2012/9/28 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0

2012/9/28 | 投稿者: happy001

脱毛症で若い男性が悩んでいる人が少なくないようです。
男性ホルモンの影響により、男性は女性より体に生える毛が多く、頭の毛が少なくなりがちです。
それ自体は避けようがない体質の話です。
加齢とともに髪が薄くなっていくことも、体質や遺伝によるものなのでなかなか予防や治療ができない面もあります。
特に最近は、若い世代で脱毛症に悩む人が多いとか。
部分的に髪が生えてこなくなる円形脱毛症はストレスなども大きく関係しています。
症状がひどくなる前に皮膚科に行くことも、脱毛症の対策になります。
年を取ると頭のてっぺんから薄くなってきたり、前髪のかさが少なくなった場合、それは病気ではなくただの老化です。
頭頂を中心に体全ての毛が段々となくなっていく状態を、病院では老人性脱毛症だといいます。
薬の中には、副作用で髪が抜け落ちるというものがあります。
抗ガン剤などは使うのをやめると脱毛症の副作用もなくなります。
特定の思い当たることなく、若いうちから脱毛症になってしまうと、そのことが気になって何かと支障が出ることがあります。
アジアの人は欧米と比較すると、脱毛症になると外見的な支障が大きいと考える人が多いため、脱毛症を気にする人が大勢いるとされています。
社会的な価値観などの影響も受け、日本では脱毛症に関する商品の販売やサービスも盛んに行われています。

ここはすごい
0




AutoPage最新お知らせ