2013/4/8

大好きなアーティストは人生でどん  

大好きなアーティストは人生でどんな音楽を聴いてきたのか? そして、その音楽とどのように出会ってきたのか? 様々な音楽が溢れている現代では、その曲自体の情報よりも、むしろその曲を誰が好きで、誰から伝わってきたのか、パーソナルなつながりや思い出の方が強い意味を持っていたりもする

【もっと写真を見る】

ミュージシャンとしてSAKEROCK、在日ファンク、Newdayという3つのバンドに在籍し、俳優、タレントとしても多忙を極めるハマケンこと浜野謙太の音楽人生は、まさにそんな人との出会いから音楽を知る体験の連続だった今回、SNSを通じて、色々な人たちのお気に入りの音楽を試聴することが出来るiPhoneアプリ「ATTACCA」を使って、ハマケンがリストにしてくれたのは「人から教えてもらった、お気に入りの音楽」それは、ハマケンがハマケンでいられる理由を作ってくれた様々な人たちとの出会いと、渋くて明くて笑える魅力に満ちた素敵な音楽の数々だったハマケンのこれまでをたどることの出来る自伝ともいえる曲リストを元に、お話をおうかがいした

■僕は学校の発表会でクラプトンを歌ったことで、それ以来、人気者になったんです(笑(写真:マイナビニュース)

映画『ソーシャル・ネットワーク』の脚色を手掛けたアーロン・ソーキンが企画・製作総指揮の米ドラマ『ニュースルーム』が、4月8日からWOWOWで放送される同ドラマは、アンカーのウィル・マカヴォイを中心とする番組スタッフが、世界中の事件・事故の真実を伝える本物のニュース番組を作ろうと奮闘するヒューマンドラマどのようにニュースを伝えるかというスタッフたちの白熱した議論や情報収集のスピード感、生放送の緊迫感といったニュースの裏側を垣間見ることが出来る作品となっているそこで、主人公・ウィルの日本語吹き替えを演じた、声優で俳優の郷田ほづみと日本語版制作の杉本理子ディレクターに話を聞いた

――『ニュースルーム』は、どのようなドラマでしょうか?

杉本D「番組を作るスタッフたちのニュースルームでの戦いがあって、それをもとに生放送を作り上げていくというドラマですリアルタイムで起こっている事象をニュースにしていくという中で、ウィルを含めたニュースのプロたちが、色んな選択をして葛藤をする観ている人も一緒にニュースルームにいる様な感覚になる怒涛の会話劇が見どころです」

――ウィルを演じた感想を教えて下さい

郷田「アメリカ人ってどんな真面目な会話でも必ずジョークを挟むんです知的だし素敵で、オシャレだなと思います吹き替えの台詞なんですが、日本語は言葉数が多いので吹き替えの台詞が英語より長くなるんですねただでさえ、早口の台詞が多いのにそれ以上に早く言わなきゃいけないし、感情表現もしなきゃいけないので、毎回苦労してるし緊張しますこれだけのスピードで怒鳴り合って収録しているので、他の現場に行くとほっとしますね(笑)」

――ウィルの台詞量はとても多いですね

郷田「いつもの2〜3倍練習していますが、噛んだりとかはしょっちゅうです1話分が長編映画の台詞量とあまり変らないんですもうかなりやったような気がしますが、『えっ、まだ3話!?』みたいなまだ、5話分しか撮ってないけど、レギュラーの出演者たちとずっと一緒にシリーズをやっているような、戦友のような雰囲気になってます」

――怒鳴る事が多々あるもスタッフから慕われるウィルは、どんな人物でしょうか?

郷田「ウィルはみんなから尊敬されて引っ張っていく人だけど、完璧な人間なんていない(元彼女の)マッケンジーの事をものすごく引きずってる所があるじゃないですかそういう憎めない部分、不完全な部分があるからとても人間らしい頭が良くて仕事が出来て判断力があって、尊敬すべき点があるんだけど、ダメな部分もあるところが魅力的僕としては、いつか、マッケンジーとの恋が成就して欲しいですけどね」

――番組を支えるメンバーの中で、気になる人物はいましたか?

郷田「チャーリーのような年寄りになりたいですねお茶目で可愛い、愛される老人になりたいなと僕も将来、蝶ネクタイをすることにしました(笑)」

――最後に、視聴者の方にメッセージを

杉本D「いやがらせかと思うくらいの台詞の応酬がすごくて、観ていてゾクゾクすると思う生のニュースを伝えるという緊迫感、スピード感のあるストーリー展開と、ウィルの『何てこの人は凄いんだ、何てこの人は脆いんだ』というところに注目して欲しい」

郷田「僕の立場としては、是非吹き替え版で!と言いたいですね作品によっては字幕で観た方が良いと思うものもあるし、『刑事コロンボ』や『奥さまは魔女』なんかは僕は絶対に吹き替えで観るんですけどこの作品は字幕だと台詞量が多いので、ちゃんと表情も観た方が楽しいし、面白くなるように我々も頑張っていますので、是非吹き替え版でドラマを楽しんで欲しいですね」

ドラマ概要
米ドラマ『ニュースルーム』は、映画『ソーシャル・ネットワーク』でアカデミー脚色賞を受賞し、エミー賞のドラマ・シリーズ作品賞を4年連続受賞したドラマ『ザ・ホワイトハウス』にも参加したアーロン・ソーキンが企画・製作総指揮を務めたヒューマンドラマそれは、ハマケンがハマケンでいられる理由を作ってくれた様々な人たちとの出会いと、渋くて明くて笑える魅力に満ちた素敵な音楽の数々だったルイヴィトンバッグそれは、ハマケンがハマケンでいられる理由を作ってくれた様々な人たちとの出会いと、渋くて明くて笑える魅力に満ちた素敵な音楽の数々だったルイヴィトンバッグ 2013それは、ハマケンがハマケンでいられる理由を作ってくれた様々な人たちとの出会いと、渋くて明くて笑える魅力に満ちた素敵な音楽の数々だった財布 人気 女性
0

2013/4/8

◇セ・リーグ DeNA2−1  

◇セ・リーグ DeNA2−1ヤクルト(2013年4月5日 神宮)

 外国人選手初の金字塔まであと1本重圧がないはずがないそれでも試合後はいつもの陽気なDeNAのラミレスだった

 「あした1本打つだけねバントして走るまだまだ若いよ(足は)大丈夫!」

 開幕3連戦で4安打と順調にカウントダウンに入ったが、最近2試合は無安打だが、かつての本拠地・神宮で2安打と復調した

 4回1死一、二塁では平井の直球にバットを折られながら右翼線に先制打12打席ぶりの安打が通算1998安打「直球を狙っていてバットを折られたちょっと年かもねこれ秘密ね」とちゃめっ気たっぷりに振り返った6回2死二塁で敬遠気味の四球で荒波の勝ち越し打につなぎ、8回に中前打を放って偉業に王手をかけた

 初来日した01年から7年間ヤクルトでプレーしたラミレスにとって、日本の自宅マンションからも見える神宮は特別な球場だ「自分のキャリアがスタートした球場2000本目前で戻ってこられてうれしいいろんな思い出が頭をよぎったよ」古巣の多くの選手が今も慕ってあいさつに訪れるこの日は球団マスコット20年目を迎えたつば九郎まで近寄り、「アイ〜ン」「ゲッツ!」など、かつてのパフォーマンスを競演した

 神宮は記録達成の舞台としては申し分ないただ午後2時試合開始の6日は、天気予報で東京は正午から午後6時までの降水確率が60%、翌7日午前まで雨予報となっている6日達成の意気込みを問われると、日本語で「中止あさって(7日)も(天気が)悪いでしょ(9日からの)横浜でね」そうひとしきり笑った後、「あした、必ず打ちます」と力強く宣言した

 ▼DeNA・中畑監督(ラミレスについて)もう大丈夫あした、すんなり(2
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック
Facebook

矢部浩之 幼少期に憧れた女性は、青木アナそのものだった
女性自身 4月6日(土)7時0分配信
3月27日、矢部浩之(41)と青木裕子(30)が、都内の区役所に婚姻届を提出した本誌は、これまで公にされなかった秘話を入手実兄の矢部美幸氏(43)が執筆した自伝的小説『矢部家』(光文社刊)の未掲載原稿を読むと、なぜ矢部が青木を選んだのか、よくわかる理由が綴られていた

《よく行く雑貨屋に、すらっとしたキレイなお姉さんがいたそのお姉さんは、いつもいるわけではなく、土日の当番のようだった僕ら2人の憧れのお姉さんだ》(『矢部家』未掲載原稿より・以下同)

ある日、その雑貨屋に外人がやってきて、矢部兄弟の前で、そのお姉さんに話しかけたすると、お姉さんは、「ナイス・トゥ・ミーチュー!」と流暢な英語をしゃべり始めたという

《「英語や!」ひろゆきと僕は、顔を見合わせた(略)「めっちゃ憧れるわ〜」ひろゆきも僕も、幼心に憧憬をさらに強く抱いたキレイなだけじゃなくて、頭もよく、しかも、英語がペラペラなのだそれ以来、僕らの口癖は「ナイス・トゥ・ミーチュー!」になった》

“英語を話せる、すらっとしたキレイなお姉さん”――これはまさに青木裕子そのもの青木は埼玉の名門・浦和第一女子校を卒業後、慶應大学に進学し、『ミス慶應』の栄冠に輝いたそして、6カ国語を操るともいわれる才媛なのだから――

 「あした1本打つだけねルイヴィトンバッグ 2013

 「あした1本打つだけねルイヴィトンバッグ

 「あした1本打つだけねルイヴィトン 通販
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ