スポンサードリンク

骨盤ベルトの装着位置  

骨盤ベルトを使用するには、やはり確実にしっかりと巻くことが大切なのです。
そうしないと、本当の骨盤ベルトの効果を体感できないだけでなく、逆に体を痛めてしまうことにもなりかねないからです。
骨盤ベルトの位置というのは、よく間違うのですが、ウエストではないのです。
それは、骨盤の前にある骨の出ている部分と大腿骨の飛び出た部分の中間というのが正解で、その位置に骨盤ベルトを巻くのです。
ほとんどの骨盤ベルトは、下の端が、大転子にかかるくらいの位置になるのが正しいとされています。
正しい位置に骨盤ベルトを固定しないと、効果を十分に発揮しないので、注意しなければなりません。
そして、骨盤ベルトというのは、締める位置がはっきりわかりにくい場合が多いので、その時は、医師や整体師に聞いてみることです。
最近では、仙骨パット付きの骨盤ベルトもあり、位置が正確にわかるものもあるので、初めての人はそうしたものを使用するといいでしょう。

骨盤ベルトには、女性専用のものも販売されていて、そうしたものは、装着する位置がとてもわかりやすくなっています。
そのため、確実に骨盤ベルトを正しく装着できるので、安心して使用することができます。
特に妊娠中に骨盤ベルトを身につける際などは、産科などの指導をしつかりと受け、正しい位置に装着するように努めなければなりません。
そして、骨盤ベルトを腰痛ベルトとして使用する場合は、その位置が半分が骨盤、半分が腰になるように付けることです。
それは、下部腰椎と仙腸関節の動きを制限して、保護する役割を果たすからで、骨盤ベルトで腹圧をかけることで、腰痛予防に役立つからなのです。
また、ステー付きの骨盤ベルトについては、背骨を中心に、左右均等に当たるようにすることが肝要です。
妊娠時に仙腸関節、仙腸部に痛みみがある時の腰痛の場合は、骨盤ベルトの上端部を骨盤の出っ張った下のくぼみに合わせて巻くとよいでしょう。

骨盤ベルトは、強く巻くことで、仙腸部を引き締め、仙腸関節を安定させる効果もあるのです。
しかし、そうかと言って、骨盤ベルトをあまり強く締め付けすぎると、身体に負担がかかるので、その辺の加減は適度にすることです。
妊娠時などは、骨盤ベルトで、腹部を締め付けないように配慮することが大切です。
そうした時は、骨盤ベルトを下腹部から仙腸関節にかけ、角度を少しつけながら巻くとよいでしょう。
産後の開いた骨盤を引き締める場合、そして、骨盤体操を実行する時に骨盤ベルトを付ける際は、下端部が大転子に当たる位置に巻きつけるとよいでしょう。
これは、骨盤ベルトで骨盤の下部を締め付けることで、妊娠後期に骨盤が開かないようにする効果があるからです。
また、骨盤をスイングする腰痛、骨盤体操をする時に、この位置で骨盤ベルトを締めれば、より効果的に腰部や骨盤のエクササイズをすることができるのです。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ