3分の1が弱視力と云われています。

たくさんの人々がこの低視力に悩まされ、眼ガネやコンタクトを余儀なくされています。

近眼は治らないといわれており、一生付き合って行かなくてはならないものと一般にいわれていますが、最新の技力でこの近眼を治す手法が制作されています。

それが、現在話題となっているレーシック治療です。

レーシック手術というのは眼鏡やコンタクトレンズを介して目に入る光の屈折率を矯正するのではなく、視力の眼の角膜をレーザーにてオペし、角膜での屈折率を変える治療方法です。

角膜の上皮細胞は再生しますので術後には快癒しますが、その下部にある目の角膜実質は回生されないため、メディケアをしても低視力が再発するこというのは然程ないです。

昨今このレーシック治療を受ける人が増え、オペの信用性が高まっていますが、国民性でしょうか、アメリカ等に比べると浸透性は低いと言えます。

その所由となるのが、ケア後に発祥する合併症です。

レーシックは目の手術を行いますので、方々によっては様々な事態が現れています。

実のところのレーシック治療の体験談を確認してみますと、何を理解しても成功例ばかり載せられており、どれ位に合併症に悩んでいるのかを把握する事が出来ません。

しかし、成功あれば失敗もあるものです。

レーシック法を受ける際は自分の肉体の性質をじゅうぶんに理解し、リスクを考えた上で適切な医院で治療を受けましょう。








AX
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ