お引っ越し  

今年も、いろいろとお世話になりました。

なんやかんやで初めてブログを閉じて再スタートしたわけですが、今から思えば別に閉じる必要もなかったな、なんて思ってます。でも、ま、テンション低いままつうのはあいかわらずだったでしょうけども。

で、恒例お引っ越しです。今回はいつも使用しているTEACUPがなぜか新規ブログをつくらせてくれないので、これまた初めて別のサイトでブログを開設しました。まだまだ使い慣れてないのでなにかと面倒です。

IN THE COURT OF THE NAKED KING 〜湖の畔で后と暮らしている〜 2014年編
http://ahoahofufu.blog.fc2.com/

気がむいたら覗いてみてください。 ほんじゃ、また。

0

A LONG VACATION  訃報

まさか、年末に訃報を聞くことになるとは。

ミュージシャン、音楽プロデューサーとして活躍し、日本のロックシーンに大きな影響を与えた大滝詠一(おおたき・えいいち、本名大滝栄一)さんが30日夜、解離性動脈瘤(りゅう)のため病院で亡くなった。65歳だった。

私は彼の熱心なファンではない。特にここ数十年自分の作品のリマスターばかりで「とっとと新しい作品だせよな。」なんて思っていた。万全を期して素晴らしい作品を発表するのか、不完全でも次々と作品を発表するのか、どちらがいいのかはわからないけれど、ファンの人にすれば新作が発表されないというのは淋しい事だと思うし、この人ってもう現役じゃあないのかな、って思ったりもする。ライヴをしないならなおさらだ。

とりあえず、今日はA LONG VACATION EACH TIMEを聞いてご冥福をお祈りする。
0

年末の三都物語  

AM:9:00あきこさんを駅前の銀行でおろして一路奈良へ。

奈良県、大和小泉。AM11:00
お花を買ってツーたん宅へ。昨日電話でサチコママには「あちこち買い物に連れて行って。」と頼まれてたので、「どこ行きましょ。」
「回転寿司食べてからジョーシンに連れていって。」
「は?。」
「NOBU3さんがiphoneが使いやすいですよって。」
ったく安易にええ加減な事言うんじゃねーよ。だいたい俺でもiphoneとアンドロイドのちがいもわからんのだ。で、回転寿司で1時間ものたのたとメシ食ってジョーシンへ、なかなか店員がつかまらにので、とりあえずイオンで買い物。30分ほどしてまた店に戻る。で、やっと店員を捕まえて(この時点で結構むかついてたのだ。客が買う素振りみせてウロウロしてるのになんで誰もよってこん?俺のせいか?)で、まぁ、話しを聞いて、「とりあえず年寄りが使いやすいやつ」って言ったら「どれも同じです。」ってそんなこたねえだろよ。俺はままに「今日はいそがなくても話しだけ聞いてかえりましょ。」って言ったのだけど、聞く耳もたずである。ゴールドのおしゃれなiphone契約しちゃって。他人の俺があれやこれや口をはさむと「なりすまし詐欺」って思われるのもいやなので、「息子」って言うことにしておいたのだけど、「ご家族同時に契約いただきますと云々〜。」「結構です!」ってなやりとりの後説明に2時間。隣に座って1時間ほど爆睡してました、俺。ママはハイハイって聞いてたけど、絶対理解してへんやろと思う。で、この後、銀行行って、薬局行って帰宅。
クリックすると元のサイズで表示します
新しいiphoneを手にほくそ笑むサチコママとご友人。
この時点ですでにPM5:00

大阪府 枚方 PM6:00
阪奈道を通って枚方へ。
母に電話するとオヤジは外出したらしい。どこに行ってんだか。アキコサンに夕食はこちらで食べると伝える。叩き御坊や数の子。卵焼きなどはいいけど、なんで「お醤油かけへんのか?。」ってどれだけ塩分とらせたいねん、俺に。そーいえば昨日「ストーブが壊れた」ってな事を言ってたのを思い出す。
「あれまだ新しいから保証期間中やろ?。」
「何言うてんのん、あんなん大昔のストーブやで。」
「は?去年俺がネットで買ってそっちに送ったファン付きのやつとちゃうんか?。」
「そんなんもらったか?。」
「あんた電話してきて暖かいわぁ、って喜んでたやんけ。」
俺、奥の部屋へ行く。空のダンボールがあった。
「これや、これ!中味どーしてん!」
「あれぇ、そういえばそんなんあったなぁ。どこやったんやろ。」
「怖いわぁ、ほんま。」
それからオヤジがダンボールに詰め込んだ200冊以上の漫画を下まで(我が家は5Fである。当然エレベーターは無い。)降ろして車に積めこんで城陽を目指す。この時点でM8:30

京都府 城陽
昨日お世話になったインディ宅へ立ち寄る。インディが年明けに再入院するので、育子姉ちゃんのポータブルDVDプレイヤーを再び借りたのだ。前回入院したときも随分重宝したらしいので。1Fの勝手口をノックするとインディ夫妻は在宅中。ちょうど昨日俺がプレゼントしたbeachboys live in japan 2012のbluerayを再生するところだったみたいで、ちゃんとダビングできてるか俺も一緒に見る事に。
すると再生されないばかりかディスクを取り出す事もできなくなり、二人で四苦八苦。「あ、これ、ブルーレイのリモコンとちゃうわ。」
「なんですと。」
また、がさごそ。ベッドの下に落ちてるのを発見。で、
「あれ、やっぱり動かんぞ。」
イジェクトボタンの連打でどーにかディスク救出。市販のディスクを入れるときちんと再生するのだが。
「とりあえず持ち帰って確認しますわ。」で、おいとま。この時点で、PM9:30

で、帰宅したのはPM10:30
「おつかれさま」
「昨日の2000倍疲れたTдT

やっと明日から俺の休みが始まる。
0

恒例餅つき  

毎年恒例インディ鈴木宅での餅つき大会である。
AM10:00到着すると、毎年年に一度ここでしか会わない顔がたくさん並んでいる。インディの次男、トモは今年初めて夫婦で餅つきに参加である。いやぁ、嫁がきてよかった、よかった。長男の勇人はかなり太ってた。
インディは一昨年バイクで踏切待ちしてるときに操作をまちがえたじじいに車でつっこんでこられて大けがをしたのである。現在は杖をつきながらの歩行である。来年そうそう足のボルトを抜く手術がまってるそーである。俺も経験があるが、ありゃ、憂鬱だ。だって、また痛い思いをせんとあかんわけだし。奥さんは元気で一安心ではあるが。

で、とりあえずつく。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと休憩。つきたて餅でお善哉。
クリックすると元のサイズで表示します
こんだけ人がおるのに突くのは5人ほど。理不尽である。
クリックすると元のサイズで表示します

今年は見慣れない人達がいた。若い二家族。可愛い小学生の女の子がふたりいたが、とりあえず躾がなってないつーか。ネールした指で餅丸めるんじゃねーよ、おまけにその餅は俺ん家のだ。この子達を叱る気にはならなかったけど、親がね。何ぼーっとつったって見てんだよ。特に父親。「いや、明日腰にきそうなんで。」て、ほんなら帰れ。初めてのお宅におじゃましてしれーとつったってるあの心根がわからんわ。って以上の事をインディの奥さんに言うと、「そーやろ、私もめちゃくちゃ腹たってんねん。動かへんねんやったら、もう来年来させへん。」って。

で、これも恒例すき焼き。
クリックすると元のサイズで表示します
もう、しばらくお肉はいりません。勇人が鍋奉行なので、たすかる。

インディ家族の肖像
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

今宵は夜想でサンフィッシュ等のライヴ&忘年会があるのは知っていて、どーしよーか迷ったけど、明日は福本家と実家のほうへ餅を持っていかんとあかんので、帰宅。

餅つきは城陽で行っております。来年の12月29日にまた行います。餅つき後はあほのように上等なお肉と新鮮野菜のすき焼き、飲み放題付きが待ってます。テキパキとよく動く型、参加おまちしております。いや、ほんまに。年々高齢化してるんで。
0

仕事納め  

やっと本日仕事納め。
あいかわらずいろいろとイライラさせてくれる会社である。
俺自体の仕事が終わったのがAM10:00。それからPM5:00まで掃除ってあほか。帰らせろ。昼にはこのくそ寒いのに草刈りだって。どこに草なんか生えとんねん。
で、定時PM5:00になってから納会。ふざけんなつーの。その間に雪は本降りに。会社の管理職、みんな死ね!。
今日は夜想へ、シスター・ポールやマーチンの新バンドのデビューライヴを見に行く予定だったのだが、帰りが心配なので、断念。
あー、なんかしけた年の瀬だー。
0

氷の世界  

BSで井上陽水の氷の世界発売40周年の特番をやっていた。
当時のスタッフが集まってマスターテープを聴きながらあれやこれやと話しをする。ライブもある。というよくある番組ではあるが、やはり当時の話しを聴けるというのはべらぼうに面白い。

「氷の世界」日本初のミリオンセラーのアルバム。発売当時俺は12歳で親にラジカセをかってもらった年だ。そこからいろいろな音楽、新譜を耳にするようになるのだが、連日陽水はいやというほどかかってた。やはり「心もよう」のヒットが大きかったんだろう。友人もLPをもってるヤツがたくさんいたし。俺はこのアルバム、LPもCDもカセットテープも持ってないのだけれど、全曲フルコーラス歌える。俺は同級生の今井君の家でこれを聴いたと思う。「心もよう」しか知らなかった俺は1曲目の「開かずの踏切」と陽水がどーしてもむすびつかなかった。LPでいうところのA面最後の「自己嫌悪」という曲が陽水らしいな、と当時の俺は思っていた。CD化されたときにこの曲は「めくら」という言葉が入ってるため削除されたのである。今のCDには収録されてるようだが。
自分で演奏するようになってこのアルバムのエグさがよくわかるようになってきた。フォークとプログレの融合。星勝のアレンジおそるべしである。

小室等が「このアルバムに続いてユーミンがブレイク、それにオフ・コースが続いてヒットしたけれどもそれまでにあった大事なものがなくなってしまった。終わりの始まり。」てな事を言っていた。それに対抗または拮抗できるだけの音楽を作れてなかったあんたにも責任はあるんじゃないか、と俺は思った。
0

近江大橋無料化  

近所の近江大橋が今日から無料になった。
なんでも、「おまえんとこはもうけすぎだ。」と国もしくは県から通達があっったというよーな話しなのだが、今一よくわからん。確かにこんな橋で通行料とんなよ、とは思っていたのだが。
とりあえず、無料というのはええんやけど、近所に住んでるもんとしては、交通量の増加が気になるところではある。

って、心配してたのだが、今朝は拍子抜けするくらい、がらがら。問題はこれから年末にかけてのイオンモールのバーゲンである。ただでさえ土、日の混雑は目に余るものがあるのに。かなんわぁ。
0




AutoPage最新お知らせ