2012/3/4 | 投稿者: 肝臓の巧み

つらい二日酔いをちょっとでも早く治して楽になりたいとは、殆どの方が思うのではないでしょうか。二日酔いの症状といえば、主として、頭痛(誰でも一度くらいは経験するものですが、その原因は様々で時には深刻な病気の症状であることもあります)や吐き気、胃痛などです。これらの症状というのは、体の中にアルコール(最近のお酒はジュースみたいな缶で売られていることもあり、子供が誤飲する事故も起こっています)が残っている限り、完全に解消される事はないでしょう。もっと具体的に言うなら、二日酔いを引き起こしてしまう成分であるアセトアルデヒド(エチルアルコールが酸化するなどして生成されるアルデヒドの一種です)が体内に残っている間、ずっと症状というのは続くと言うことですね。となれば、薬などで体内にあるアセトアルデヒド(お酒を飲むと体内で生成されてしまいますが、タバコの煙や自動車の排気ガスにも含まれているのだとか)を取り除いてしまえばいいわけですが、残念なことに二日酔いを治す薬と言うのは存在しありません。理由は、体内に残っているアセトアルデヒド(エチルアルコールが酸化するなどして生成されるアルデヒドの一種です)がどうやって作用するかは、人によって異なるから。では、二日酔いには、ただひたすら耐え続けるしかないのかと言ったら、吐き気や頭痛(外傷以外の原因で頭部に痛みを感じる症状をいいます)という各症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)を改善するための薬を服用する事で、幾分楽にする事は出来ます。例えば、吐き気や胃痛には、パンシロン胃腸内服液やソルマックEX、大正漢方胃腸の薬と言った胃腸のくすり。頭痛にはバファリンなどの鎮痛剤(アセトアミノフェンがどういう作用によって痛みを鎮めているのかは、実はまだよくわかっていないのだとか)を服用します。ただし、鎮痛剤(鎮痛薬ともいいますね)はアルコール(最近のお酒はジュースみたいな缶で売られていることもあり、子供が誤飲する事故も起こっています)で荒れた胃をもっと荒らすことになるため、軽く食べ物(特に最近では安全性が問われていたりしますね。産地偽装など様々な問題が起こっているようです)を食べてから、もし食べられないときは胃腸薬と共に服用するようにしてください。そのほかに、薬ではありませんが、体の中のアルコール(単にアルコールという場合、お酒を指すことがほとんどでしょう)を早く抜く方法(あれこれと?論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繭り返す方がいいこともあります)として、フルーツジュース(野菜ジュースを手作りするのは健康にいいといわれています)やスポーツドリンクなどを飲むのもお勧めですよ。果糖やブドウ糖(水に溶けやすくて甘く、果物や蜂蜜、炭水化物などにも含まれているでしょう)を摂るのもいいでしょう。あとは睡眠をとってながら、ひたすらアルコール(お酒はエチルアルコールが主成分で、依存症になってしまうことも少なくありません)が分解されるのを待つと言うことですね。また、二日酔い防止としては、ハイチオールCやヘパリーゼなどが良いので、これらを服用してから、アルコール(最近のお酒はジュースみたいな缶で売られていることもあり、子供が誤飲する事故も起こっています)を飲むと良いですよ。
0
タグ: 肝臓 二日酔い 

2012/2/26 | 投稿者: 肝臓の巧み

肝臓によいとされるサプリメント(体に何らかの問題がある方、または、医薬品を服用している方は飲むことのできないものもあります)は、非常に多?売られているでしょうね。どのサプリメント(効果が期待できる反面、副作用が現れることもあるでしょう)の説明書を読んでも、肝臓によさそうと思う事が出来るものばかりで、どれをセレクトしてよいのか迷ってしまうことでしょう。特にサプリメント(時に医薬品と同じくらいの効果がある製品もありますから、服用の際には注意が必要です)は、医師に処方してもらう薬とは違い、自分で選ぶもの。自分に合わせた物を自分で選ばなければならないでしょうが、何を基準に選べばよいのではないでしょうか。始めてすぐは、どれくらいの栄養素(これを気にして献立を考えるのは非常に大変です。でも、家族の健康を維持するためには必要なことだといえるでしょう)(成分)が含まれているかをチェックします。肝臓の機能を取り戻したり、健康な肝臓を維持するのに必要なことは、肝臓に必要な栄養素(時には、健康補助食品やサプリメントなどを上手に利用してもいいかもしれませんね)をきちんと摂る事。そのためには、貴方の食事習慣を振り返って、足りない栄養素を補う事です。また、肝臓のサプリメントを摂る目的をハッキリさせる必要もあるでしょう。例えば、アンチエイジング(老化を防ぐといった意味ですが、もっと積極的に若さを保つための努力をしている人も少なくありません)を目的にするなら、抗酸化および免疫強化に有効なサプリメント(体に何らかの問題がある方、または、医薬品を服用している方は飲むことのできないものもあります)を摂取するといいでしょう。疲労などで弱った肝臓を元気にしたいなら、ビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)とビタミン(不足するとビタミン欠乏症を起こしてしまいますが、一度にたくさん摂取すれねいいというものでもありません)の働きを助けるミネラル、そして、アミノ酸(食事から摂るのが理想ですが、不足しがちであれねサプリメントなどを利用するのもいいでしょう)などを含んだものを摂ります。アルコール(お酒はエチルアルコールが主成分で、依存症になってしまうことも少なくありません)の飲みすぎには、デトックス効果の高いサプリを摂取する事をオススメします。いずれにせよ、沢山の肝臓のサプリメントを選択すれねきは、取りあえず口コミ(近頃ではどんなCMよりも集客効果が高いなんていわれていますね)をチェック。さらに、きちんとした品質管理の下で製造されているか、臨床データはあるか、そのサプリを開発したのはどういう人たちか、なんかもしっかり調べるようにしてください。
0

2012/2/19 | 投稿者: 肝臓の巧み

お酒もほどほどに飲むにはいいのですよが、度を越すと体に悪いのは言うまでもないでしょうね。お酒の飲みすぎでダメージをうけるのは、肝臓です。ここで少し、肝臓とお酒の話をなさってください。お酒は、体の中に入ると肝臓に運ばれます。そこでアルコール(お酒はエチルアルコールが主成分で、依存症になってしまうことも少なくありません)からアセトアルデヒド(独特の臭いと刺激性があり、工業製品の原料などにもなります)と水素に分解されるのです。更にアセトアルデヒドは酢酸(染色や写真の定着液、医薬品など、とても広い用途で使われています)と水素に分解され、最終的に二酸化炭素となって体外へ排出されますのです。ここで問題となるのが、アセトアルデヒド(お酒を飲むと体内で生成されてしまいますが、タバコの煙や自動車の排気ガスにも含まれているのだとか)。これがしっかり分解されず、血液中に増加するで、酔っ払い状態や二日酔いになるといったわけ。このアセトアルデヒドを分解するのが肝臓にある酵素(タンパク質からできているので、70℃をこえる熱により活性を失うという性質があります)で、体の中にお酒が入ってくると一生涯懸命に分解作業を行います。この作業が連日続くと、さすがの肝臓も疲れてしまう事に。分解処理能力を超えると、肝臓内に中性脂肪(お腹についた贅肉はほとんどこれだといわれています。食べ過ぎによって増えるでしょう)がたまり、肝硬変(進行性の慢性肝疾患で、肝炎とは違って非可逆的です)やガンなどを患うリスクが高くなるのではないでしょうか。せっかくのお酒も、体を壊してしまったのでは、元も子もないのですね。では、どういう飲み方をすればいいはずですか。始めのうちは、自分のペースで適量を飲むこと。一気にがぶ飲みなどはもってのほかです。アルコール(単にアルコールという場合、お酒を指すことがほとんどでしょう)濃度も、飲む機会の多い人はあまり濃くないものを飲むようにしたいですよね。週に二日くらいは飲まない日を設けることも大切ですね。そして、何よりも大切なのが、楽しく飲むこと。これが一番でしょう。その時に、栄養バランスがとれた肴も一緒に摂取する事を忘れないなさってくださいね。
0
タグ: 肝臓 お酒

2012/2/16 | 投稿者: 肝臓の巧み

肝臓は人体にとって、すごく重要な働きをしています。主な作用としては、栄養素の合成と分解を行い、栄養素の代謝がスムーズにおこなわれるようにする。グリコーゲン(動物デンプンともいわれていて、すぐにエネルギー源になれるという特徴があります)を貯蔵し、血糖をコントロールする。毒物を分解する。胆汁(胆のうに貯蔵されていて、食事の際に排出されます)・血液成分を生成するなどがあげられるでしょう。これらの働きは、肝細胞に存在している数百種類の酵素によって行われていることでしょう。そして、これらの酵素(生物の体内でタンパク質を元にして作られています。全ての生命活動に不可欠な物質です)の働きを支え、肝臓を守っているのが、亜鉛やセレン、鉄、カルシウム、マグネシウムなどと言ったミネラル(人間にとって必要不可欠なのは十六種類です)とビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)類、それに、必要不可欠アミノ酸(体に必要なアミノ酸は20種類あり、そのうちで体内での合成が可能なのは10種類だそうです)です。必須アミノ酸とは、体内では合成できないため、日々の食事から摂る必要があるもので、イソロイシン・ロイシン・バリン・リジン・スレオニン・トリプトファン・メチオニン・フェニルアラニン・ヒスチジンの九種があるんでしょう。以上っぽい栄養素(組み合わせが悪いとせっかく食べても吸収できなかったりするんだとか)を含み、肝臓の機能を高めると言う食材にはどのようなものがありますね。まず挙げられるのが、肉や魚、大豆、卵、乳製品など。これらには良質なタンパク質(極端なダイエットで不足すると、体調が悪くなりますし、見た目もボロボロになります)が含まれており、特に牛肉のレバーはいいと言われています。また、肝臓によい事で知られているのがウコンです。主として、サプリメント(忙しい現代人の必需品、そんな風にいうこともできるかもしれません。)などで摂取します。ほかにも、ゴマに含まれているゴマリグナン、烏賊やタコに含まれているタウリンも肝臓の働きを助ける成分です。当り前ですが、ビタミン(生き物が成長したり、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです)や食物繊維(寒天に多く含まれていることから、寒天ダイエットが流行したこともあります)を豊富に含んでいる野菜(これだけで食生活を構成する人をベジタリアンといったりします)や果物、海(地球温暖化の影響で、少しずつ砂浜が減ってきているそうです)草、キノコ類も積極的に摂りたい食材です。肝臓は栄養素(ビタミンやミネラル、脂質も健康を保つためには、必要不可欠です)をちゃんと摂取することで、機能が改善出来るようになりましたから、バランスの摂れた食事を日々心かけるようにしたいものですよね。
0
タグ: 肝臓 栄養

2012/2/12 | 投稿者: 肝臓の巧み

人間の臓器の中で、一番大きいといわれているのが肝臓です。肝臓は、有害物質の解毒作用や免疫機能(アミノ酸で構成される免疫細胞が畭物などから体を守り、健康を維持しています)作用、生命活動に必要である栄養素である代謝や合成など、人間が生きていくうえですごく重要な働きをしているのです。しかしながら、現代は、ストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)や飲酒(日本人はアルコールを分解する能力が低い人が多いそうです)、食品添加物(調味料や保存料として加える他、香料や着色料など、食欲をそそるために加える物質もあります)の入った食べ物など、肝臓に損傷を与えやすい生活(変わらないことの繭り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)を送っている方がほとんど。どれくらい再生能力のある肝臓と言えども、負担をかけやすい生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)をしていたのでは、肝臓が悲鳴を上げてしまいますよね。そこで、近年注目されているのが、肝臓をケアできるサプリメント(サプリと略されることもありますし、栄養補助食品や健康補助食品などと表現されることもあります)です。様々な成分が配合され、肝臓の機能をサポートしてくれるでしょう。そんな肝臓のサプリメントには、どういうものがあります。
・肝パワー(強いほど弱い人への配慮が必要となるでしょう)Eプラス(ステラ漢方)
・すっぽん小町(ていねい通販(利用する際には、慎重に信頼できるショップを選びましょう))
・セサミEプラス(サントリー(鳥井信治郎さんが明治32年に、葡萄酒の製造販売を行う鳥井商店を創業したのがその始まりだそうです))
・白井田七(サクラフォレスト)
・やずやの香醋(やずや)
・やわたの熟成大蒜卵黄(やわた)
・伝承大蒜卵黄(サンプロジェクト)
・万田酵素(不足しがちな酵素を補うために、万田酵素や大高酵素、玄米酵素などが売られています)(万田発酵)
・熟成爆砕黒にんにく(ユニチカ)
・えがおの黒酢(えがお)
ほかにも、まだまだたくさんあります。特に人気なのが、「肝パワーEプラス」「すっぽん小町」「セサミEプラス」「えがおの黒酢」など。これらはTVコマーシャルで宣伝されていたり、あちこちのメルマガ(配信を代行してくれる業者をメールマガジンスタンドといいます)で紹介されていたりするため、目にする機会が多い商品になるんです。弱った肝臓や疲れた肝臓を治す為には、休養をとることと十分な栄養を摂取する事がポイント。如何しても栄養が偏りがちになってしまいがちな現代人にとっては、サプリメント(体質や体調、服用している薬との相性があるので、慎重に選ぶ必要があります)は健康維持に必須アイテムと言えると思います。特に、健康な肝臓維持の為にはおすすめですよね。
0

2012/2/9 | 投稿者: 肝臓の巧み

コーヒー(焙煎したコーヒー豆を挽いて粉末にして、お湯や水でその成分を抽出した飲み物です)はかつて、「体によくないから、子供(出生率が下がっているといわれて久しいですが、保育園などが少なくて、育児環境が整っていないこともその一因でしょう)には飲ませていけない」等と言われていました。しかし、昨今は、コーヒー(モカ、キリマンジャロ、コナ、ブルーマウンテン、グアテマラなど、色々な種類のコーヒー豆があります)は逆に、身体にいい飲み物という認識(人生経験などによっても大きく左右されます)が強くなっていることでしょう。コーヒー(漢字では「珈琲」とも表記されますが、これは当て字です)の成分は、たんぱく質(三大栄養素の一つで、生きていく上では必要不可欠です)、油分、粗繊維、カフェイン(覚醒作用や利尿作用があり、寝る前に飲んでしまうと睡眠の質が落ちます)、タンニン、有機酸、カフェ酸、クロロゲン酸、ポリフェノール、褐色色素、ニコチン(アルカロイドの一種で、煙草に含まれていることでよく知られています)酸(ナイアシン)、トリゴネリンなどで、?ある薬効成分が含まれているのです。この中のカフェイン(薬を服用していたり、妊娠中には避けた方がいいといわれていますね)に、興奮作用があり、胃を荒らしたり、発ガン性がある事から、コーヒー(ウォータードリップ、ペーパードリップ、ネルドリップ、エスプレッソマシン、コーヒーサイフォン、コーヒープレスなど、淹れ方にも様々な方法がありますね) は体に悪いとされただと言われているのです。でも、それは飲みすぎた場合のこと。カフェイン(鎮痛効果を増すために、風邪薬に含まれることも少なくありません)は、植物界に広く存在するアルカロイド(含窒素塩基性物質)の一種であり、お茶の葉やカカオの種子などにも含まれているものです。カフェイン(鎮痛効果を増すために、風邪薬に含まれることも少なくありません)は、適度の量を摂る分には、体に良い作用を及ぼすことが、近頃の研究でわかってきました。カフェイン(栄養ドリンクにも含まれていることが多いので、成分表記はよく確認した方がいいですね)に害がなけれねなれば、たくさんある薬効成分を含むコーヒー(ウォータードリップ、ペーパードリップ、ネルドリップ、エスプレッソマシン、コーヒーサイフォン、コーヒープレスなど、淹れ方にも様々な方法がありますね) です。どのような効能があるみたいです。
・思考力や集中力(個人差はあるものの、人間が集中できる時間は15分から30分くらいだといわれています)の増加
・呼吸機能や運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)機能の向上
・利尿作用(尿の量を増やしたり、尿の排出を促す作用のことです)
・強心作用
・消化促進
・二日酔い改善(アセトアルデヒド(独特の臭いと刺激性があり、工業製品の原料などにもなります)排泄促進)
・血行促進作用
・抗活性酸素(過酸化水素、スーパーオキシド、一重項酸素、ヒドロキシラジカルなどの総称をいいます)作用
・コレステロール(適度な運動もコレステロール値を減らすためには有効だといわれています)抑制作用
アセトアルデヒド(お酒を飲むと体内で生成されてしまいますが、タバコの煙や自動車の排気ガスにも含まれているのだとか)の排泄を促進させ、二日酔いの改善に役立つ働きをしてくれるのが、カフェイン(薬を服用していたり、妊娠中には避けた方がいいといわれていますね)です。それに、ポリフェノールにも飲酒(日本人はアルコールを分解する能力が低い人が多いそうです)による肝臓の負担を軽減する働きを持っていて、これらは肝臓にとって非常に助かることと言えるのです。その上、抗活性酸素(細菌などを撃退する働きがあるのですが、増えすぎると細胞を直接的、間接的に傷つけてしまいます)作用によって、過酸化脂質(大きく分けると、単純脂質、複合脂質、誘導脂質などに分けられます)の発生を抑制することで、肝臓ガンや消化器官のガンの予防だと言われているのです。以上みたいなことを踏まえると、コーヒー(カフェインの作用により、覚醒効果があります)は肝臓にいい飲み物といえるのです。とはいっても、それはあくまで質の良いコーヒーを飲んだ場合のことを言います。勿論、飲みすぎは逆効果。良質のコーヒー(焙煎したコーヒー豆を挽いて粉末にして、お湯や水でその成分を抽出した飲み物です)を適度に飲む。これが肝臓にいいコーヒーの飲み方と言えるでしょう。
0
タグ: 肝臓 コーヒー

2012/2/5 | 投稿者: 腎臓の巧み

この頃では、国内だけでも約2000万人が腎臓病(糖尿病や膠原病などの病気が原因となって併発することも少なくありません)予備軍だとされていて、新たな国民病(日本の場合には、肩こりや?痛、花粉症や糖尿病などが代表的でしょう)とまで腎臓病(糖尿病や膠原病などの病気が原因となって併発することも少なくありません)は呼ねれているのです。では、どういう検査を行えば、腎臓病(糖尿病や膠原病などの病気が原因となって併発することも少なくありません)を発見出来るのでしょうか。一般的には、血液検査と尿検査(生理中は潜血が混ざってしまうので、避けた方が無難です)を行えば、腎臓病(糖尿病や膠原病などの病気が原因となって併発することも少なくありません)かどうか判断できるかも知れませんね。この二つの検査を行った結果、腎臓病(糖尿病や膠原病などの病気が原因となって併発することも少なくありません)だといった疑いが高いと、腎生検(千人に一人の割合で輸血が必要となり、一万五千人に一人の割合で死亡することもあるそうです)を行う場合もあるそうです。血液検査を行う際、腎臓は3つ項目を検査すれば、ある程度のことはわかるとなるんです。まず、1つ目が、「クレアチニン(老廃物の一種で、クレアチンリン酸が筋肉へエネルギーを供給する際に分解されて代謝産物としてできます)」。クレアチニン(尿中の濃度の正常値は、男性が20〜26mg/kg/日で、女性が14〜22mg/kg/日です)はアミノ酸(健康な体を維持するのに必要なアミノ酸を必須アミノ酸といいます)の一種であり、腎臓機能が低くなってしまうと、この項目の数値が高まるでしょう。腎臓が正常に機能していれば、濾過され、吸収されずに尿とともに体外へ排出されるのです。でも、腎臓機能が低下してしまっていると、血液中にクレアチニン(老廃物の一種で、クレアチンリン酸が筋肉へエネルギーを供給する際に分解されて代謝産物としてできます)が溜まってしまって、その結果、数値が高く出てしまうのです。しかし、クレアチニンは筋肉量で数値が左右されてしまいますから、男性と女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)で差が出てしまったりもします。それに、高齢者の人が数値が低く出てしまう傾向にありますから、軽い腎臓機能障害では正確な判定が出来ません。そこで、年齢や性別なんかの条件をかけ合わせて、正確に数値を測定可能な項目が、「eGFR」と思っているのです。さらに、3つ目が、尿酸窒素であるBUNです。尿酸窒素は、クレアチニン(尿中の濃度の正常値は、男性が20〜26mg/kg/日で、女性が14〜22mg/kg/日です)と同様で腎臓機能が低下してしまったら、ろ過できなくなり、血液の中に蓄積されていくんです。従って、腎臓機能に障害があると高い数値を示すのですよ。ただ、腎臓機能障害以外に、タンパク質(ボディビルダーなどはプロティンで補うこともあるでしょう)の過剰摂取や甲状腺機能亢進症などの時にも高い数値を示します。腎臓病(大きく分けると、腎臓内科で扱う疾患と泌尿器科で扱う疾患に分けられるでしょう)かどうかを判断する際に、最も簡単な検査方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)であるのが尿検査(市販されている尿検査紙を使うと、自分でも簡易的な検査を行うことが可能です)です。尿検査では、尿中のたんぱく質(良質のたんぱく質をとると、健康の維持に繋がるのはもちろん、ダイエットにも効果的でしょう)の有無や赤血球(毎日、骨髄で2000億個くらい作られて、120日ほどの寿命を終えると、脾臓や肝臓で分解されます)のあるなしを検査します。
0
タグ: 腎臓 検査

2012/1/29 | 投稿者: 腎臓の巧み

今の日本の新しい国民病(その国によって、畭なる疾患が該当するものです)ともいわれている慢性腎臓病(2002年に、米国腎臓財団が提唱した概念です)。慢性腎臓病(蛋白尿が出たり、腎臓の機能が60%以下に低下した状態が続くことを指します)という言葉を聞いた事がある方はかず多くいらっしゃると思いますが、今回は少し詳しくご説明しましょう。慢性腎臓病は、Chronic Kidney Disease、略してCKDなどとも呼ばれていらっしゃるでしょうね。初期の頃には自覚症状がなく、近頃変だな?と思い始めた頃には病気(先天的なものも少なくないでしょう)が進行している状態である事が殆どのようです。血液検査(血液を検査して健康状態を調べることをいいます)や尿検査(生理中は潜血が混ざってしまうので、避けた方が無難です)を受ける事で、この病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)が判明するパターンが多いものです。もし、仕事がそれ程忙しくないのに、体がいつもだるかったり、頻繁に貧血(赤血球やヘモグロビンの量が減り、血液が薄い状態をいいます)状態になったり、むくみ(浮腫みと表記しますが、浮腫・ふしゅということもあります)を感じるようであれば、一度病院で検査をなさってください。血液検査をする時にGFR(腎臓機能の働きを示す項目)の数値が低下していたり、尿検査(正確に診断するためには、排尿途中の中間尿を採る必要があります)でたんぱく尿が出たりすると、慢性腎臓病(蛋白尿が出たり、腎臓の機能が60%以下に低下した状態が続くことを指します)を疑うことになります。慢性腎臓病(2006年6月に設立された日本慢性腎臓病対策協?会が認知の向上に努めています)の主な要因として、糖尿病や高血圧(血圧が正常の範囲より高い状態が続くことをいいます)が挙げられます。では、慢性腎臓病(継続して腎臓の機能が低下していたり、腎臓に障害が起きている状態をいいます)と診断された場合、どのくらいの治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)を行っていくのでしょうか。実は、慢性腎臓病(2006年6月に設立された日本慢性腎臓病対策協?会が認知の向上に努めています)を完治させるような薬はまだ開発できていないのが現実です。薬物治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)で行う事の出来るのは、進行を遅らせることのみです。慢性腎臓病(継続して腎臓の機能が低下していたり、腎臓に障害が起きている状態をいいます)の原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)が、糖尿病(改善するには、食生活の改善と運動、時には、薬物療法も必要でしょう)であれば血糖値(食後には上昇します。なるべく上昇させないことが大切だと考えられています)を低下させる薬を投与したり、高血圧であれば血圧(ストレスを感じていると上昇し、リラックス時にはやや下がるそうです)をコントロール(スポーツなどではひたすら練習することで身につくはずです)するような薬を投与します。薬物治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)の他に重要なのが、食と言うことなのです。腎臓病の場合、注意しなくてはならないのが、塩分とたんぱく質(三大栄養素の一つで、生きていく上では必要不可欠です)。腎臓病にとって、塩分とたんぱく質(良質のたんぱく質をとると、健康の維持に繋がるのはもちろん、ダイエットにも効果的でしょう)を制限することがすごく重要ななのです。でも、だからって、全く摂取しないとなると栄養が不足してしまう為、上手にコントロール(特に精神を制御するのが難しいといわれていますね)しなくてはなりません。
0
タグ: 腎臓

2012/1/22 | 投稿者: 腎臓の巧み

現代の食習慣は昔とは違い、塩分の摂取量が非常に高くなったため、腎臓病(糖尿病や膠原病などの病気が原因となって併発することも少なくありません)を患っている患者(病気に感謝できるようになると、克服できるとよくいわれます)さんが多いと言われています。腎臓は肝臓と同様、人間に取って、とっても重要な役割を果たしている臓器になるでしょう。腎臓には、三つの大きな役割があるんでしょうか。まず、1つ目は、老廃物(代謝などによって生じた体にとって不必要なものです)のろ過と排出です。ろ過と排出とひとくちにいっても、理解するというのはむつかしいはずですが、実は、腎臓が全身をめぐっている血液の老廃物(代謝などによって生じた体にとって不必要なものです)や毒素(五大有害重金属と呼ねれている鉛、水銀、カドミウム、アルミニウム、ヒ素が毒素として代表的です)を除外するためのろ過作業を行い、血液の浄化を行っているのです。ろ過されて老廃物(体の中のいらないものです)や毒素(一般的には、食品添加物やヒ素、鉛などの有害なミネラルを指すことが多いでしょう)は尿と共に体外へ排出されるためすが、腎臓機能が低下してしまえね、このろ過と排出が上手くいかなくなり、体の中に蓄積されてしまうのです。腎臓では、一日に約150リットルの血液を浄化していると言われているのです。そして、2つめが、体液や電解質の調節を行っていることです。電解質とは、主にナトリウム・カリウム・リン・カルシウム(リンや塩分をたくさん摂ると吸収が阻害され、ビタミンDと一緒に摂ると吸収率がよくなります)・マグネシウムなどのことをいうんですが、この電解質が人間の体に取って、必要なものになるはずです。勿論、体液(水分(あるものに含まれている水のことです))が重要なことは皆さんも知っているものです。でも、この体液と電解質は多過ぎてもダメですし、少なすぎてもダメになりますよね。この2つのバランスを上手く保つ役目を担っているのが腎臓のですね。3つ目が、ホルモンの分泌と調節を行っていることです。赤血球(その名の通り、赤い色をしていて、両面の中央がへこんだ円盤状です)を作り出したり、骨の発育維持と言う重要な機能を滞りなく行うために、腎臓が直接ホルモンを分泌して調整しているのです。
0
タグ: 腎臓

2012/1/14 | 投稿者: 腎臓の巧み

腎臓は尿を作って体外へ排出させるためのだけの臓器だと思われ易いですが、実は血圧(一般的には、動脈の血管内の圧力をいいます)を調整していたり、ホルモンを分泌するなど、人間が生きていく上で重要な役割を担うようですね。そんな腎臓とは言え、ちかごろでは腎臓病(たくさんの種類がありますが、腎炎が最も多いといわれています)が生活習慣病(近年では子供や若い人でも発症しているのだとか)だと言われるようになりましたよね。では、腎臓病(腎炎や慢性腎不全、腎結石、腎癌、ネフロ−ゼ症候群などが代表的でしょう)の原因って一体何なのでしょうか。腎臓病(たくさんの種類がありますが、腎炎が最も多いといわれています)といって種類(自分がどれに当て嵌まるのかを知ることも時には大切かもしれません)は様々あり、先天的な物で生まれ持って腎臓機能に障害を抱えている方やウイルス感染で腎臓病(たくさんの種類がありますが、腎炎が最も多いといわれています)を発症することにいたった方もいらっしゃいます。しかし、大抵の腎臓病の患者(病気に感謝できるようになると、克服できるとよくいわれます)さんは、生活習慣(主に、食生活や運動量、睡眠時間、喫煙や飲酒などの習慣を指します)に問題があるといっても過言では無いでしょう。常日頃から塩分を過剰に摂取していないですか?忙しいからといって、運動不足であったりしてないですか?誰しもが当り前のようにかんがえていることが、腎臓病を引き起こす原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)だといわれているのです。上記に記載したこと以外にも、肥満であったり、常に過剰なストレスを受けたりしていることでも、腎臓病は発症するのです。腎臓は臓器の一部が少し障害を起こしている程度では、なかなか症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)をあらわしないのです。却って、むくみや高血圧(血圧は高くても自覚症状がないことが多いので、意識して定期的に計る必要がありますね)なんかの自覚症状が現れた頃には、かなり病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)が進行していては考慮しても良いくらいです。腎臓病(大きく分けると、腎臓内科で扱う疾患と泌尿器科で扱う疾患に分けられるでしょう)にかかり、改善もせずに放置してしまったりすると、人工透析(一般的には、腹膜透析、もしくは、血液透析が行われますが、どちらを選択するかで食事制限やタンパク質の喪失量など、体に対する影響がかなり畭なります)を受けなくてはいけなくなったり、心筋梗塞(虚血性心疾患の一種です)や脳卒中(日本の死亡原因第三位で、150万人くらいの患者がいるといわれています)にかかるリスク(時にはあえてそれを承知でトライする必要があることも)も高くなってしまうみたいです。ですから、日常から塩分を取り過ぎないように心がけたり、適度な運動を行って肥満にならないような努力をするなど、生活習慣病にかからないようにする努力が必要になるのです。その上、早期発見するためにも、まめに尿検査を行いおくのも効果的な方法の一つと思っています。


ネットショップは数あれど楽器関係のショップはそう多くないですがここのエフェクターショップは安さと品揃え、なかなかですので、興味がある方覗いてみては?。
0




AutoPage最新お知らせ