2010/10/29 | 投稿者: mam

(キャッシュバークキャンペーンはいつのまいか終わっているようで。。。)
については直接マイルには出来ず、還元率も遥かに低いものです。
この場合、JCBの方へ申し込んでしまったらVIZAでのクレジット払い分は無駄になっちゃいますか?
 本来ならキャッシュバックキャンペーン中に手続きをされるべきでしたけれど(一度手続きをすると
移行されると良いでしょう。
ほぼ取り返せます。ですから、VISAの方も止めないで継続保有する、という手はあります。
 マイルに移行出来るカードはJAL・ANAそれぞれに何枚もあり、それを複数持つことは全く
 また移行手数料についてはchi0120さんと全く同意見です。
VISA ANAカードからJCB ANAカードへの変更
問題ありません。ナンバー1のかたが仰る通り、それぞれにマイレージクラブのID番号がありますので
航空会社純正カードの中で、利用金額に応じてマイルの割増が付くのは現在JCB(ANA・JAL)
現在VISA ANAカードを持っていますが、移行手数料が6300円もかかるので
まさかANAカードダブルでマイルをためることなんて可能なんでしょうか?どなたかご存知の方が
カードだけですので、今年ANA・VISAカードから変更しました。VISAの方はボーナスマイル
携帯やネットをクレジット払いしていますが請求が確定するまで1〜ひと月半かかりますよね。
全て統合出来ます。
JCB ANAカードへ変更しようか迷っています。どなたか変更した方いらっしゃいますか?
年間何度移行しても料金は一緒)、もう仕方ないので、できるだけ早くJCBに申し込んでカードが
 また、ANAの場合、カードを持っているだけで通常カードでも年に1,000マイルもらえます。
いらっしゃいましたら教えてください。
来たらそちらに乗り換えて、現在のVISAカードの請求が全て終わってポイントが確定してから
さらにVISAの場合、年会費を半額にする方法もありますので、それを利用すればこれで年会費分は
0

2010/10/10 | 投稿者: mam

なお、国内線の場合予約できるのは2ヵ月前からです。年末に載りたいのであれば、
何をどう見たらよいのわかりません。
年末年始に使えるなら、自分で、
下にある「特典航空券予約」のリンクをクリックすると予約画面に入れます。
プレミアムポイントが約8,000ポイント、
極めて困難かと思います。
いま、
ちなみに、次の年末年始、または来年成人の日前後に使いたいです。
10月末からしか予約はできません。
ANAのマイページ(ANAマイレージクラブのタブ)から、左にある「国内線特典航空券」の
ちなみに、マイルで交換できる座席にはかなり限りがあり(ANAは特に)、年末年始の確保は
成人の日前後なら兄弟に使わせたいと思っています。
もし特典予約できないようなら、eクーポンに交換して航空券を購入するという方法も考えた
また、国内便の搭乗に使いたいのですが一番損をしないマイルの使い方があったら
詳しい方、よろしくおねがいします。
ANAのマイルを使いたいのですが、使い方がよくわかりません。。
マイル口座残高が約23,000マイルあります。
ANAマイレージの使い方。
おしえてください。
うちANA便ポイント約8,000ポイント
方がよいと思います。
日時・便等を選択すれば予約可能です。
0

2010/9/16 | 投稿者: mam

マイレージポイントのため方
2010-08-19
に移行するという形になりますので、ANAマーレジに移行可能なカードであれば何枚
合算して利用出来るのでしょうか?
効率よくマイレージを貯める方法を教えて下さい。お願い致します。

あまりにも種類が多すぎて良く分かりません・・・・
持っていても合算は可能です。
が支払えるカードであればマイルは貯まります。
それとマイルには約3年間の有効期限がありますので、3年の間に150万円以上使わなければ
それから「+HAPPY UCカード」はポイントの還元率が悪い(千円で2マイル)のでやめた方が

最近では、ガスや電気等、公共料金の支払いでマイレージを貯められるカードがあるようですが、
いいですね。
もし、東京ガスの「+HAPPY UCカード」に加入してマイレージを貯めた場合、ANAカードで貯めたものと
合算というか「+HAPPY UCカード」しろ「ANAカード」しろポイントを「ANAマイレージ」
(ANAカードの場合)国内往復航空券すらもらえません。
ANAマイジーレカードを持っています。
多分勘違いされていると思いますが、セゾンカードでもANAカードでもJALカードでも、公共料金
0

2010/9/9 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ