2013/3/31

スワップ金利  

よく聞く話ですが、どうでしょう?
たとえば日本の金利が1%、購入する外貨の発行国の金利が5%の場合、両国の金利差である4%がスワップ(スワップ金利)として入ってきます。外国為替証拠金取引(FX)の醍醐味であるレバレッジ効果は、このスワップ金利にも影響してきます。外国為替証拠金取引(FX)のスワップ(スワップ金利)とはなんでしょうか?一言で言えば、スワップとは金利差です。FXでは、金利の安い通貨(例えば、日本円)を売って、金利の高い通貨(例えば、豪ドルや米ドル)を買っているときに、その金利の差額分の受取が発生します。例えば、円の金利が1%とドルの金利が5%の場合、円金利に相当する1%分を「円買い、ドル売り」をしている投資家に渡します。そして、ドル金利に相当する4%分を「円買い、ドル売り」をしている投資家からもらう事ができます。外貨証拠金取引(FX)ではスワップ(スワップ金利)というものが発生します。普段聞かない言葉ですが、これは取引する通貨ペア間の金利差を受け取ったり、支払ったりする制度です。 通貨はその国の政策によって金利が違っており、金利の少ない通貨で金利の多い通貨を買うと利子が受け取れます。金利の高い通貨を売って、金利の安い通貨を買う場合には金利の支払いが発生します。近年では、日本の円金利よりも、海外の外貨の金利の方がすっと高い状況が続いていることから、外貨の買いポジションの場合には、スワップを受け取ることができるのです。外国為替証拠金取引(FX)を活用し、レバレッジを3〜5倍程度かけることで、スワップ金利は10〜20%にもなります。インカムゲイン重視で長期的に投資されるのであれば、FXは強力な武器になります。
便利になってるもんですね〜
0

2013/3/31

(無題)  

昨日聞いた話ですが、
外国為替証拠金取引(FX)は持っている間、利子がつきます。利子は毎日、毎日ついてきます。持っている間中、毎日ついてきます。しかも金利の利率が高いため、利子(スワップ金利)が高くつきます。
外国為替証拠金取引(FX)は利子(スワップ金利)で儲けることができます。金利が高い国があったり、低い国があったり、各国通貨の金利はそれぞれ違います。スワップは、金利の低い通貨から金利の高い通貨を買った場合、その金利差(スワップ)が収入としてもらえます.外貨証拠金取引(FX)ではスワップ(スワップ金利)というものが発生します。普段聞かない言葉ですが、これは取引する通貨ペア間の金利差を受け取ったり、支払ったりする制度です。 通貨はその国の政策によって金利が違っており、金利の少ない通貨で金利の多い通貨を買うと利子が受け取れます。例えば、円の金利が1%とドルの金利が5%の場合、円金利に相当する1%分を「円買い、ドル売り」をしている投資家に渡します。そして、ドル金利に相当する4%分を「円買い、ドル売り」をしている投資家からもらう事ができます。外国為替証拠金取引(FX)では、証拠金を基にして外貨を買っているように思われていますが、実は外貨を買うと同時に円を売っているのです。円を売っていて、ドルを買っている為、売っている通貨の金利を支払い、買っている通貨の金利をもらう、という義務と権利が生じます。これを「スワップ」といいます。仮に1ドル=100円の時に1万ドルで取引を始めます。円とドルの金利差が年3.5%の場合、1年間保有したとします。売却するときに、同じように1ドル=100円であった場合、3.5万円が手元に利子として入ってきます。
ってそんな事の知ってましたか?
クレジットの海外保険
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ