2013/1/18

税理士国際.netを読んだ感想  

本サイトは、日本国内に限らない国際的な税理士の必要性を知ることができます。この情報は、国際業務に臨む個人や法人にとってはもちろんですが、他ならぬ税理士本人達にとっても大変重要なものになるでしょう。グローバル化が激化しつつある現在、税理士においても国際性が必要になるという視点は大変重要です。

これまでは国同士、地域同士で分断されていた狭い世界がフラットになり、これまでの常識では考えられない柔軟な展開が可能となりました。社会で活躍されている個人や法人の方にとっては、技術の進歩によって障壁がなくなり、舞台が世界規模に広がったことはまさに福音となります。活躍の場が広がったことは、これまででは得られなかったチャンスを得られる可能性があるからです。

しかし、必ずしも良いことづくしとはいきません。これまではあり得なかった活動が可能になるのであれば、当然これまでは発生し得なかった手続きも発生することになるからです。

その点について、本サイトは二か国語が話せる税理士や国際業務に通ずる税理士の必要性を教えてくれています。世界規模の進出には、進出した現地での申告手続きや、逆に他国との専門的なやりとりが必要になる可能性があります。

本業における海外との繋がりに気を取られ、税理におけるグローバル体制が盲点となっていては後になって大変な苦労を強いられることになるでしょう。このサイトは、そのような失敗を防ぐ大切な情報を発しているように感じられます。

また、このサイトは、グローバルな事業計画を持っている個人や法人だけでなく、他ならぬ税理士本人達にとっても重要な情報になりえるでしょう。

世界情勢がグローバル進出に傾いているのは上述した通りですが、これは税理士達にとっても無縁な話ではないのではないでしょうか。すなわち、グローバルな活躍をされている相手からの需要が高まっていく可能性は十分にあります。

そのような状況において、自国の言葉しか話せない、自国の業務しか取り扱えない、というのは、世界規模で動いている世の中ではネックになりかねません。国内から世界へと進出していく相手の要望に応えられないのでは顧客を失うことは避けられないでしょう。税理士側にとっても、税理に関する専門知識に通じているのはもちろんのこと、それを世界展開する必要性を知ることができる大変重要なサイトになります。

現代社会に生きている者にとって、グローバル化と無縁でいられる人間はおりません。ある分野における需要側・供給側、双方にとってグローバル化した後の展開についての情報は大変重要なものです。グローバル化に伴う、国際的な税理士の必要性を説いたこのサイトは税理に関する需要側・供給側、両者にとって今後の行動を決める上での参考になる情報が多いように思います
税理士国際.com#
0

2013/1/18

税務事務所について  

税務事務所は都税事務所とも呼ばれています。税務署が国税を納税や確定申告をするところに対して、税務事務所は地方税や事業税などを賦課・徴収に関する事務を取り扱うところです。

都内に事務所を設けて事業を行っている方は、この税務事務所に申告と納税にしなくてはなりません。法人でなおかつ事業年度が6ヶ月を超える場合は中間申告を行います。申告と期限は開始6ヶ月から2ヶ月の間です。

また、中間申告には予定申告と仮決算に基づく中間申告の両方があります。予定申告は前年度の事業税額と月数を算出したものです。仮決算は、仮決算時の収入と税率を掛け合わせたものになります。

税務事務所に納付しなくてはいけないものとして、法人住民税があります。こちらも、事業や都内に寮、保養所などを持つ法人が対象となります。納める額は、法人税額と税額を掛けた額となります。

個人で事業を始める方も個人事業税というのを納税しなくてはなりません。事業によって納める税率が違うので確認しましょう。また、納期期限は確定申告や住民税と一緒なので、既に申告している方は不要となります。

自動車を保有している方は課税対象となりますので、税務事務所に申告しなくてはなりません。財産税の一種ですが、道路を利用することによって、整備費などを負担してもらうという税です。

なお、納める時期は税務事務所から交付される納税通知表で。5月末日に納めます。税率は車種・自家用車・営業車によって違うので確認しましょう。また、公益のため直接専用する場合や、障害者の方が使用する自動車は減免されます。

土地や家屋の所有している方は固定資産税の課税対象となります。固定資産の具体例としては、構築物・機械・船舶・航空機・車両・工具等の事業などに使用するものが含まれます。

また、福利厚生や改良費なども申告の対象となるのでご注意下さい。逆に、固定資産として対象とならない物は、自動車税・無形資産・繰延資産や法人税に規定するリース資産が20万円未満になります。

申告の提出は資産が所在する税務事務所で行います。納期は、通常4回に分けて納税をします。課税標準額は150万となります。未満ですと課税対象ではないため、通知書の交付がされないので覚えておくとよいでしょう。

法人税と同様に地方法人特別税というものがあります。対象となるのは、平成20年10月1日以降に開始及び解散した法人です。納める時期は、法人事業税と同様に申告書・納付書により税務事務所に申告します。

税理士契約.com
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ