こちらは、「多様な教育を推進するためのネットワーク」、通称「おるたネット」の仮HPです。
公式HPの開設を本年6月中を目処に準備中です。

 

トップページ  トップページ


【注目!新着情報(2010/7/11更新)】
イベント:「新しい公共」と多様な教育のためのオープンフォーラム@東京・代々木
日時:2010年8月1日(日)13:30〜16:30(開場 13:00)
→詳しくはコチラ


クリックすると元のサイズで表示します

この会は、
子どもは一人ひとりちがうことを認め、
個々の人格と学ぶ権利を尊重し、
多様な教育へのニーズに応える活動を推進します。
そして、その多様な教育を保障する社会の実現を目指します。


----------------------------------------
多様な教育を推進するためのネットワーク
E-mail : info@altjp.net
----------------------------------------
1

 

8月1日「新しい公共」と多様な教育のためのオープンフォーラム  イベントのお知らせ




新着イベント紹介(2010/5/28更新)



多様な教育を推進するためのネットワーク 主催

■□----------------------------------------------------

「新しい公共」と多様な教育のためのオープンフォーラム

--------------------------------------------------------■□

2010年8月1日 13:30〜16:30 @東京・代々木

こどもが学ぶ喜びを実感し生きる意欲を培えるような、
さまざまな教育の場が日本各地に広がっています。
一方、私たちの今の社会には、
教育の多様なあり方を受け止め、生かしていく土台がまだありません。

しかし今、官主導ではなく、市民一人一人が公共を担う
「新しい公共」という政策が打ち出されています。
多様な教育に関するさまざまな活動にかかわっている市民の立場から、
今出来ること・これからすべきことを、一緒に考えてみませんか?

【第一部】
13:00 開場
13:30〜13:40 はじめのご挨拶:「多様な教育を推進するためのネットワーク」代表 古山明男
13:40〜14:10 講演1.永田佳之さん
…多様な教育活動の社会全体における意味合いについて
14:10〜14:40 講演2.吉田敦彦さん
…「新しい公共」政策の意味と可能性/NPO立シュタイナー学校の経験から
14:40〜15:20 グループワーク

15:20〜15:40 休憩

【第二部】
15:40〜16:20 Q&Aとパネルディスカッション…講演・グループワークをふまえて
16:20〜16:30 おわりのご挨拶:事務局代表 十時崇


■永田佳之さんプロフィール
聖心女子大学准教授。国際基督教大学博士課程修了、教育学博士。
1995年に国立教育研究所(現 国立教育政策研究所)に入所して以来、ユネスコ等との国際事業や国際比較研究に携わる。
主著:『オルタナティブ教育:国際比較に見る21世紀の 学校づくり』(新評論)
『未来をつくる教育ESD:持続可能な未来をめざして』(共著:明石書店)など。

■吉田敦彦さんプロフィール
大阪府立大学教授。今年10周年になるNPO法人京田辺シュタイナー学校の保護者、運営理事、高等部講師。
全国シュタイナー学校運営連絡会での今春の政府交渉に携わる。日本ホリスティック教育協会元代表。
主著:『世界のホリスティック教育/もうひとつの持続可能な未来へ』
『ホリスティック教育論/日本の動向と思想の地平』(日本評論社)など。

<参加について>
●参加費:社会人1000円 学生500円
●定員:100名
●申し込み:Webフォームにて受付→http://www.formlan.com/form2/altjp1/

<会場>
代々木八幡区民会館 集会場
住所:東京都渋谷区代々木5-1-15
地図:クリックすると元のサイズで表示します
GoogleMAPへのリンクはこちらから
電話:03-3466-3239
交通:小田急線 代々木八幡駅より徒歩約6分
都営千代田線 代々木公園駅より徒歩約6分


<お問い合わせ先>
多様な教育を推進するためのネットワーク
メール:info@altjp.net Webサイト:http://altjp.net

★上記イベントのチラシはこちらから(PDFをDL)
2

 

おるたネットフォーラムin関西「教育に選択肢を持とう!」  イベントのお知らせ



※終了イベント

おるたネットフォーラムin関西「教育に選択肢を持とう!」

人々の価値観や暮らしのスタイルが多様化した今日、教育に対するニーズも多様化しています。
最近、「新しい公共」としてNPOなどの市民の力を積極的に活用しようという動きがあり、硬直化した日本の教育界に新風を吹き込むものとして期待されています。
多様な教育の実現を求める市民の動きを知るとともに、私たちが求める望ましい教育のカタチについて、ごいっしょに語り合いませんか?

【参加費】
一般 1000 円 / 学生 800 円
【日時】
2010 年7 月11 日(日)13:30 開場/14:00 〜 17:00
【会場】
大阪府箕面市 箕面こどもの森学園(下記■会場案内■に詳細を掲載しています)
【参加定員】
60 名
【お申込・お問合せ】
project.core.plus@gmail.com もしくは 072-735-7676
お名前・ご連絡先をお伝え下さい。
ご質問等もお気軽にどうぞ!

【プログラム】

<第一部:講演会>

海外におけるオルタナティブ教育事情と、日本での最近の多様な教育を推進する動きについてお話しします。/講師:古山明男(おるたネット代表)

◆古山明男(おるたネット代表)プロフィール
1949 年千葉市生。出版社勤務ののちフリー。私塾、フリースクールを主宰し地域のニーズに応じた教育活動を行う。現在は古山教育研究所を主宰し、教育政策を研究。
著書に『変えよう!日本の学校システム』(平凡社)

<第二部:ワールドカフェ>
この場を、新たなつながりや行動がうまれる場にするために、第一部の講演を受けて、参加者全員で思いや考えを伝えあい、共有します。
※ ワールドカフェとは
「知識や知恵は、機能的な会議室の中で生まれるのではなく、人々がオープンに会話を行い、自由にネットワークを築くことのできる『カフェ』のような空間でこそ共創される」という考えに基づき、対話を発展させていく手法です。


●主催 多様な教育を推進するためのネットワーク(おるたネット)
●共催 箕面こどもの森学園、CORE+、フリースクールみなも、結空間
●協賛 京田辺シュタイナー学校、デモクラティックスクールまっくろくろすけ、神戸サドベリースクール、関西こども文化協会


■会場案内■

箕面こどもの森学園

〒562-0032 大阪府箕面市小野原西6丁目15-31
Tel&fax:072-735-7676
E-mail:kodomomori@nifty.com
ホームページ:http://kodomono-mori.com/

クリックすると元のサイズで表示します

----------------------------------
箕面こどもの森学園は、子どもは自ら学ぶ意欲をもち、自らの力で学ぶことができるというフレネ教育の考えと方法を取り入れたオルタナティブ・スクールです
----------------------------------

【アクセス】
・阪急北千里駅から千里北公園を通って徒歩15分
・千里中央駅から阪急バス175、176 番線「小野原東・豊川駅」行に乗り、「小野原南」下車。徒歩5分
・阪急石橋駅から阪急バス92 番線「JR茨木」行に乗車。「小野原」下車、徒歩15分
・阪急・JR茨木駅から92 番線「阪急石橋」行に乗車。「小野原」下車、徒歩15分

クリックすると元のサイズで表示します
0

 

■“多様な教育”とは何か?  “多様な教育”とは何か?



多様な教育とは?

子どもたちは一人ひとり成長の仕方も学び方もちがうのですから、教育も一つではなく多様であっていいのではないでしょうか。
「みんな同じ」が平等ではないはずです。

一人ひとりの子どもの能力、適性、興味・関心の多様さも、障がいの有無や人種・国籍などの多様さも、もっと考慮されていいと思います。

教師主導の一斉授業方式にこだわらない、新しい教育スタイルへの取り組みや、さまざまな教育プログラム、さまざまな学校があってもいいのではないでしょうか。

欧米等の市民社会が成熟した国々では、多様な子どものニーズに応じたさまざまな教育プログラムをもった学校があり、その子に合った学校を選ぶことができます。
また市民が容易に学校をつくれる制度もあります。多くは公的助成があります。

子どもたちの多様なニーズに応じたいろいろな学校・教育機関があり、自分が受けたい教育を自分で(保護者と一緒に)選べる、自分たちでつくることもできる。
国や自治体はそうした学校・教育機関を援助し、社会全体で子どもの育ちに責任をもつ。


そのような個々人のもつ学習権や「教育への権利」をきちんと保障する社会が今、求められています。
2

 

■“多様な教育”実践の紹介  “多様な教育”実践の紹介



<メニュー>

●日本の多様な教育実践の現状について

●多様な教育・学校の紹介

●運営における現状と課題
0

 

日本の多様な教育実践の現状について  “多様な教育”実践の紹介



日本では近年、さまざまな教育提言が行われ、公教育のなかでも画一的な教育を越えていく努力が続けられています。
一方、現行の学校の枠組みの外側でも、特色のある実践が行われています。

クリックすると元のサイズで表示します

このような草の根の教育実践が、日本社会の中で今、着実に広がってきているのです。
しかしその多くは、法律上の学校としては認められず、それゆえさまざまな困難を抱えています。
金銭面を含めた支援がないために運営が難しかったり、高額の費用がかかるために誰もが通えなかったりします。
また規模が小さい学校も多く、そのような学校は問題が起こった時に、教育面でも運営面でも孤立無援になりがちです。
そのような実態を行政に訴えても、制度の“壁”に阻まれることが多いのが実情です。

こうした状況を何とかしようと、草の根の教育実践者や日本の教育を変えたいと思う人たちが集まって、政治的に中立な団体として、この会を立ち上げました。
私たちは、多様な教育を必要とする親子が安心して教育を選択できる社会を目指し、多様な教育を実現するための活動を行っていきます。

2

 

■おるたネットの活動について  おるたネットの活動について



<メニュー>

・会の理念

・設立の経緯

・活動方針

・活動プラン

・活動への参加について

・ご連絡先
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ