心理カウンセラーに英語は必要?  

心理カウンセラーの仕事をする時に実際に英語が必要ということはないようです。
コチラが参考になります。⇒心理カウンセラーになるには
英語を話す人に対するカウンセリングを行わなければ必要がないことでしょう。

しかし、心理カウンセラーの技術を身に付けるために大学に進学し、心理学を学ぶ人もいることでしょう。
そうなると、大学に進学するために英語が必要ということになります。

また、心理カウンセラーとして学校や企業で仕事をするためには、臨床心理士などの民間の資格を取得しておくと有利です。
この資格を得るには、日本臨床心理士資格認定協会が指定する「臨床心理士指定大学院」で勉強を積む必要があります。

大学院を受験する時に英語が受験科目として必要となってくるのです。
大学院受験の英語に対応するためには、基本的に大学受験のために勉強した英語をもう一度思い起こすべきです。

英語の学習から離れて久しい人は、現在の自分がどの程度の英語力なのかを把握しましょう。
基本さえ忘れている人はそこから学習を始める必要が出てきます。

長文を読み取る力が要求されますが、そのためには文法や単語を思い出さなければいけません。
また、大学院で学習をする時には、英語の文献を読むことがあります。

このように、心理カウンセラーは資格を取得するために進学したり学習をする時に、英語が必要となることがあるのです。
0




AutoPage最新お知らせ