2015/7/19

アロマでアンチエイジング  

アンチエイジングが気になるお年頃?になってしまいました。

今まであまり気にしていなかったけどアロマレシピ集のサイトを見つけてアンチエイジングに効果があるアロマを探してみました。

効果がある精油って色々あるんですね〜ビックリしました。

まずはこちらが気になりました。ローズマリーは昔から若返りの精油として知られていたそうです。発汗効果と血行が良くなるので結果代謝がアップして若々しい体になっていく精油です。

これってお肌だけじゃなくてダイエットにも効果がありそうですね。年齢があがるにつれて体型も変わって代謝も悪くなるので、むくみや疲れが取れたら一石二鳥ですよね?
浮腫んでいる足はそのまま放っておくとどんどん太くなっていくと聞いてその日のうちにマッサージで血行をよくしたほうがいいみたいです。
毎日の積み重ねなので、気づいたら細くなっていたと思うまで毎日頑張るしかないですよね〜。そしてもう一つ気になるのがフランキンセンスです。
こちらはお肌にハリと引き締め効果を与えてくれる精油です。
お肌も年齢があがるとどんどんハリがなくなってくるのでこちらもぜひ試したい精油です。
香りを嗅ぐだけではなくキャリアオイルと混ぜてオリジナルマッサージオイルを作っても効果が期待できそうですね。
0

2015/5/7

アロマの研究は進んでいます  

老化とは何でしょうか?

それは年齢とともにおこる各器官の機能低下です。

老化の原因にはいろいろな説がありますが、近年注目されているのが、体内で発生する活性酸素が細胞を傷つける酸化です。

酸化を防ぐ抗酸化物質として、ビタミンC、E、ベータカロチン、ビタミンAなどがあり、こうした栄養素をバランスよく十分に摂ることが老化防止につながるといわれています。


中でも年齢が出やすいのが肌で、肌老化の原因の7割は紫外線による光老化といわれています。

紫外線を浴びることによって皮下組織などで発生する活性酸素の一種で、肌老化の原因の7割ともいわれているのが「一重項酵素」です。

アロマテラピーを研究している医学者の検証で、この一重項酵素を消去する機能の高い精油は、パルマローザ、ジュニパーベリー、真正ラベンダーでした。

だけど、ラベンダーとレモンをブレンドすると、さらに一重項酵素を消去する機能が上がったのです。

こういう風にブレンドすると未知の力を発揮する可能性が大きく、医学者や科学者も注目しています。


まだまだアロマセラピーは科学的に未知な部分が多いですが、その分、新しい発見がこれからいっぱいあるだろうと思うとワクワクします。

将来、精油を使った画期的なアンチエイジング化粧品が出るかもしれませんね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ