凖夜勤について  看護師:凖夜勤

病院で働く看護師は、交代で勤務しています。ほとんどの場合がシフト制で、2交代制または3交代制で勤務しているのです。3交代制の場合、日勤・凖夜勤・深夜勤の3つに分けられます。病院によって時間に違いはあるかもしれませんが、日勤は8時半〜16時半・凖夜勤は16時半〜0時・深夜勤は0時〜8時半といった感じで交代で働いているのです。

2交代制の場合は、日勤と夜勤の2つしかありません。3交代制のように凖夜勤がない分、夜勤の看護師の勤務時間がとても長くなってしまうのです…。看護師の仕事はとてもハードなので、長時間の勤務は負担も大きいです。また、夜働くということは身体が辛いですし、患者さんが急変しやすかったり、救急の患者さんが運ばれてくるなど、日中以上に大変なことが多いのです…。

しかし、3交代制は凖夜勤があるので、深夜勤の看護師の負担が少しは軽減されます。その分、勤務の回数が多くなってしまうので2交代制にくらべると休みが取りずらくなってしまうというデメリットもあります。休みが多いけど勤務時間が長いか、勤務時間が少ないけど休みが少ないか…。どちらのほうが良いのかというのは、難しい問題かもしれませんね。

0

看護師の英語求人  看護師:英語求人

看護師の方の中に、英語を活かしてお仕事がしたいとお考えの方はいらっしゃいますか…?
英語が得意な方であれば、看護師の仕事をしながら英語を活かして働くことができればとても良いですよね。

英語を活かせる看護師のお仕事は、あまり数多く出回っていないのですが、全くないわけではありません。どのようなお仕事があるのかというと、添乗看護師・外資系企業でのお仕事・ホテルや空港などの医務室・外国人が多く住む地域の病院やクリニックなどが挙げられます。

こういった求人を見つけたとき、よく目にするのが「TOEIC」ということば。これは、日女会話程度の英語がどれくらい話せるのかを点数で表すものです。英語を活かして働くお仕事の勤務先では、このTOEICの点数で看護師の採用を判断することが多いようですよ。特に、外資系の企業ではTOEICの点数を重視するようです。ぜひ、覚えておいてくださいね!!

また、英語を活かして働ける看護師求人を見つけることは簡単ではありませんから、転職支援サービスなどを利用して求人を探すことをおすすめします。

詳しい情報は、看護師英語求人webをご覧になってください。

また、Dai job.comというサイトでは看護師の英語を活かして働ける求人の掲載をしていますので、ぜひ参考にしてみてください。
0




AutoPage最新お知らせ