スポンサードリンク

男性型脱毛症とは  

男性型脱毛症は、成人男性によくある症状の抜け毛症のことを指します。
額の生え際、頭のてっぺんの髪の毛が薄くなって、少しずつ進行していくのが男性型脱毛症なのです。
進行性の抜け毛症が男性型脱毛症なので、その処置は慎重になる必要があります。
男性型脱毛症は、何もしないで放置すると、髪の毛の数が減って薄くなるのです。
もちろんだからと言って、男性型脱毛症には、絶対効果のある特効薬は存在しません。
男性型脱毛症の主な原因は、基本的には遺伝、男性ホルモンの影響とされています。
最近では、色々な生活環境の変化からか、男性型脱毛症になる人が年々増えている傾向にあり、男性にとってはとても深刻な状況です。
日本人男性の3人に1人が男性型脱毛症で悩んでいると報告されているほどです。

男性型脱毛症は、抜け毛症の90%以上を占めている症状であると言われています。
最近では、男性型脱毛症の対策も少しずつ進化してきており、様々な治療法があります。
男性型脱毛症の色々な治療法が出てきたことで、カツラや育毛剤を使用しない治療法で抜け毛の進行を食い止めている人も最近増えてきました。
世界中でも男性型脱毛症は注目されている症状で、なぜそうなってしまうのかという疑問を追求するために研究した、アメリカの有名な医師がいます。
そのアメリカの医師は、それまでわからなかった男性型脱毛症の原因に、男性ホルモンが関与していることを実際に証明したのです。
その医師はハミルトンと言い、ハミルトン・ノーウッド分類という分類を作成しました。

男性型脱毛症は、ハミルトンによって、男性ホルモンが関与していることが証明されたのです。
その証拠の1つとして、思春期、あるいは思春期前に睾丸を摘出した男性については、男性ホルモンがないことから、男性型脱毛症にはならないことが証明されています。
また逆に睾丸を摘出した男性に男性ホルモンを投与すると、男性型脱毛症になることが発表されています。
そうした実験が何度も繰り返されて男性型脱毛症には男性ホルモンが関係していることがわかったのです。
そして実験の最中に男性ホルモンの投与を止めても、男性型脱毛症は進行しないのですが、薄毛は完治しないことも証明されています。
最近の発表では、男性型脱毛症は、遺伝子的要因、男性ホルモンの両方に関係していることが提唱されており、一度抜け毛症になると、元には戻りにくいという結果が出ています。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ