2013/3/26

2013年3月25日、人民日報によると、  

2013年3月25日、人民日報によると、中国気象局の鄭国光(ジョン・グゥオグアン)局長は今月23日に記者のインタビューに応じた際、「中国は今後6年間で10基の気象衛星を打ち上げ、約50基のドップラー気象レーダーを設置し、約4万カ所の自動気象観測ステーションを建設する2020年に気象観測の空間分解能は約10kmに達し、時間分解能は分レベルに達する観測密度の向上は気象予報・警報の正確性を高める気象予報分解能は都市部で2〜3kmに、全国範囲で5〜10kmに達する」と述べた

【その他の写真】

今月23日に53年目の世界気象デーを迎え、世界気象機関は今年のテーマを「人と国土を守るため――世界気象監視計画50年――」とした

鄭局長は、「気象予報の基礎は気象観測だ中国の気象観測の現代化水準が近年高まっており、中国の気象観測能力は世界先進水準に達した7基の気象衛星が軌道上を運行中で、178基の新型ドップラー気象レーダーが天気を密接に観測しており、さらに5万2000カ所の自動気象観測ステーションが全国各地に分布しているそのうち気象衛星と新型気象レーダーは6分毎の観測を、自動気象観測ステーションは1分毎の観測を実現しており、突発的な気象災害の予測・警報能力を大幅に向上させた」と説明した

気象部門は観測ネットワークの建設の面で大きな成果を手にしたが、より精密な天気予報に必要な観測能力が依然として不足している鄭局長は、「中国は将来的に地上・空中・宇宙を結びつけた立体的な気象観測を強化する」と語った 海外戦略を加速している出光興産が、シェール革命による米国産天然ガスの大幅値下がりを活用し、得意の石油化学製品で一気に世界シェアを引き上げる方策を打ち出した

【詳細画像または表】

 出光は三井物産と折半出資で合弁会社を米国に設立し、成長性の高い石油化学製品とされるアルファ(α)オレフィンの製造販売事業を行うことで基本契約を締結したさらに両社は、米国最大の化学メーカーであるダウ・ケミカルと、同事業の原料となるエチレンの調達と製品の一部販売で基本合意に達した生産能力は年産33万トンで、2014年1〜3月に最終投資決定を行い、16年中に稼働する予定総投資額は未定だが、数百億〜1000億円に達する見込みだ

■ 独自技術の強みを生かし海外市場で攻勢

 αオレフィンの用途は、ポリエチレンなど合成樹脂の添加剤(強度向上)や洗剤、高機能潤滑油、製紙用薬剤など多岐にわたる世界需要は年間300万トン(約5000億円)を超え、今後も世界のGDP(国内総生産)成長率を1〜2%上回る伸びが見込まれている

 出光はαオレフィン製造で独自技術を持ち、国内ではリーダー格千葉工場で年間5.8万トン(売上高100億円弱)を生産しているただ、世界市場ではシェル(12年のシェア34%)、シェブロンフィリップスケミカル(同32%)、イネオス(15%)、サソール(同11%)の海外4社で90%以上のシェアを占めており、出光のシェアは2%弱にとどまるそれに、出光が売り上げの半分を依存する国内市場は、成熟化で需要が頭打ちの状態にある

 出光にとって、独自技術を生かしてシェアを上げるには、海外市場を開拓するしかないそれには原料を安く調達し、消費地に近い場所で生産することによってコスト競争力を高める必要があるその手段として決断されたのが、今回の提携だ

 ダウはテキサス州フリーポートやルイジアナ州セントチャールズに大規模なエチレン工場を持ち、シェール革命で大幅に値下がりした米国産天然ガスに含まれるエタンからエチレンを製造しているフリーポートでは17年稼働に向け世界最大級のエチレン工場(エタンクラッカー設備)を増設する予定にある合弁会社は、ダウから製造コストベースでのエチレンの引き取り権を確保する

■ 原料コストを最大2分の1に圧縮も

 「現在、千葉工場では石油由来のナフサを原料とするエチレンからαオレフィンを製造しているが、米国産天然ガスを原料とするエチレンから製造すれば、原料コストは3分の1から2分の1程度削減できる」と、出光興産の機能材料部AO・AO誘導品グループリーダーの岡田憲夫氏は見積もる

 αオレフィンの原料コストは製造コスト全体の約半分を占めており、半減できれば競争力と採算性は大きく改善するまた、合弁会社の17年時点での世界シェアは約8%に達し、4強に次ぐ地位を確立する出光単独としても、販売額とシェアが倍以上に拡大する見込みだ

 販売先は、年産33万トンのうち7割程度が北米向けで、合弁会社が販売する残りは欧州と中国を含むアジアで、この輸出販売については三井物産が担当する三井物産は、ダウとはテキサス州で電解工場を合弁設立するなど以前からパートナー関係にあり、出光ともαオレフィンを含めて海外販売で協力関係にある

 一方、ダウは合弁会社に対して原料のエチレンを供給するのに加え、合弁会社から製品であるαオレフィンの一部供給を受けるポリエチレンなどの原料を安価で確保するためだ気象予報分解能は都市部で2〜3kmに、全国範囲で5〜10kmに達する」と述べたルイヴィトン 名刺入れ エピ気象予報分解能は都市部で2〜3kmに、全国範囲で5〜10kmに達する」と述べたカルティエサングラス気象予報分解能は都市部で2〜3kmに、全国範囲で5〜10kmに達する」と述べたルイヴィトン コインケース 新作
0

2013/3/26

肌もあらわな女性3人を縛り上げ、  

肌もあらわな女性3人を縛り上げ、にっこりピースサイン―イタリアのベルルスコーニ前首相(76)が後ろ手に縛られた若い女性を車のトランクに「拉致」した風刺画広告が波紋を広げ、広告主の米自動車大手フォード・モーターのインド子会社が25日、謝罪した
 問題の広告はフォード・インドが小型車の荷室の大きさをアピールする狙いでインターネット上に掲載トランクに積まれた女性と共にピースサインで笑顔のベルルスコーニ氏が描かれ、「悩みは大きなトランクへ」とのコピーが付いている  自民党政権になり、今、市場が一気に活気づいている連日メディアでは株価上昇と円安への動きが報じられ、大手証券会社では、東日本大震災後静かだった電話のベルが鳴り響き大忙しのようだ

 そんな証券会社の儲けのテクニックについて、某大手証券会社の元女性社員Y氏(仮名、30代前半)から話を聞いた

 Y氏の証券会社時代の仕事は、電話、対面で顧客からの株などの売り買いに対応する窓口業務多くの証券会社では、顧客に多く売り買いをさせ、そこで儲ける手数料により、個人の歩合給が左右されるそのため、Y氏の会社でも、個人がどれだけ手数料を稼いだかという営業成績が、社内の壁にグラフとして貼り出されていたという

「私が勤務していた当時は、個人の名前と成績グラフが貼ってありました日々、どれだけの売り買いを顧客にさせ、手数料を取ることができたのかをわかるようにするためです社員間の競争意識が強かったので、とにかく顧客に売り買いをさせることに全力を注いでいました」(Y氏)

 個人はまず株式投資を始める際、証券会社で口座を開設することになるそのとき、窓口業務を担当した社員が、その顧客の担当者となることが多い窓口や電話などで株式売買をする場合には、顧客の担当者が応対するその際、売り買いともに取引金額の約1割が、手数料として証券会社に支払われることになる(ネット証券を利用した売買の場合は、手数料はこれより低い)

「手数料は取引金額に応じて異なりますですので、私たちの間では億以上の資産を株式投資されている顧客は『大切な顧客』ですが、資産数千万円程度の顧客は『たんなる顧客』、それ以下の数百万、数十万の顧客は『クズ』『ゴミ』と呼んでいました顧客から電話を頂いても、億単位の方以外のあしらいは適当でした少額の運用に頭を使うのは時間の無駄ですし、売り買いしていただいても数十万、数百万円程度の取引額では手数料も微々たるものですそんな手数料のために、事務処理をするのは面倒ですから」(Y氏)

●“クズ株”も押し付け

 各種投資関連雑誌を見ると、ネットでの株取引を勧めている記事が多いが、Y氏によれば、大口の投資家は昔から株式投資をしているため高齢者が多く、ネットは信用できない、窓口や電話での取引こそが一番だと考えている人も少なくないというこうした顧客は、証券会社としても絶対に大切にしなくてはいけないため、扱いは丁寧に、信憑性の高い銘柄を勧め、資産を増やすことを最優先に考えるという

「逆に、証券会社の上部から“とにかく売れ”と言われた長期的な値上がりが見込めない株=“クズ株”は、投資金額が数百万、数十万レベルの顧客に押し付け販売します多少でも上がらないとマズイので、売りつけ後に社内で株価を操作し数日だけ上げ、あとは下落していきました顧客の資産よりも、自分の成績を上げることが大切なので、より多くの手数料を稼ぐために、顧客と投資金額について相談しながら、目先だけ上がるような銘柄を勧めていました上がった時に株を売らせるのではなく、少し下がりだした時に、損切りをさせて、また目先で上がるような銘柄を勧めますこうすることで、顧客は少し儲けている、儲かっているという気持ちになるようです実際に、この方法で何人かの顧客は私に感謝してくださいました」(Y氏)

 しかし、このやり方では、購入銘柄は高値になり平均買いコストは上回るものの、大きく儲けを出したわけではないので、手数料と差引きすると、資産全体では少しずつ目減りしていくのだというまた、株の世界では「株の儲けは我慢料」という言葉もあり、銘柄によっては、売り買いは激しくしないほうが利を得るとされている銘柄も少なくない

「どんな銘柄でも、基本的にどんどん売り買いさせていました実際は、このまま置いておくほうが儲かりそうな銘柄でも、手数料の儲けのために移動(現在保有する株を売って、他の株を買うこと)をお勧めしたことが多いと思います株価は政府要人の発言や出来高数などによって変化しますさらに、ひとつひとつの銘柄にはクセのようなものがあり、毎日見ているとクセがだいたい読めるようになりますそこで、銘柄移動を繰り返し、何度も繰り返させることで手数料を頂いていましたですから、顧客が増えているはずだと思っていた総資産は、アッという間になくなっていきました」(Y氏)

 また、顧客の売り買いが少ない時期には、女性であるY氏は、男性顧客の会社や自宅に出掛け、売買を勧めることも少なくなかったというまさに、「押し売り/押し買い営業」である

●顧客が路頭に迷っても関係ない?

 社内では常に営業成績ベスト5だったというY氏に、顧客の資産を目減りさせていくことに対する罪悪感はなかったのだろうか?

「顧客が資産を失っても、路頭に迷っても関係ないですだいたい、自力でなんの勉強もせず、ただお金を預け、電話をかけていれば資産が増えると思っているほうが間違いだと思います他の証券会社社員の方は知りませんが、私はリスクの高い信用買いを顧客にお勧めすることはしませんでしたので、顧客が借金まで背負われることはなかったと思います」

 最後にY氏に「株式投資で成功する秘訣は?」と聞くと、次のように答えた

「一番大切なことは、証券会社社員の話は絶対に鵜呑みにしないこと特に、いいことずくめでリスクを言わない場合には、“クズ株”の営業だと思って間違いなし次に、株取引はネットやスマホが一番いかに自分流の投資法や自分に合った銘柄を見つけるかが、決め手になると思います」(Y氏)

 ちなみに、筆者も株式投資をスタートしたのは、Y氏が勤務していた大手証券会社だったが、ネットでの取引だったにもかかわらず、その手数料は他のネット証券会社の一般的な金額の約10倍そのため、いまだにその手数料を回収することすらできていないトランクに積まれた女性と共にピースサインで笑顔のベルルスコーニ氏が描かれ、「悩みは大きなトランクへ」とのコピーが付いているグッチサングラストランクに積まれた女性と共にピースサインで笑顔のベルルスコーニ氏が描かれ、「悩みは大きなトランクへ」とのコピーが付いているfendi サングラス2013トランクに積まれた女性と共にピースサインで笑顔のベルルスコーニ氏が描かれ、「悩みは大きなトランクへ」とのコピーが付いているiphone5 カパー
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ