2013/3/7

多少金額が高く  

この前知り合いから聞いたんですが、
フラット35とは長期固定金利の住宅ローンの名称で、2003年に登場した比較的新しいシステムです。最大35年間の固定金利で、ローンの返済期間中に金利が変わることがないので返済額が確定され、将来に渡っての計画が立てやすく安心できることから利用者の数も増えています。フラット35は各金融機関、つまり銀行、信用金庫といったところで申込みを行います。また金利は各金融機関ごとに違い、申込みのときにも変動しています。ちなみに金利が確定するのは申込みをした時点ではなく、融資の受け取り時点の金利が固定金利の率となります。フラット35は繰り上げ返済時の手数料がかからないということも注目されるひとつですが、返済できる額が100万円からと多少金額が高くなっています。しかしその他の住宅ローンは小額の繰上げ返済が可能でもその都度手数料がかかることを考えれば妥当なものかもしれませんフラット35の利用者は年々増加する傾向にあります。これは今後住宅ローンの金利が少しずつ上がる、または急激に上がる場合があると目している人たちが多いことで、金利の変動にヤキモキするよりも安心して返済プランを立てて住宅を購入したいと考えている人が多いからです。
びっくりだよね。
更に

「相場が激しく動いた時には、各通貨のスプレッド(売値・買値の幅)は一般的に拡大する傾向にありますが、FXプライムは、独自のプライシングシステムにより、相場が乱高下する場合においても、安定したプライス提示を実現することが可能です。
FXプライムは、みずほ信託銀行と提携し、私たちが証拠金として預ける大切な資産を分別管理するだけでなく、信託保全しています。また、独自のプライシングシステムの構築により、相場が急変した時でも安定したプライス提示を実現しております。」

なんだって!
意外な感じがするね。
0

2013/3/7

対象の年金教育貸付  

この前知り合いから聞いたんですが、
つ目の年金教育貸付は、国民年金または厚生年金保険の加入されている方向けです。国民年金の加入期間が10年以上であることが条件です。融資限度額は、厚生年金保険の被保険者は学生1人につき100万円まで、国民年金の被保険者は学生1人につき50万円まで(ただし、同一学生1人につき100万円以内)です。申し込み先は、都道府県の年金福祉協会などです。
年金加入者が対象の年金教育貸付があります。国民年金または厚生年金保険の加入されている方向けです。国民年金の加入期間が10年以上であることが必要です。融資限度額は、厚生年金保険の被保険者は学生1人につき100万円までで、国民年金の被保険者は学生1人につき50万円まで(ただし、同一学生1人につき100万円以内)です。申し込み先は、都道府県の年金福祉協会などになります。一つ目の教育一般貸付は、入学・在学中の子供の保護者の方向けです。年収によって制限があります。年間の世帯収入が定期収入者(会社員、派遣、アルバイトなど)の場合は990万円以内、自営業など事業所得者については770万円以内であることです。融資金額は、学生1人につき最高200万円までです。申し込み先は国民生活金融公庫、近くの金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協など)です。
一般的なものは、教育一般貸付です。入学・在学中の子供の保護者の方向けです。年収により融資制限があります。年間の世帯収入が定期収入者(会社員、派遣、アルバイトなど)の場合は990万円まで、自営業など事業所得者については770万円までとなります。借り入れ金額は、学生1人につき最高200万円までです。申し込み先は国民生活金融公庫、近くの金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協など)です。
ってそんな事の知ってましたか?
あの街を歩けば
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ