2013/6/25 | 投稿者: 登録商標問題 マドリード 注意

登録商標問題 マドリード 注意

マドリード商標登録は1種の国際商標登録申請できるかどうかが指定方式、商標登録国許可、各自国の法律によって指定国決定。商標登録マドリード注意以下問題:

1基礎 登録問題。

マドリード商標登録要求が基礎、申請者は原属の国はすでに登録商標あるいはすでにの商標申請を受理基礎才能マドリード商標登録申請を提出する。

原属国では登録商標をもとに、申請者に指定できる議定書と協定書メンバー国。

原属国では受付の商標申請に基づき、申請人しかメンバー国指定議定書、協定書メンバー国の指定はできません。

2有効期間問題 。

マドリード商標の有効期間は10年。

3 更新問題。

マドリード商標期間満瞭可の更新、更新有効期間10年。

有効期間満瞭前の6ヶ月内に、国際局は非公式に商標登録の更新を人に関する通知事項を含め、有効期間満瞭日;もし登録有効期間満瞭日前に申請失敗の更新を、また6ヶ月の広い広い会期内で日延べ;まだ申の更新をください、国際局抹消同マドリード商標。

4優先権問題 。

マドリード商標優先権を享有する。「パリ条約」の規定により、もし申請者に2つのパリ条約加盟国で同じ商標登録申請を提出し、6ヶ月以内に優先権を享有する、つまり可用初めての申請日第二次の申込み締切。

5申請条件 。

申請人を メンバー国国民や法人  メンバーは住まいや経営場所  商標登録要求を満たす申請基本



6 .提出資料  依頼書  申請書

 企業申請:営業許可証のコピーを提供する  自然人申請:身分証明のコピーを提供する  隷属国の商標登録証コピー  商標模様



7 .申請問題 主体

完成元属国基本登録の前提の下で、申請者に原属国の商標の主管部門に提出商標登録の申請は、商標の主管部門にはスイスジュネーヴの世界知的所有権組織国際局に香港会社設立申請をされ、国際局を受けないでください個々の企業の申。



8 .マドリード商標検索

マドリードシステムの登録商標を通じて、マドリードシステムの中ですでにしか調査の商標申請したが、各指定国を問い合わせる。
0

2013/6/25 | 投稿者: 香港の会社の帳、核数、関税申告

香港の会社の帳、核数、関税申告

令の起業家のためにもっと良く香港の経営環境は、企業管理及び帳簿税務処理に関する知識、我が社の財務企画部門による企業のニーズと存在の質問に、香港の株式会社と無限会社の做账や核数や関税申告について分析と比較し、以下の説明書を:

一、有限会社と無限会社のための方面の区別

1なのか、核数の違いは、会社の業務が発生した場合、無限会社を通さない核数の過程、仕上げによって帳簿を直接税局の財務諸表に申告納税できます;有限会社は異なっていて、有限会社に仕上がって帳簿の後、香港を通じて核核数数師後、核による発行数報告監査報告書のデータが税局に納税申告。

2、香港利益税税率によって:2004 / 05年度、香港会社設立無限会社の税率は16%、有限会社の税率は17.5%

二、どのように判断できるかどうかを自分の会社ゼロ関税申告を経営と無経営の標準

香港で、経営のない会社に直接ゼロ関税申告を、経営の会社做账や核数才能関税申告しなければならない。もちろん、ある意味から言えば、あなたの会社名義でのビジネス上の取引やイベント、あなたはすでにから経営業務。からなら記録にとっては以下のいくつの方面の判断にその方面のすぐが経営業務:

1、銀行口座は経営記録を殘して、

2、政府の税関、物流会社は輸出入の記録を殘して、

3、香港との旅商人と関係が発生、

4、香港では従業員を雇って、

5、許容又は授権香港特許商標を使用し、設計などの資料、

6、許容又は授権香港で使用する不動産賃貸、賃貸料など金、

7、委託香港で代理販売、

8、その他生まれ以来や香港の利益。

三、関税申告のモード

香港で処理するため、約3種類の情況:

1、ゼロ関税申告――適経営のない会社、

2、做账後ために直接――経営の無限会社、

3、做账や核数後ために経営の才能を有限会社

四、ゼロ関税申告

もし、会計年度内に、会社無経営は、その年は政府に申し入れ免除し帳、核数と税金をゼロ関税申告すれば、直接。香港政府は毎年1回企業に求めて申告。処理時間:一般新会社が第18ヶ月から香港税局からの利益税表、ゼロ申告しなければならないから税表後の一カ月持べり良い利益税関税申告表に税局。標準オファー:RMB800元。ゼロ関税申告の処理の流れを香港税局の利益税表=」確認署名株主=」交付関税申告費用=》税局へのため事項=』辦理し終わって、顧客還元
0




AutoPage最新お知らせ