ブランクのある看護師  看護師:ブランク

看護師は女性が多く活躍している職業です。
そのため、結婚や出産で仕事を辞め方も多いのではないでしょうか…?

その方たちの中には、家のことが落ち着いたらまた働き始めようとお考えの方もいるはず。
しかし、ブランクが気になり働けずにいる方も多いのではないでしょうか…。

では、ブランクのある方でも働きやすい職場とはどのような職場なのでしょうか?
こちらで少しご紹介したいと思います!!

ブランクがあるのに救急病棟やICUなどで急に働くことは難しいですよね…。
また、入院病棟で働くことも少し難しいかもしれません…。

ブランクのある方におすすめなのは、外来勤務です。
なぜかというと、採血や注射や点滴など、看護師としての基本的な仕事をすることで勘を取り戻せるからなのです。

このような仕事から始めて、じっくり勘を取り戻すことが大切です。
ブランクがあるからといって焦らず、時間をかけてゆっくり完全復帰を目指すことも大切なのです。

ブランクのある看護師の仕事に関する情報は、ブランクありの看護師でも働きやすい職場は?をご覧になってください。

また、エルユーエスというサイトでもブランクがあっても働ける看護師求人を掲載していますので、参考にしてみてください。
0

看護師のデメリット  看護師:デメリット

看護師の仕事はほかの仕事にくらべて高収入で、仕事に困ることがなく安定して働くことができるというメリットがあります。このほかにも、資格を取得すれば一生働くことが可能などのメリットもあるのですが、もちろんデメリットもあるはずですよね。

では、看護師の仕事のデメリットと何なのでしょうか…?
気になったので調べてみました!!

1つめは、資格を取得するのが大変だということ。看護師の資格を取得するには最低でも3年以上学校に通い、看護師としての専門的なことを学んだり、実習をしたりしなければいけません。これは想像以上に大変なことで、辛い思いをしている学生がたくさんいるのです…。

2つめは、精神的にも肉体的にも負担が大きい仕事だということ。人の命を預かる仕事ですからプレッシャーは大きいですし、ストレスもたまります。また、夜勤などもあるので生活が不規則になりますし、仕事内容もハードなので体力がなければ務まらない仕事なのです…。

このように、メリットもたくさんありますがデメリットもあるのです。
看護師を目指している方は、自分に合った仕事かどうかよく考えてみてくださいね。
0




AutoPage最新お知らせ