2011/2/12 | 投稿者: 松原清

ドラム式の良い点は、
使用水量が少ない。
洗剤使用量も少なめで済む。
たたき洗いは、水流で洗う縦型よりも衣類の傷みが少ない。
洗濯物容量が大きいタイプが多い。
洗濯物が絡まないので、取り出しやすい。
乾燥機能を使えば、ふんわりやわらか。
マイナス面は、
容量が大きいため、手洗いしたものを脱水だけしようとすると、少量の洗濯物では動かない。
トイレや足ふきマットなどは洗濯可でも、たたき洗いだとパイルが抜け落ちやすくなり、不向き。
洗濯途中ではドアを開けれない。
サイズが大きいので、設置場所をとる。
(特に日立のビッグドラムは横幅が他のメーカーのものより10pほど大きいので要注意)
値段が高い。(最近は10万以下のものも出てきてはいますね)
とまあ、一長一短ではありますが、
私の場合、毎日使うことを考えて、
使用水量が少なくて、衣類の傷みも少ないドラム式にしました。
次、買い換えるとしても、おそらくドラム式を買うと思います。
あとは、個人の価値観と生活スタイルの違いによって、どちらが良いかは変わるでしょう。
全然、関係ないし・・・
6日から7日にかけて2度目の宿泊体験に行ってきます!
前回は冬だったので今回は夏場のi-cubeを体感してきます!
(建てるのはセゾンなんですが(汗)汗)
ちっさwww
雑談ブログなんだからいーじゃんね〜
今ブリアールで建設中で11月下旬に引き渡しですわーい(笑
住宅型エコポイントですが、時期がギリギリなので、予算の関係上もらえないかもといわれました。
でも、他の住宅メーカーでは、今から建てても間に合うってうたってますよね?
ホントにもらえなかったら、悲しいです。
うちは今年中なんて間に合わないから諦めてたんですけどね(笑)
ガセネタってことはないですよね?
新聞に家電も住宅も延長って載ってましたよ!
確か3月まで。
ころころ変わるからわかんないけど、日銀だから大丈夫かな?
対象になるといいですね
エアコンの話題が少し前にありましたが、確かに高気密の家なのでエアコンの効き目はすごくいいように感じました。近所の工務店
ただ、長野県という土地柄ですので、2階の寝室と子供部屋にはエアコンいらないだろうとつけなかったんですが、さすがに今年の猛暑には参りました。
エアコンの計画は室外機の設置の計画などもあり、できれば設計段階から目っ密にやったほうがよかったのかな、と思いました。
住宅も延長になるんですねグッド↑
30万は、大きいですよねわーい(笑
半ば諦めてましたたらーっ(汗)






工務店はここをオススメ↓↓
http://www.koumu10.net/
0

2011/1/29 | 投稿者: 松原清

シャッターは日差しが気になる部屋だけ、夜は、1階の部屋だけシャッターをすれば良い気もします。
(最近は、1階の部分だけシャッターを付けている家も多いです。)
長々と書いてしまいましたが、「自慢のマイホーム」のブログックに我が家の写真をいくつか載せています。
111番には外構の写真がありますので。よろしければ参考にして下さい。
外門は鍵が掛けられますが、柵は私でも乗り越えられるので砂利を敷きつめました(汗)汗
道路沿いが水周りです。
1階の吐き出し窓二つに、道路からの視線が気になるので
電動シャッターを付けました。
今年は西日がきつく、シャッター閉めた途端、エアコンの効きが
よくなります♪
さすがのの窓でも、さえぎれない今年の日差し晴れ
恐ろしい・・・。
9月着工予定のものです。
間取りもおおむね決まり、床の色をミディアム(濃い茶色)、壁の色を白系にすることにしました。
床をミディアムにすると、部屋が落ち着いた感じ、悪く言えば暗い印象になりがちなので、他の部分で明るい雰囲気にしたいと考えています。
そこで、2点質問があります。
1、床をミディアムにした場合に、窓枠を白にするのはアリなのか?
2、キッチンの色は何色が合うのか?白はアリなのか?
を実例を添えて教えていただけたらと思います。
(可能なら写真もあると嬉しいです。)工務店 検索
やっぱり、窓枠も茶色にするのが無難なのかなぁ…?

入居前の写真ですが、よろしければ参考にして下さい。
我が家のLDKの写真です。
どんな色でもしっくり来ると思いますよ♪
窓枠と壁紙は白にしました。
床はミディアムですが、和風「円熟百年の家」なので、フローリングは和風用となっています。
(木目の幅が広く、長さもあります。)
キッチンの色は「ピアノ・グリーン」です。

度々すみません。
2階は洋風用のフローリングなので、そちらの写真も貼っておきますね(⌒∇⌒)
窓枠と床の色は、こちらの方が分かりやすいかしら?
1枚目・・・寝室
2枚目・・・子供部屋






工務店はここが対応が良かったです
http://www.koumu10.net/
0

2011/1/28 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ