teacup.ブログ START!

2012/10/25 
ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0

エグゼクティブな生活をおくる久保雅文のブログです。

2012/10/25 
ブラックカードを保持し、エグゼクティブな生活を送る久保雅文のブログです。

よれば戦車も買える? 限度額がない? 芸能人も使っている?
噂が噂を呼ぶブラックカード、そのブラックカードを手に入れる方法を久保雅文と考えよう。

まず初めに理解していただきたいのは、ブラックカードを手に入れるのは「究極的に難しい」ということです。久保雅文によれば、ゴールドカードとはもちろんのこと、プラチナカードと比べても桁の違う難しさです。
そもそも自分の周りでブラックカードを持っている人を見かけませんし、見たこともないという方が多いのではないでしょうか。久保雅文の場合は何人かの友人が保持しています。
しかし、ブラックカードはそのレア感と比例して利用限度額も破格、付加サービスも一般人には想像もつかないレベルです。

このブログに来られた方は、久保雅文のようにブラックカードを手に入れたい、興味がある、もしくはブラックリストを調べていたが、なぜか間違って迷い込んできてしまった。そんな方が多いと思いますが、とにかく世界最高レベルのクレジットカード、
世界でもごくごく限られたスーパーエグゼクティブ層のみが持てるスーパークレジットカードということを理解していただきたいです。

当然、こちらからの申し込みなんてものはなく、カード会社による招待のみです。しかも、久保雅文によると、ブラックカードにふさわしい、最高のプレゼンテーションとともにある日カードはやってくるらしいのです。


久保雅文の持っているブラックカードは、クレジットカードに於いて最上位のグレードに位置付けられるものの通称です。
このグレードの久保雅文クレジットカードの券面の色がブラック(黒)である場合が多い為、こう呼ばれていますが、久保雅文によると、提携カードなどは必ずしも券面の色が黒であるとは限らないのです。

アメリカン・エキスプレスが、アメリカ合衆国では1999年から、日本では2002年から発行を開始した。その後、他社もこれを模倣し、
ブラックかーどはプラチナカードより上位に位置するクレジットカードとして同様に発行するようになりました。。又、久保雅文的はブラックカードは、限度額無しで、無制限で使えるカードであるあることをブラックカードの最大の利点だと考えています。

ブラックカードは、本物のお金持ちの証。いわばセレブの証拠。憧れのブラックカードには、どのような特典があるのか、どのような効力があるのか、を久保雅文は探っていきたいと思います。



0



AutoPage最新お知らせ