2017/9/16

菅義偉官房長官、北ミサイルの落下地点「襟裳岬東2200キロ」と修正  
熟睡中に起こさないで。




菅義偉官房長官、北ミサイルの落下地点「襟裳岬東2200キロ」と修正
9/15(金) 9:12配信
産経新聞
 菅義偉官房長官は15日午前、北朝鮮のミサイル発射を受けた度目の記者会見で、ミサイルは「襟裳岬東約2200キロの太平洋上に落下した」と述べた。1回目の会見で発表した約2000キロを修正した。



落ちた場所の200キロの誤差なんてどうでもいいのに、
わざわざ22になるように修正した感がありますね。
まぁ、そもそもミサイルなんて発射されてないと思うけど。


菅 義偉(1948年126日 - )
安倍 晋三(1954年921日 - )




映画検証的に、
日本を沈没させる前の通過点、電磁パルス攻撃は
2年後くらいだと思われますが、

その前に南北統一&拉致被害者を帰国させる演劇のための
朝鮮有事をやらなきゃならないわけです。

そのきっかけとして日本だかグアムに
きっかけ作りの一発をぶち込むことは予想されますので、
コレには警戒したほうがいいかもしれないです。



というのは妄想です。
1

2017/9/12

郵政株売却を正式発表 「調整枠」導入も、民営化案件で初  
郵政株売却を正式発表 「調整枠」導入も、民営化案件で初
9/11(月) 16:00配信
[東京 11日 ロイター] - 財務省は11日、政府保有の日本郵政<6178.T>株を追加売却すると正式発表した。発行済み株数の22%を市場で1.3兆円売却するのに併せ、郵政が0.1兆円の自社株を買い取り、最大で1.4兆円の復興財源を確保する。

民営化案件で初めて需要動向に応じた「売却調整枠」も設け、大型売却に伴う需給悪化を回避したい考え。

政府が郵政株を売却するのは2015年11月の株式上場以来1年10カ月ぶり。

今回の売却では、保有する9億1393万7600株を対象に1.2兆円を確保したうえ、7616万1500株を追加売却する新たな調整枠を設けた。追加売却分は0.1兆円に相当し、販売が好調なら市中売却分は1.3兆円となる。

一方、郵政が実施する自社株買いで0.1兆円を確保。郵政株の2次売却で政府が確保する復興財源は最大で1.4兆円となる見込みだ。日本郵政が自社株買いに踏み切るのは上場後の15年12月以来となる。

売却価格や実際に売り出す株数は9月25日から27日のいずれかに正式決定する。株式の受け渡しは価格決定日の4営業日後を予定しており、郵政株の追加売却は、早ければ今月29日に完了する。

日本郵政によると、同社の発行済み株式総数は17年3月末時点で45億株。政府保有分は36億2209万8300株で、追加売却に伴う政府保有比率は80.49%から50%台後半に低下する。

政府は、15年11月の新規公開と今回の追加売却以外にも郵政株売却のタイミングを探り、22年度までに復興財源4兆円を確保する

*内容を追加します。

(山口貴也)







「レッドブル」御曹司を国際手配=死亡ひき逃げ事件で―タイ
9/12(火) 17:58配信
(8 13 9 12) 17時58分 長針12 短針6
時事通信
 【バンコク時事】タイ捜査当局は12日までに、2012年にバンコクで起きた死亡ひき逃げ事件で、逮捕状を取って行方を追っているウォラユット・ユーウィタヤ容疑者(35)について、国際刑事警察機構(ICPO)を通じ国際手配した。

 同容疑者は栄養ドリンク「レッドブル」創業者の孫で、タイ有数の富豪一族の御曹司。

 ウォラユット容疑者は129月、バンコクの通りで高級車フェラーリを運転中、バイクでパトロールしていた警官をはねて死亡させ、そのまま逃走した疑い。

 同容疑者は検察当局の再三の出頭命令を拒否。一方で自家用ジェット機で世界各地を飛び回る生活を送り、「金持ちや権力者は刑罰を受けないというこの国の文化の典型」(地元メディア)として捜査当局の甘い対応に批判の声が高まっていた。



2012年の話

レッドブルのロゴ
ブル(雄牛)の衝突
クリックすると元のサイズで表示します




「スター・ウォーズ」エピソード9、監督交代で公開日延期
9/13(水) 10:45配信
ロイター
[ロサンゼルス 12日 ロイター] - 米メディア・娯楽大手ウォルト・ディズニー<DIS.N>は12日、人気SF映画「スター・ウォーズ」シリーズの「スター・ウォーズ:エピソード」の監督交代を受け、公開予定日をこれまで発表していた2019年5月から、2019120日に延期した。


先週降板が発表されたコリン・トレボロウ氏に代わり、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のJ.J.エイブラムス監督がエピソード9の脚本・監督を務めることも発表された。

ルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長は声明で、「フォースの覚醒でJ.J.は期待するすべてをもたらした。彼が再び戻ってきてこのトリロジーを締めくくることになり、とてもわくわくしている」と述べた。





1

2017/9/5

<北朝鮮>ICBM強化へ 米当局、核搭載「18年前半」  



<北朝鮮>ICBM強化へ 米当局、核搭載「18年前半」
9/5(火) 0:12配信
毎日新聞
 【ワシントン会川晴之】北朝鮮は、大陸間弾道ミサイル(ICBM)にも搭載可能とする初の水爆実験を実施したとしており、今後は核爆弾やICBM技術の完全習得に向けて取り組みを強化すると見られる。


 北朝鮮が開発したICBM「火星14」は今年7月に2回、通常よりも高く打ち上げるロフテッド軌道を採用し発射された。1回目の飛距離は、通常軌道で発射されれば、米アラスカ州に到達する7000キロ前後と推定された。同様の手法で打ち上げられた2回目は、さらに距離を伸ばし、サンフランシスコなど米西海岸やシカゴなど米中西部も射程内に収める1万キロ前後飛行するとの見方が主流を占めた。

 ただ、米国のミサイル専門家は「理論通りに飛行するかどうかは、通常軌道で発射実験を重ねて確かめる必要がある」と指摘する。爆発力が原爆よりも格段に大きい水爆を搭載するICBMを保有すれば、米国に対する北朝鮮の核抑止力は強化されるだけに、実験を重ねる動機となる。

 3日の核実験で使用した「水爆」の重量は現時点では公表されていない。弾道ミサイルは、核爆弾などで弾頭部分が重くなれば飛距離は反比例して短くなる。米ミサイル専門家は弾頭重量500キロを想定し、「火星14」の最大射程は約1万キロと推定している。「水爆」の重量がそれよりも重ければ、飛距離は減少して米本土に届かない可能性がある。

 とはいえ、北朝鮮から約3500キロの米領グアムや約7500キロのハワイ州などを射程内に収めるのは確実と見られ、米国に対する一定部分の核抑止力を持ったことになる。

 また、北朝鮮は過去5回の核実験で原爆の小型化技術は習得したと見られている。米国防情報局(DIA)は、「2018年前半には、核弾頭を載せたICBMを取得する可能性が高い」と指摘、警戒を強めている。

 英国際戦略研究所ワシントン事務所のミサイル専門家、マイケル・エレマン上級研究員もDIAの分析に同意した上で、弾頭を熱から守る「再突入体をはじめ克服すべき課題は多い」として、北朝鮮が「今後も実験を続けるだろう」と見ている。








1

2017/9/3

北朝鮮、「水爆弾頭化」誇示=電磁パルス攻撃に初言及―金正恩氏が視察  
北朝鮮、「水爆弾頭化」誇示=電磁パルス攻撃に初言及―金正恩氏が視察
9/3(日) 7:07配信
時事通信
朝鮮中央通信は3日、金正恩朝鮮労働党委員長が新たに製造された大陸間弾道ミサイルの弾頭部に装着する水爆を視察したと報じた。写真は水爆とされる物体を視察する金委員長(右から2人目)=朝鮮中央通信電子版より

 【ソウル時事】北朝鮮国営の朝鮮中央通信は3日、金正恩朝鮮労働党委員長が新たに製造された大陸間弾道ミサイル(ICBM)の弾頭部に装着する水爆を視察したと報じた。

 同通信は開発した核弾頭について、電磁パルス(EMP)攻撃も可能な多機能弾頭と伝えた。北朝鮮がEMP爆弾を開発している可能性は指摘されていたが、当局が公式に認めたのは初めて。

 金委員長は「強力な核兵器を思い通りにどんどん製造できるようになった」と述べた。水爆を弾頭化したことを誇示し、米国をけん制する狙いがありそうだ。

 同通信は水爆について「攻撃対象によって、威力を数十キロトン級から数百キロトン級まで任意に調整できる」と説明。さらに「大きな殺傷・破壊力を発揮するだけでなく、戦略目的により、高高度の空中で爆発させ、広い地域に極めて強力なEMP攻撃まで加えられる多機能化された核弾頭だ」と伝えた。




レーザーでミサイル迎撃、発射直後に照射し破壊
9/3(日) 7:18配信 読売新聞
 北朝鮮による核・ミサイル開発の進展を受け、政府が弾道ミサイル迎撃のための新システムの開発を検討していることがわかった。

 高出力レーザーを発射直後の弾道ミサイルに照射し、無力化・破壊する。北朝鮮が現在の装備では迎撃が難しい「ロフテッド軌道」での発射を繰り返しているため、新技術で対応する方針だ。

 開発を目指すのは、弾道ミサイルが発射された直後の「ブースト段階」と呼ばれる時点で、航空機や艦船などから高出力レーザーを照射し、熱によってミサイルを変形させる技術。迎撃ミサイルに比べて安価で、実現すればロフテッド軌道だけでなく、多数の弾道ミサイル発射にも対処が可能になる。

 防衛省は2018年度概算要求に、迫撃砲弾や小型無人機などを迎撃対象とする、高出力レーザーシステムの研究費として、87億円を計上した。





9/4追記

EMPについてテレビ・新聞で言及し始めました。
ということは近々にはやらないでしょう。

さっき報道ステーションを見ていたら、
EMPの標的はあくまでアメリカという感じで言ってましたが、
映画検証的にEMPの標的は日本がメインです。


3.11も然り、これらの計画は聖書に則って作られた(現実世界版シナリオ)を元に遂行されているので(やらかす日時がすでに決まってる)、避けようがないと思われますが、とりあえず注視していきます。



1

2017/8/30

<北朝鮮ミサイル>日本通過、襟裳岬の東1180キロに落下  
仕事で疲れてるのに
携帯の変な音で起こされた〜。



クリックすると元のサイズで表示します


<北朝鮮ミサイル>日本通過、襟裳岬の東1180キロに落下
8/29(火) 9:59配信
毎日新聞
 政府は29日、北朝鮮が同日午前5時58分ごろに同国西岸から北東へ弾道ミサイル1発を発射し、北海道・襟裳岬の上空を通過して、午前6時12分ごろに岬の東約1180キロの太平洋上へ落下したと発表した。発射を受け、政府は全国瞬時警報システム(Jアラート)を12道県に配信した。日本への被害や落下物はなく、自衛隊のミサイル防衛(MD)システムによる破壊措置は実施しなかった。





8月29日はマイケル・ジャクソンの誕生日ですね。

マイケル・ジョセフ・ジャクソン(1958年829日 - 2009年625日)


マイケルが625日に亡くなって、625日後に3.11が起こされましたね。
詳しくは、下記リンクで。

マイケル&ホイットニー&ベルナルドのおさらい




とりあえずのメモ。
2017年8月29日から829日後は、2019126日です。
ちなみに菅義偉さんの誕生日も126日ですw

612分:襟裳岬東の太平洋上1180kmに落下

「1」「2」「9」の並びメモ




今回のミサイル発射は、
・Jアラートと日本国民の反応を見るためのリハーサル
・北朝鮮=悪い国 をより一層、日本国民の意識に刷り込む(朝鮮半島で有事になっても致し方なし!の刷り込み)
・ 撃たれたミサイルは「落ちてくる」という意識の刷り込み


今回のテレビ報道を見てても、ミサイルが落ちてくる危険性だけを取り上げてるだけで
もし核弾頭を積んでいて迎撃した際の高高度核爆発(電磁パルス)が降ってくる危険性は
言ってませんね。私が見てる限りでは。

朝鮮半島有事をやるにはまだ時期が早いので、
しばらくは北朝鮮=悪い国の洗脳が続くと思います。

というのも、アメリカが北朝鮮潰しをやり始めたら、
短期間で終わると思うからです。数ヶ月で終わっちゃうでしょ。

核弾頭を積んだミサイルを迎撃するという演劇の本番が
2019年12月頃だと想定すると、
朝鮮有事を引き起こすためのミサイル発射は
その数ヶ月前くらいだと考えられますね。




というのは妄想です。







北朝鮮 ミサイル試射に正恩氏立ち会い=中距離「火星12」


8/30(水) 7:35配信

聯合ニュース







北朝鮮 ミサイル試射に正恩氏立ち会い=中距離「火星12」
【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央放送は30日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が中距離戦略弾道ミサイルの発射訓練を指導したと報じた。訓練には米国軍基地の打撃任務を担う朝鮮人民軍戦略軍と中距離弾道ミサイル(IRBM)級の「火星12」が動員されたという。

 北朝鮮は29日午前5時57分ごろ、平壌市の順安付近から東へ弾道ミサイルを発射した。ミサイルは北海道上空を通過し、発射地点から約2700キロの太平洋上に落下した。北朝鮮の発表から同ミサイルは「火星12」であることが確認された。

 朝鮮中央放送によると、今回の訓練は韓米合同指揮所演習「乙支フリーダムガーディアン」(UFG)に対応する武力示威の一環として行われ、IRBMの実戦運営能力を高めたと伝えた。

 金委員長は「今回の訓練はわが軍隊が行った太平洋上での軍事作戦の第一歩で、グアム島をけん制するための意味ある前奏曲となる」と述べた。また、太平洋をターゲットにした弾道ミサイル発射訓練を重ね、戦略武力の戦略・実戦化を積極的に進めるべきだとした。







2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ