ダイエット効果のある食事  


ダイエットに取り組む人の多くは、まず食事の分量を少なくすることで
痩せる効果を期待しているようです。

食べる量をただ少なくするだけで、体内に蓄積されている脂肪を燃やし
ダイエットをすることは可能でしょうか。

食事量を減らすダイエットをする場合、
食欲が満たされないストレスが問題になります。

普段は多く食事をしている人が、食事の度に量を我慢するのは、
耐えがたいものかあります。

その時は痩せるかもしれませんが効果は一過性に留まり、
逆に太ってしまうこともあります。

食事量を減らすことで、カロリー抑制効果はあります。
体脂肪がエネルギーとして使われれば体重は減りますが、
ある時を境に体重は減りにくくなるものです。

代謝スピードを下げることで、
少ない食事でも生命維持機能が働くようにすることが人間にはできます。

この場合、新陳代謝が減る過程で、筋肉も少なくなります。
ダイエットに取り組んでも思うように体重が減らない人は、
基礎代謝が低下している可能性があります。ただ食事量を減らすばかりでなくて、
適度な有酸素運動を習慣に組みこむことが重要な課題といえます。

食事量を強引に減らすのではなくて、運動と食事改善を併行して行うことで、
自分にとってやりやすい状態がわかるようになります。
ダイエット効果をより高くするためには、適度な運動と、バランスの取れた食事が大事です。

0




AutoPage最新お知らせ