人生! I can change !!  

人生は・・・

悩みが一つ解決しただけで・・

望みが一つ叶っただけで・・

・・・人生が変わることがあります。


ネット世界の「悩み解決法」と「望み達成法」を集めました。


⇒健康が一番の宝物(悩み解消)
クリックすると元のサイズで表示します

⇒資格・特技で人生スキルアップ 
クリックすると元のサイズで表示します

-
0

高血圧の治療法  


高血圧症と診断され、生活習慣の改善を続けても血圧が
下がらない場合や、他の危険因子がある場合は、降圧薬
により治療するのが一般的です。

降圧薬は血圧をコントロールするものですから、高血圧を
根本から治療するものではありません。

薬の服用を始めたら、基本的には【 一生続ける 】必要があります。
血圧が下がってきたからといって、勝手に服用を止めたりする
のは注意しなければなりません。

降圧薬による副作用の報告もありますが、薬を止めるリスク
と薬を続けるリスクを考えることも必要です。

東洋医学では化学薬品の薬に頼らない治療法が提案されており、
実践体験者からは喜びの結果報告が多数あります。

一度、試してみても無駄ではないでしょう。


 薬に頼らない高血圧克服法 
 
クリックすると元のサイズで表示します

-
0

高血圧と動脈硬化  


高血圧で一番問題となるのが、動脈硬化を併発することです。
動脈硬化とは、血管が弾力性を失ったり、血管の内腔が狭く
なる症状です。

高血圧が続くと血液の圧力に耐えるために動脈の血管壁が
厚くなり、血液が流れる内腔は狭くなります。さらに血管が
傷ついたりすると、コレステロールなどの脂質が溜まり
やすくなり尚更に内腔は狭くなります。

血管の内膣が狭くなると血液の流れる抵抗が増え、血圧は
さらに上昇します。
高血圧→動脈硬化→高血圧、という悪循環が起こり、
余計に動脈硬化を発症させてしまいます。

脳出血、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞、糖尿病、腎硬化症
など、俗に合併症と云われる諸症状を誘発させることに
なります。

イロイロな状況で云われる・・
     「気が付いてからでは遅い!」・・

高血圧症の場合も当てはまります。
気が付いた時に対処しておきたいものです。


 "⇒薬に頼らない高血圧克服法 

クリックすると元のサイズで表示します

-

0
タグ: 高血圧

高血圧の人口は・・  



現在の日本で、高血圧患者は推定で4,000万人以上と云われています。
全人口30%にも達するものであり、まさに「国民病」なのです。

日本人の死亡原因の1位はガン、2位が心臓病、そして3位は脳卒中です。
このうち心臓病と脳卒中は、いずれも血管に障害の起こる病気で
、高血圧がもっとも重要な危険因子といわれています。

この2つを合わせた死亡者数は全体の1/3を占め、ガンを抜いて一位
となります。


健康診断などで、血圧が高いといわているのに放置してしまったら・・・。

高血圧症は他の病気と異なり、痛みも痒みもありません。
自覚症状がないため、放置してしまう人が多いのです。

例えば、亡くなる直前まで元気だったのに、高血圧が原因の脳出血
により突然死、などという例がたくさんあります。

高血圧を別の俗称でサイレントキラー(沈黙の殺人者)と云われるのも
決して大げさなことではありません。

高血圧だと診断されたら、何らかの改善法を検討するべきです。


 ⇒薬に頼らない高血圧克服法
  クリックすると元のサイズで表示します

-

0

高血圧の原因  


高血圧の定義や分類は色々あるようですが、日本高血圧学会(JSH)
の診断と分類では、日本高血圧学会(JSH)では・・、
収縮期血圧が140mmHg以上、拡張期血圧が90mmHg以上を高血圧と
して「軽症」「中等症」「重症」の3段階に分類しています。

実は高血圧の90%以上は、明確な原因が不明です。しかし、生活習慣と
遺伝的な体質が関係しているとことは解明されています。

高血圧は、原因により「一次性」と「二次性」に分類されています。
「一次性高血圧」は、「本態性高血圧」と呼ばれ、特に異常がないのに
血圧が高くなり、原因も特定できていません。

食塩の採りすぎ、加齢による血管の老化、ストレス、過労、運動不足、
肥満、そして遺伝的要因などが危険因子として挙げられています。

「二次性高血圧」は、腎臓病やホルモン異常など、原因となる病気が
あるものを言います。こちらは、原因となる病気が治癒することで、
高血圧も改善されます。

統計的に血圧改善に良いとされることは意識的に行うように心がける
ようにしたいものです。

 ⇒薬に頼らない高血圧克服法 
クリックすると元のサイズで表示します

-
0




AutoPage最新お知らせ