2012/7/17

精神科の看護師求人  

精神科の看護師の求人が、一部に人気だという話があります。待遇が特別によいのかというと、そういうわけではなく、他の科の看護師とそこまで大きく変わりはないでしょう。注目を集めているのはその業務内容で、レベルの高い対応が求められるため、仕事にやりがいを求めるような、やる気のある、自らのステップアップを求める看護師に人気があるようなのです。精神科での看護業務は、身体的特徴の出る科とはまた少し違う専門的な知識や、特有の医療設備などを把握する必要があります。



また、心の病気なので、業務で気を配るところもより繊細な部分になってきます。携わる機会が限られたものなので、精神科の看護業務に就く前には、あらかじめ整えた教育・研修環境を用意し、きちんと履修を行わせてから現場に配属されることが多いのです。普段の身体的な部分での負担のほか、どんな状況に陥った患者とも根気よく向かいあっていくための精神的なタフさも求められます。精神的な面で苦難を抱える患者の支えになるということは多くの看護師が難しく構える半面、そんな状況におかれた人の助けに進んでなりたいと、思念を抱く方はたくさん存在します。



科を限定して求人を探すとなかなか見つからないもので、特に精神科の募集は他に比べて少数の傾向があります。大変な分野の割に競争率が高いとも言われており、本当に希望する方にとってはなかなか見つからないという現状のようです。もし精神科の看護師求人を見つけたら、もとから希望しているわけではない方も、他の求人より多くのことを学べるチャンスがそこにあるのだと思い、少し興味を持って見てみてもよいかもしれません。


マイナビ看護師 口コミはこちら
ナースフル 口コミはこちら
ナース人材バンク 口コミはこちら
0

2012/7/14

(無題)  

看護師は休みもなく凄く忙しい仕事だという印象を持たれてしまい

がちですが、実際にはどのようなスケジュールで勤務をしているの

でしょうか。



まず日勤の場合には朝の7時くらいには出勤していき、前日の

夜間の看護師から引き継ぎを行います。



そして特に気を付けるべきポイントや注意点なでを把握したら、

カルテを管理しておきます。



その後患者の食事の時間のあとにメディカルチェックを行い、

必要に応じてバイタルチェックもします。



そしてその後も必要に応じてそうしたことを繰り返したり、

ナースコールに応じながら勤務をしていきます。



急患が入ったときには迅速に応じていきながら、入院患者のことも

こなしていくのでハードなときは本当にハードですね。



そして夕方になると勤務は終了するのでその前に夜勤の看護師への

引き継ぎを行います。



夜勤の場合には夕方から勤務して夜中のナースコールや

バイタルチェックを行います。



どちらの勤務でも急患があって人手が足りない場合には必然的に

多少の残業は必要になってきますね。



また、病棟ではなくてクリニックや企業などで働く場合には、夜勤が

無い場合がほとんどなので、朝から勤務して夕方には終了しますよね。



毎日決まったペースで働くことが出来ると人気があります。



看護師の仕事時間とスケジュールはこのように条件によって変わって

きますが、従来のように毎日当たり前のように残業があるようなことは

ありませんから、働きやすいと思います。



自分にぴったりの勤務スケジュールを見つけたいですね。



ナースではたらこの口コミはこちら。看護師の転職サイトです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ