2013/6/3

複数の監督官庁を一本化すること  

どうでしょう?

しかし、臨床心理士の国家資格の法制化には、課題が山済みです。臨床心理士資格は医療も教育も司法や他の領域にも関係する心の専門資格です。しかし、現在の日本では、弁護士は法務省、医師は厚生労働省と関連する省庁が監督官庁となっています。横断的な資格となると監督官庁も複数にまたがります。この複数の監督官庁を一本化することは現在の実情からは難しいことなのです。また、臨床心理士がそのまま国家資格になって、すでに「臨床心理士」を持っている人はスライドすべきかも問題です。心理の民間認定の資格が多くある中で、特定の民間資格がそのまま国家資格になると法の下の平等に反することになるからです。他にも臨床心理士が国家資格になったときの医師との指揮命令系統をどうするかなど様々な問題が残されています。
しかし、臨床心理士資格を国家資格への法制化の道はまだ険しいものがあります。というのは、臨床心理士は医療も教育も司法などさまざまな領域にも関係する心の専門家です。横断的な領域に渡る資格を監督するとなると、監督官庁も複数にまたがることになります。この複数の監督官庁を一本化することは日本の実情からは難しいのです。
0

2013/6/3

1年以上の心理臨床経験があること  

いろいろな意見がありますね。

現在、臨床心理士と認定されるには1990年文部省(現・文部科学省)認可の財団法人日本臨床心理士資格認定協会が行う「臨床心理士資格試験」に合格する必要があります。受験するためには指定の大学院(第一種指定大学院)の修了や、指定の大学院(第二種指定大学院)の修了後1年以上の心理臨床経験がある人などの受験資格が必要となります。臨床心理士資格試験は、例年6、7割程度の方が合格している民間資格です。
現在、臨床心理士と認定されるには日本臨床心理士資格認定協会が行う「臨床心理士資格試験」に合格する必要があります。日本臨床心理士資格認定協会は、文部科学省認可の財団法人です。臨床心理士資格試験を受験するためには、かなり難しい受験資格が必要となります。その受験資格とは、指定の大学院(第一種指定大学院)の修了や、指定の大学院(第二種指定大学院)の修了後1年以上の心理臨床経験があることなどが必要です。資格試験の合格率は、60〜70%程度です。

こんな意見もあるのですね。海外保険
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ