2013/5/23

Record China 4月16日(火)11時58分配信  

Record China 4月16日(火)11時58分配信

15日午後2時50分ごろ(現地時間)、米マサチューセッツ州ボストンで開催中のボストン・マラソン会場で連続して爆発事件が発生したオバマ大統領が緊急声明を発表している写真はボストン

2013年4月15日午後2時50分ごろ(現地時間、日本は16日早朝)、米マサチューセッツ州ボストンで開催中のボストン・マラソン会場で連続して爆発事件が発生した中国・環球時報もこれを伝えた

【その他の写真】

2万4000人超のランナーが参加していたボストン・マラソンのゴール付近で事件は発生した1回目の爆発からわずか10秒ほどをおいて、50〜100メートルほど離れた場所で2回目の爆発が発生同日夜(現地時間)までに、死者は3人、負傷者は130人あまり、うち17人が重体と伝えられているマラソンには日本人も参加していたが、在ボストン日本総領事館によると、現段階では日本人の死傷者は確認されていない会場には数十万人の観戦者がいたと見られ、負傷者のほとんどは観戦者だったと考えられている

爆発は人為的なものと見られ、関連当局はこれをテロ行為であるとの見解を示しているボストン市警は同日、「テロとの関連を調査中」とし、ホワイトハウス当局者も「複数の爆発物によるテロ行為」と明言している

事故当時、大会はまだ終わっておらず、現場には白煙が立ち込め、地面が鮮血が染まり、一帯は混乱に包まれた事件からおよそ1時間後、現地当局は3個目の爆破装置を発見、これを解除したその後さらに、事件を引き起こしたと考えられる合計3個の爆破装置を確認した

米・CBS放送によると、事故からおよそ3時間後、オバマ大統領は緊急声明を発表事件の首謀者・実行犯や動機は現段階では不明だが、これを明らかにし、相当の処罰を与えると発言したしかし、その発言内容は慎重を期したものであり、事件がテロ行為によるものとは明言していないまた、犠牲者への哀悼の意を示すとともに、国内の安全対策を強化したことにも言及した(レミアリーグ第33節が14日に開催され、ニューカッスル対サンダーランドの“タイン・ウェア・ダービー”が行われた試合は、3−0でアウェーのサンダーランドが勝利した

 試合後、敗れたニューカッスルのサポーターが警官隊と衝突29名の逮捕者が出たと『スカイスポーツ』など、各メディアが報じている

 ニューカッスルサポーターは、警官隊に向かいビンなど様々なものを投げ、騎馬にも襲い掛かったこの混乱で、ニューカッスルの本拠地であるセント・ジェームズ・パークの最寄りの地下鉄駅が短時間ながら閉鎖に追い込まれたイギリス紙『デイリーメール』は、スタジアム内は平和的に進んだものの、スタジアムに入れなかったニューカッスルサポーターのグループが、サンダーランドのチームバスを待ち伏せし、警察が設定した境界線を突破しようとしたが阻止され、サポーターグループが地下鉄の駅へ移動する過程で衝突したと報じている

 ノーサンブリア警察の広報官は、「今回の事件で最も深刻だったことは、ニューカッスルのサポーター集団が、地下鉄の駅でサンダーランドのサポーターと相対しようとしたことだったしかし、警官隊によって阻止されたその際、警官3名が負傷した」と声明を発表した

 また、スティーブ・ニール警視は、「大半のサポーターの振る舞いは良かったタイン・ウェア・ダービーという素晴らしい時を楽しんでいた残念ながらわずかの無法者がニューカッスルサポーターにいたため、駅で事件が起きてしまったそのような行動は容認できない」と遺憾の意を表明している

 前日の13日にはFAカップ準決勝でミルウォールのサポーター同士が、試合中に観客席で乱闘を起こし、さらには警察と衝突10名以上の逮捕者を出した『デイリーメール』は、「1970、80年代の暗黒時代を想起させる」と、フーリガンが問題となった時代の再来を危惧している1回目の爆発からわずか10秒ほどをおいて、50〜100メートルほど離れた場所で2回目の爆発が発生激安ブランド通販1回目の爆発からわずか10秒ほどをおいて、50〜100メートルほど離れた場所で2回目の爆発が発生グッチ iPhone ケース1回目の爆発からわずか10秒ほどをおいて、50〜100メートルほど離れた場所で2回目の爆発が発生ヴィトン バッグ1回目の爆発からわずか10秒ほどをおいて、50〜100メートルほど離れた場所で2回目の爆発が発生ブランド時計専門店1回目の爆発からわずか10秒ほどをおいて、50〜100メートルほど離れた場所で2回目の爆発が発生ガガミラノ新作時計1回目の爆発からわずか10秒ほどをおいて、50〜100メートルほど離れた場所で2回目の爆発が発生ipad2 ケース
0

2013/5/23

トナム人に宇宙旅行のチャンスが到来したこれは  

トナム人に宇宙旅行のチャンスが到来したこれは消費財大手ユニリーバが世界63カ国で実施する男性化粧品「AXE」のグローバルキャンペーンで、最終的に22人が選出され宇宙旅行に招待される16日付VNエクスプレスが報じた
 ベトナムではテレビのリアリティ番組「宇宙に行く2人目のベトナム人を探せ」を通して、候補者が選ばれるこの番組には、1980年にベトナム人として初めて宇宙飛行士になったファム・トゥアン中将(66)が顧問として参加する
 宇宙旅行は、エックスコア・エアロスペースのサブオービタル宇宙機「リンクス・マークツー」を使用して行われる宇宙飛行士は地上約300キロの宇宙空間で各種ミッションを行うが、今回は高度約110キロの宇宙空間を飛行することで、搭乗者は無重力の感覚を味わい、地球の姿を眺めることができる
 リアリティ番組へは、健康、体力、心理の各面の基準を満たした18〜35歳のベトナム人が応募できるまず書類選考で100人に絞られ、いくつかのテストを経てさらに15人に絞られるこの15人が番組で能力を競い合い、最終的に代表1人が選出されるベトナム代表はボストン爆発事件 韓国外交部長官が強く糾弾
聯合ニュース 4月16日(火)21時12分配信
【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の尹炳世(ユン・ビョンセ)長官は16日、米ボストン・マラソンの爆発事件を受け、ケリー米国務長官にメッセージを送り、事件の犠牲者に哀悼の意を表した
 尹長官は悲劇的な爆発事件で犠牲になった民間人や家族、米国民に深い哀悼の意を示すとともに、「韓国政府は民間人を対象にしたあらゆる暴力行為を強く糾弾する」と非難した
 外交部によると、現時点で韓国人の被害はなく、テロを含む類似事件に備えて現地韓国人の安全措置を強化した【新華社北京4月16日】 米マサチューセッツ州のボストンで現地時間の15日開催されたボストン・マラソンのゴール付近で爆発が起き、これまでに3人が死亡、100人余りが負傷したこれを受けて国内外の各方面から死傷者への哀悼の意、見舞いの言葉が寄せられているほか、この惨劇への非難の声も集まった

【その他の写真】

国際陸上競技連盟(IAAF)は公式ウェブサイトで「IAAFは世界中のほかの競技団体と同様、ボストン・マラソンで発生した爆発事件に驚きを感じた爆発による死傷者の家族、親友たちに心から同情し、見舞いの気持ちを示したい爆発の原因は今なお分からないが、われわれはこの暴力的行為を強く非難する」との声明を出した

オバマ米大統領は「誰が実行したのか、なぜ実行したのかを突き止め、正義の重みを分からせる」と表明し、捜査に全力を上げるよう指示したと強調した

マサチューセッツ州のパトリック知事は「ボストンにとって恐怖の1日だ負傷した方々の快復を祈っている」と述べた

またカナダのハーパー首相は、「ボストン・マラソンで爆発が起きたことは本当に悲しい負傷者の快復を祈っている隣国として米国と共に行動する」と強調した

このほか、メキシコのカルデロン前大統領は、「911同時多発テロの悪夢を思い起こしてしまう当時、ツインタワーを襲撃した航空機もボストンから離陸した」と述べた
他の国から選ばれた21人と共に訓練に参加本番の宇宙旅行は来年1月に予定されている
 ベトナム人として初めてフィールズ賞を受賞した数学者ゴ・バウ・チャウ教授は、この番組は若者らが夢や希望を養う場になると歓迎の意を示した宇宙飛行士は地上約300キロの宇宙空間で各種ミッションを行うが、今回は高度約110キロの宇宙空間を飛行することで、搭乗者は無重力の感覚を味わい、地球の姿を眺めることができるルイヴィトン 新作 財布宇宙飛行士は地上約300キロの宇宙空間で各種ミッションを行うが、今回は高度約110キロの宇宙空間を飛行することで、搭乗者は無重力の感覚を味わい、地球の姿を眺めることができるルイヴィトン財布 2013宇宙飛行士は地上約300キロの宇宙空間で各種ミッションを行うが、今回は高度約110キロの宇宙空間を飛行することで、搭乗者は無重力の感覚を味わい、地球の姿を眺めることができるガガ 腕時計宇宙飛行士は地上約300キロの宇宙空間で各種ミッションを行うが、今回は高度約110キロの宇宙空間を飛行することで、搭乗者は無重力の感覚を味わい、地球の姿を眺めることができる宇宙飛行士は地上約300キロの宇宙空間で各種ミッションを行うが、今回は高度約110キロの宇宙空間を飛行することで、搭乗者は無重力の感覚を味わい、地球の姿を眺めることができるルイヴィトン バッグ宇宙飛行士は地上約300キロの宇宙空間で各種ミッションを行うが、今回は高度約110キロの宇宙空間を飛行することで、搭乗者は無重力の感覚を味わい、地球の姿を眺めることができるiPhone 5 ケースコピー
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ