2017/10/8

嵐の前の静けさ  あ、やべぇ、有事  
ただのメモ。



トランプ氏「嵐の前の静けさ」発言が波紋呼ぶ 軍事行動の前触れか

10/7(土) 9:59配信
産経新聞
 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は5日夜、ホワイトハウスで開いた軍高官らとの夕食会で報道陣の冒頭撮影に応じた際、軍高官らを見渡しながら「これが何を意味するか分かるかな。嵐の前の静けさだよ」と述べた。メディアの間では、トランプ政権が近く安全保障分野での懸案に関し、軍事攻撃などの新たな行動に踏み切る前触れではないかとの臆測が広がっている。

 トランプ氏は記者たちから「嵐とは何のことですか」と聞かれると、笑みを浮かべながら「そのうち分かるよ」と述べるにとどまった。報道陣は6日もトランプ氏に同じ質問を投げかけたが、同氏は真意を明かさなかった。

 トランプ氏の謎めいた発言に、米メディアは北朝鮮やイランの核問題や、シリアやアフガニスタンでの過激派掃討作戦で新たな軍事的展開があるのでは、と波紋が拡大。これに対しサンダース大統領報道官は6日の記者会見で、「大統領は記者を困らせようとして発言しているわけではない。次にとる行動について公言しないようにしているだけだ」と説明した。

 北朝鮮情勢をめぐっては、米中央情報局(CIA)高官が米国の祝日である9日(北朝鮮時間10日)に挑発行為に踏み切る可能性があると予測。イラン情勢に関しては、トランプ氏が2015年のイラン核合意の見直し結果を12日にも発表すると伝えられている。




ピース・綾部、ようやく渡米が決定 来週にも出発とさんまに報告
10/7(土) 22:19配信
スポーツ報知
 お笑いタレントの明石家さんま(62)は7日、大阪MBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(土曜・後10時)で、お笑いコンビ「ピース」綾部祐二(39)が来週にも米国に向けて出発すると報告を受けたことを明かした。

 年末特番の打ち合わせが入り始めたというさんまは「綾部が来て『やっとアメリカに行けます』」と報告を受けたことを明かした。さんまは「去年の10月に行くと言うて、1年かかるねんて。手続きで大変みたいで」と話し、「やっとこさビザ取れて、来週から行くらしい」と語った。

 そしてビザの申請書類が「(厚さ)5センチくらいになるらしい」と、手続きの大変さを聞いたよう。コメディアンとして渡米するため「スーパースターとして行くらしい」と紹介していた。

 綾部は昨年10月8日に会見を開き、米国ニューヨークを拠点に活動することを明らかにしていた。



綾部 祐二(あやべ ゆうじ、1977年12月13日 - )

あ、やべぇ、有事





韓国軍が「停電爆弾」の開発技術確保 北朝鮮の電力網を無力化


10/8(日) 9:10配信

聯合ニュース



【ソウル聯合ニュース】韓国軍当局が、朝鮮半島有事の際に北朝鮮の発電所上空で爆発させ電力供給網を無力化する「停電爆弾」の開発のための技術を確保したことが8日、軍高官筋の話で分かった。

 国防部は2018年度(1〜12月)の国防予算案に開発費5億ウォン(約4900万円)を組み入れたが、先の企画財政部の審議で全額削減された。軍高官筋によると爆弾はいつでも開発できる状況で、軍は開発予算の確保に尽力する方針だ。

 「停電爆弾」は航空機から投下される爆弾や自走砲から発射する砲弾などに入れて空中で爆発させることにより、ニッケルが含まれた炭素繊維が放出されて送電線にかかり、電線をショートさせて停電を起こす。停電は最長12時間、またはそれ以上続くとされる。電力供給網に急激に負荷がかかることで、電気・電子関連装置の故障を引き起こす効果もある。

 北朝鮮は全域に7000以上の地下軍事基地を持つとされ、有事の際に大型発電所の上空で爆発させれば電力供給がストップし、多くの地下基地が機能を止めると韓国軍は分析している。

1

2017/9/30

「バルス現象」なぜ日本で盛り上がる? Twitter社が語る裏側  
2017-09-29 07:00
「バルス現象」なぜ日本で盛り上がる? Twitter社が語る裏側
「バルス!」――ご存知、ジブリ映画の名作『天空の城ラピュタ』でクライマックスに主人公たちが叫ぶこの呪文。日本ではテレビ放送中にタイミングを合わせてツイッターで同時につぶやく「バルス現象」がいまや定着しつつある。テレビを見て視聴者が同時につぶやくというこの行動に、2011年放送の際はTwitter社のエンジニアから「サイバー攻撃が起こったのでは?」と騒ぎが起こったという。「日本ならでは」というこの現象について、同社の広報部・齊藤香氏、そして日本テレビ編成局編成部・谷生俊治プロデューサーに詳しく話を聞いた。

以下省略


あっちのブログでも何度か書いてますが、
このバルス祭りは、電磁パルス計画の
仕込だと睨んでるわけですよ。

もし、ラピュタも仕込みであれば、
1986年から決まってたってことになるわけですね。
30年以上も前から。

ちなみに私の映画検証では、
3.11も遅くとも2011年の14年前(映画タイタニック公開の1997年)
から決まってたと断定しています。
実際にはそれよりもっと前から決まってるはずです。

年月だけでなく
発生時間の2時46分まで決まってました。



さてはてさんが引っ張ってきてくださった
希望の党 予見動画も見て分析してみましたけど
限りなく黒に近いですね。

12年前に総務省が制作した短編映像「希望の党」が発掘され、その予見性が話題に 2017年9月25日22:31 by 深海
http://buzzap.jp/news/20170925-kibou-no-tou/


動画の中に出てくる希望の党の党カラーが
百合子ちゃんカラーの緑だし、

18歳(高校生も含む)が選挙権を持つ内容も入ってるし。
18歳選挙権の施行は2016年6月19日ですよ。

この動画の監督さんがガメラシリーズやデスノートを
手がけた金子修介さんということで、

公開日が1995年の3.11「ガメラ 大怪獣空中決戦」を
ユーチューブで見れるので今見てるところですが、
まぁ〜、臭い。プンプンしますよ。

映画「日本沈没(2006)」と同じ香りがします。



とりあえず、
すでに結果が決まっているであろう総選挙の結果が出るまで
ゆっくり観察しましょう。




1

2017/9/16

菅義偉官房長官、北ミサイルの落下地点「襟裳岬東2200キロ」と修正  
熟睡中に起こさないで。




菅義偉官房長官、北ミサイルの落下地点「襟裳岬東2200キロ」と修正
9/15(金) 9:12配信
産経新聞
 菅義偉官房長官は15日午前、北朝鮮のミサイル発射を受けた度目の記者会見で、ミサイルは「襟裳岬東約2200キロの太平洋上に落下した」と述べた。1回目の会見で発表した約2000キロを修正した。



落ちた場所の200キロの誤差なんてどうでもいいのに、
わざわざ22になるように修正した感がありますね。
まぁ、そもそもミサイルなんて発射されてないと思うけど。


菅 義偉(1948年126日 - )
安倍 晋三(1954年921日 - )




映画検証的に、
日本を沈没させる前の通過点、電磁パルス攻撃は
2年後くらいだと思われますが、

その前に南北統一&拉致被害者を帰国させる演劇のための
朝鮮有事をやらなきゃならないわけです。

そのきっかけとして日本だかグアムに
きっかけ作りの一発をぶち込むことは予想されますので、
コレには警戒したほうがいいかもしれないです。



というのは妄想です。
1

2017/9/12

郵政株売却を正式発表 「調整枠」導入も、民営化案件で初  
郵政株売却を正式発表 「調整枠」導入も、民営化案件で初
9/11(月) 16:00配信
[東京 11日 ロイター] - 財務省は11日、政府保有の日本郵政<6178.T>株を追加売却すると正式発表した。発行済み株数の22%を市場で1.3兆円売却するのに併せ、郵政が0.1兆円の自社株を買い取り、最大で1.4兆円の復興財源を確保する。

民営化案件で初めて需要動向に応じた「売却調整枠」も設け、大型売却に伴う需給悪化を回避したい考え。

政府が郵政株を売却するのは2015年11月の株式上場以来1年10カ月ぶり。

今回の売却では、保有する9億1393万7600株を対象に1.2兆円を確保したうえ、7616万1500株を追加売却する新たな調整枠を設けた。追加売却分は0.1兆円に相当し、販売が好調なら市中売却分は1.3兆円となる。

一方、郵政が実施する自社株買いで0.1兆円を確保。郵政株の2次売却で政府が確保する復興財源は最大で1.4兆円となる見込みだ。日本郵政が自社株買いに踏み切るのは上場後の15年12月以来となる。

売却価格や実際に売り出す株数は9月25日から27日のいずれかに正式決定する。株式の受け渡しは価格決定日の4営業日後を予定しており、郵政株の追加売却は、早ければ今月29日に完了する。

日本郵政によると、同社の発行済み株式総数は17年3月末時点で45億株。政府保有分は36億2209万8300株で、追加売却に伴う政府保有比率は80.49%から50%台後半に低下する。

政府は、15年11月の新規公開と今回の追加売却以外にも郵政株売却のタイミングを探り、22年度までに復興財源4兆円を確保する

*内容を追加します。

(山口貴也)







「レッドブル」御曹司を国際手配=死亡ひき逃げ事件で―タイ
9/12(火) 17:58配信
(8 13 9 12) 17時58分 長針12 短針6
時事通信
 【バンコク時事】タイ捜査当局は12日までに、2012年にバンコクで起きた死亡ひき逃げ事件で、逮捕状を取って行方を追っているウォラユット・ユーウィタヤ容疑者(35)について、国際刑事警察機構(ICPO)を通じ国際手配した。

 同容疑者は栄養ドリンク「レッドブル」創業者の孫で、タイ有数の富豪一族の御曹司。

 ウォラユット容疑者は129月、バンコクの通りで高級車フェラーリを運転中、バイクでパトロールしていた警官をはねて死亡させ、そのまま逃走した疑い。

 同容疑者は検察当局の再三の出頭命令を拒否。一方で自家用ジェット機で世界各地を飛び回る生活を送り、「金持ちや権力者は刑罰を受けないというこの国の文化の典型」(地元メディア)として捜査当局の甘い対応に批判の声が高まっていた。



2012年の話

レッドブルのロゴ
ブル(雄牛)の衝突
クリックすると元のサイズで表示します




「スター・ウォーズ」エピソード9、監督交代で公開日延期
9/13(水) 10:45配信
ロイター
[ロサンゼルス 12日 ロイター] - 米メディア・娯楽大手ウォルト・ディズニー<DIS.N>は12日、人気SF映画「スター・ウォーズ」シリーズの「スター・ウォーズ:エピソード」の監督交代を受け、公開予定日をこれまで発表していた2019年5月から、2019120日に延期した。


先週降板が発表されたコリン・トレボロウ氏に代わり、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のJ.J.エイブラムス監督がエピソード9の脚本・監督を務めることも発表された。

ルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長は声明で、「フォースの覚醒でJ.J.は期待するすべてをもたらした。彼が再び戻ってきてこのトリロジーを締めくくることになり、とてもわくわくしている」と述べた。





1

2017/9/5

<北朝鮮>ICBM強化へ 米当局、核搭載「18年前半」  



<北朝鮮>ICBM強化へ 米当局、核搭載「18年前半」
9/5(火) 0:12配信
毎日新聞
 【ワシントン会川晴之】北朝鮮は、大陸間弾道ミサイル(ICBM)にも搭載可能とする初の水爆実験を実施したとしており、今後は核爆弾やICBM技術の完全習得に向けて取り組みを強化すると見られる。


 北朝鮮が開発したICBM「火星14」は今年7月に2回、通常よりも高く打ち上げるロフテッド軌道を採用し発射された。1回目の飛距離は、通常軌道で発射されれば、米アラスカ州に到達する7000キロ前後と推定された。同様の手法で打ち上げられた2回目は、さらに距離を伸ばし、サンフランシスコなど米西海岸やシカゴなど米中西部も射程内に収める1万キロ前後飛行するとの見方が主流を占めた。

 ただ、米国のミサイル専門家は「理論通りに飛行するかどうかは、通常軌道で発射実験を重ねて確かめる必要がある」と指摘する。爆発力が原爆よりも格段に大きい水爆を搭載するICBMを保有すれば、米国に対する北朝鮮の核抑止力は強化されるだけに、実験を重ねる動機となる。

 3日の核実験で使用した「水爆」の重量は現時点では公表されていない。弾道ミサイルは、核爆弾などで弾頭部分が重くなれば飛距離は反比例して短くなる。米ミサイル専門家は弾頭重量500キロを想定し、「火星14」の最大射程は約1万キロと推定している。「水爆」の重量がそれよりも重ければ、飛距離は減少して米本土に届かない可能性がある。

 とはいえ、北朝鮮から約3500キロの米領グアムや約7500キロのハワイ州などを射程内に収めるのは確実と見られ、米国に対する一定部分の核抑止力を持ったことになる。

 また、北朝鮮は過去5回の核実験で原爆の小型化技術は習得したと見られている。米国防情報局(DIA)は、「2018年前半には、核弾頭を載せたICBMを取得する可能性が高い」と指摘、警戒を強めている。

 英国際戦略研究所ワシントン事務所のミサイル専門家、マイケル・エレマン上級研究員もDIAの分析に同意した上で、弾頭を熱から守る「再突入体をはじめ克服すべき課題は多い」として、北朝鮮が「今後も実験を続けるだろう」と見ている。








1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ