「貴方への手紙」  


あの淋しい秋の日々  闇の中で泣いていた

手元さえ照らせずに  ただうずくまっていた

貴方は心に隙を持ち  病んだ私に似ていた

気付いたら惹かれて  想い封じ込めていた



初めて会ったあの冬の日 私の誕生日だったね

貴方は大きな箱を持って  照れくさそうに笑った

少し戸惑いながら話した  でもすぐ馴染んだね

帰り際は名残惜しかった  あのじれったい想い



喜びも哀しみも全て  貴方と共に過ごした

あの悲しい夏の朝も  あの嬉しい春の夜も


毎日の暮らしの中に  いつでも貴方が居た

心深く繋がる喜びは  貴方と共に知ったの




貴方はバカが付くくらい  正直で実直で素直だった

私は周りが呆れるくらい  頑固で強がりで不器用で

貴方に心配と気苦労を  人一倍させてしまっていた

眠れない夜何度となく   その心痛めさせてしまった



あの日貴方は泣いたね  私が傷を付けてしまった

二人の歴史に闇ができ  愚かな私は守れなかった

真っ直ぐ過ぎる想いは   私には受け止めきれなく

時にはぶつかりながら   激しい想い中和してきた




喜びも哀しみも全て  貴方と共に過ごした

あの寂しい秋の夜も  あの楽しい冬の朝も


毎日の暮らしの中に  いつでも貴方が居た

心深く繋がる喜びは  貴方と共に知ったの




想いあうこと  許しあうこと  愛しあうこと

本当に大切なもの  本当は要らないもの

生きること  死ぬこと  戦い続けること

探していた何か  求めていた何か



貴方から教わったこと  それはこの世の厳しさ

貴方から教わったこと  それはこの世の美しさ 



私には出来なかった  貴方を笑顔にすること

あの空に誓ったのに  貴方を幸せにすること



今貴方は幸せですか  負けないで生きていますか

私には出来なかった  今、貴方は幸せですか・・・



貴方の幸せを  何よりも  誰よりも  ただ願っています
0

「戻れない日々」  


貴方と笑い合った日々

貴方と一緒に泣いた日々

沢山の苦しみを越えた日々


本当に大切なものきっと

失ってから初めて気付く



私にはもう見られないけれど

貴方は幸せに暮していますか

愛する人を見つけられましたか


本当に大切なものは何ですか

ちゃんと愛してもらっていますか


私にはもう叶えられないけれど

誰よりも貴方の幸せを願っています



笑い合った日には貴方が居た

泣いて抱きしめてくれる貴方が居た

沢山の苦しみの中側には貴方が居た


本当に大切なものきっと

失わないと見付からない



私にはもう見られないけれど

貴方は元気に暮していますか

生きがいは見つけられましたか


ただ心休める場はありますか

ちゃんと愛してもらっていますか


私にはもう叶えられないけれど

誰よりも貴方の幸せを願っています



私にはもう抱きしめられないけれど

寂しがりやな貴方が孤独になりませんように



0

「素顔」  


あの日貴方は言ったね

素顔の儘の君がいいと


だけど私は分からない

仮面を被っているから

何時だって何処だって


あの頃のちいさな私は

守る術を知らなかった



素顔の儘で居られたら

子供の儘で居られたら




脆くもぶ厚い心の壁を

蹴り破って助けにきて


だけど私は分からない

心を凍らせてしまった

何時だって何処だって


あの頃のちいさな私は

知る術を知らなかった 


素顔の儘で居られたら

子供の儘で居られたら



あの日貴方は言ったね

素顔の儘の君がいいと



溶けてゆくのを感じる

解れてゆくのを感じる


素顔の儘の私でいさせて

0

「海」  


押しては引いていく

この波よ


ただ黙って

私の唄を聞いておくれ


穏やかに

絶えることなき

波の音


浮かんでは消えゆく

この泡よ


ただ静かに

私の声を消しておくれ


悠々と

流れる貴方の

儚さよ


空高く

色美しき

この海よ


押しては引いていく

この波よ


この海よ
0

「ここへきて」  


貴方は遠く離れていて

貴方は一番近くに居る


この想いは叶わない夢

今すぐにも羽ばたいて

その地まで行きたいの


貴方のそのこころの闇

貴方のその空いた隙間

私が照らして埋めるの



貴方は遠く離れていて

貴方は一番近くに居る

ここへ来て名前呼んで

ここへ来て触れさせて



この想いは揺るぎない

胸のざわめき伝えたい

愛しさが止まらないの


貴方のそのいいにおい

貴方のその悲しげな瞳

すべて抱きしめたいの



貴方は遠く離れていて

貴方は一番近くに居る

ここへ来て名前呼んで

ここへ来て触れさせて


今すぐに…


ここへ来て名前呼んで

ここへ来て触れさせて


0




AutoPage最新お知らせ