フローラS・マイラーズC見解  競馬



本日は時間の都合上、考察等は省略します

では重賞見解です


★フローラS

単複
Bキャナルストリート
Oレッドコルディス

馬連単
BO⇔DMCN@


★マイラーズC

単複
Fプロディガルサン
Dダッシングブレイズ

馬連単
FD⇔CGE


ではでは
0

福島牝馬S見解  競馬



この春季GTは色んな意味で建て直さないとならないようです(・ε・` )

春天は以前書いた通りキタサンブラックの連覇だと思われます

サトノダイヤモンドは100%連対できないので(( ̄_|

いま一度今年の再現年を特定して来週からのGT戦線に挑みたいと思います

因みに今年のダービージョッキーは岩田か四位だとみてます(^人^)

では重賞見解です


★福島牝馬S

単複 Lクロコスミア

馬連単
L⇔DKA@MGEJ


ではでは
0
タグ: 福島牝馬S

皐月賞見解  競馬



そういえば昨年も書きましたが今年も同じ戦歴が発生してました

若駒S馬がトライアルで優先権を獲得した場合、その枠が連対(* ̄∇ ̄)ノ

去年はマカヒキが所有し軸はアドマイヤダイオウでしたが押さえたマカヒキからなんとか的中したのを思い出しました(・ε・` )

今年の該当馬はNアダムバローズから7枠は連対するものとみます

そして弥生賞2着馬が共同通信杯馬と同枠になるとその枠も過去走ってます(( ̄_|

しかし3歳GT三冠(牡馬牝馬問わず)で無敗の1人気馬が4枠に配置された場合、4枠が勝利からやはりGファンディーナから入ります(  ̄ー ̄)ノ

Fペルシアンナイトが勝利したらそれまでです(ーー;)

では重賞見解です



★皐月賞

単複 Gファンディーナ

枠連
4ー3・7・1・5

馬連単
G⇔DLANBI

(LN⇔AB)


仮想ダンスインザムードとして桜花賞に向かわず仮想アグネスタキオンとして皐月賞を選択した無敗牝馬ファンディーナに託す

ではでは
0
タグ: 咲く

アンタレスS・中山GJ見解  競馬



皐月賞の方向性とその先の展望については前記事を参照ください

何故今年のキーがスプリングS2着馬なのかについてですが前年ダービー馬に弥生賞馬が君臨し王道路線を受け入れた世代の翌年という流れからです(  ̄ー ̄)ノ

05年ディープ・09年ロジユニ・14年は弥生賞が純粋ゾロ目で2着ワンアンらが誕生した翌年の皐月賞ではスプリングS2着が06年 フサイチリシャール2着同枠、10年
ゲシュタルト1着対角、15年 リアルスティール2着とフルゲート割れの15年を除きサポート役に徹しています

今回のEアウトライアーズがサポートしたいのは対角Lサトノアレスではなく同枠Dレイデオロとみてファンディーナの1番手としました(* ̄ー ̄)

レイデオロが不発の場合を想定して裏同枠Fペルシアンナイトも押さえたいところです

2週連続でルメールに裏切られ続けてきましたがさすがに今日のアンタレスSは大丈夫だとみます

そしてルメールがアンタレスSを勝てば明日のレイデオロ1着はなくなると考えますщ(゜▽゜щ)

では重賞見解です


★アンタレスS

単複 Eグレンツェント

馬連単
E⇒ICBLFDK


★中山GJ

馬連単
K(A)⇔CIEGD


ではでは
0

Q 皐月賞(シンクロニシティ)  競馬




JRAに存在する幾多のタブー

主催者から出題された結末を基にこちらがそれを読み解き今後起こりえない状況に行き着いた場合をタブーと解釈する

今年の現3歳世代が昨年から繰り広げてきた同時発生という初めて見る景色の中に新たなるタブーが存在したと仮定する

まずその一端を覗かせたのは阪神JFと朝日杯FSで初めて誕生した無敗牝馬による1人気獲得

2歳GTを無敗牝馬が1人気で並び立った歴史的出来事だった

しかし結果は両雄並び立たず

阪神JFはソウルスターリングが1人気の無敗で勝ち上がるも朝日杯FSの史上初の牝馬1人気ミスエルテは4着敗退

ここで考えられる仮説を唱えると、


【同列2歳GTにおいて1人気を獲得した無敗牝馬が2頭同時に勝ち上がり2頭並び立つことは許されない】


牝馬の1人気無敗馬による阪神2歳GTの独占を主催者は認めていないと仮定

2頭揃った勝利などまさしくタブーなのだろう

このタブーが裏設定として存在していたのならソウルスターリングが勝利した時点で残されたミスエルテはそれに抗うことが出来ず敗退の道を選ばざるえなかったと結論付ける

★阪神JF 1人気無敗牝馬ソウルスターリング◎勝利
★朝日杯FS 1人気無敗牝馬ミスエルテ●敗退

しかしこれにはまだ続きがある

2歳GTで初めてみた景色がまたしても3歳GT一冠目で繰り返されようとしている

3歳GTで同列となる桜花賞と皐月賞でまたしても無敗牝馬2頭が1人気歴を得ようと...


★桜花賞1人気無敗牝馬ソウルスターリング●敗退
★皐月賞1人気?無敗牝馬ファンディーナ◎勝利?


ファンディーナが1人気を得れば2歳GTに続きこれも初めてみる景色となる

主催者は既にファンディーナが皐月賞にて1人気歴を獲得することを逆算していたのなら桜花賞の1人気無敗牝馬ソウルスターリング敗退は合点がいく

史上初の無敗牝馬による皐月賞1人気獲得を目指すファンディーナを後押ししたのは朝日杯FS1人気無敗牝馬ミスエルテである

朝日杯FSを牝馬が1人気獲得の流れは皐月賞ファンディーナ1人気へ引き継がれ頂上戦ダービーへと波及するものと考える

史上初の牡馬GTにおける無敗牝馬による1人気独占劇!

★朝日杯FS1人気 ミスエルテ(無敗牝馬)
★皐月賞1人気 ファンディーナ(無敗牝馬)
★ダービー1人気 ファンディーナ(無敗牝馬)


皐月賞は桜花賞を1人気無敗牝馬ソウルスターリングがタブーにより遠慮させられたと判断し残されたファンディーナが1人気歴獲得を条件としてGファンディーナを皐月賞馬に指名したい

相手には今年キーとなるスプリングS2着馬と同枠となった無敗のホープフルS馬Dレイデオロ


ダービーは藤沢調教師が悲願のダービー制覇をする年とみて皐月賞のファンディーナ⇒レイデオロ決着を再び着順逆転の再会馬券をするものと想定する

そして阪神JF・朝日杯FSの2週連続GT制覇に倣いオークス ソウルスターリング、ダービー レイデオロの2週連続GT制覇が繰り返される


いずれにせよ皐月賞はトライアル戦を回避したファンディーナとレイデオロによる無敗決着とみる


★皐月賞

単複 Gファンディーナ

馬連単
G⇒D


歴史的1人気を獲得した無敗牝馬による皐月賞制覇に期待したい

ではでは

0




AutoPage最新お知らせ