2011/9/30 | 投稿者: antwalkrun02n

結婚する相手の家と上手にやっていきたい、と誰もが思うものではないでしょうか。
相手ともそうだけれど、特に日本は「家同士の関係」は結構大事ですよね。
同じ出身地同士でも難しいことは多いけれど、他県の人と結婚することになったら・・
いろんな部分で「大変なこと」が待っているんです。県が違うというだけで
常識や考え方、価値観、文化など・・いろいろと「合わない」と感じてしまったり、
「そんなこと聞いたことない」と驚愕したり・・・。ほんと、都道府県によって、様々な
常識の違いというものがありますよね。結婚する時に、まず相手の出身地のことや
その地域の人の風習や考え方などをいろいろと勉強しておくと良いと思います。
習うより慣れろ、とは言いますが、今は情報がいくらでも探せる時代です。
先にいろんなことを頭に入れてから結婚しても損は無いのではないでしょうか?
私の知り合いに、東京出身の男性と大阪出身の女性のカップルがいて、
この二人が結婚した時は大変だったようです。後から女性のほうから話を聞いたのですが、
まず彼が彼女の実家に行ったときに、「吉本新喜劇の舞台に居る気分だった」と
言っていたそうです(笑)私もついつい笑ってしまいましたが・・。大阪の方というのは
普段からノリと突っ込みが会話の中に入り乱れているようですが、やっぱり彼には
それになかなか付いていけず、かなり慌てたそうです。きっと、他の地方にも、
その土地の風習や先祖の奉り方とか、行事などもいろいろあるだろうし、離れている
土地同士ほど、大変ではあると思います。皆さんも相手の出身地についていろいろ勉強しておきましょう!

http://www.happymondays.info/
0

2011/9/29 | 投稿者: antwalkrun02n

切羽詰った恋愛。
そんな経験を1度だけした事があります。

誰からも祝福されない恋愛でした。
それには確固たる理由がありました。「彼が結婚と離婚を繰り返す人」だったからです。
そのサイクルはとても短く、4回の離婚を経験していました。
そんな彼と付き合うこと自体を友達も心配していましたし、当然、両親も大反対でした。

「そこまで繰り返すのには男にも何らかの決定的に良くない部分がある」
そう両親に言われました。
今になれば、その通りだと思うのですが、当時の私は
「彼のことを何も分っていないのに!」
と、反発していました。

友達も「止めておいたほうがいい」と心配そうに言ってくれていたのに耳を貸さなかった私。

誰からも祝福され・認められないからこそ私は彼しか居ないと思うようになっていきました。

2人だけの世界の中に閉じこもってしまった事で「先」が見えなくなっていきました。
そして彼から
「どこかへ逃げないか」といわれたんです。
俗に言う「駆け落ち」
確かに、誰も知り合いの居ない土地へ行けば平和で幸せな日々が過ごせるかもしれない。
そう考えてはみたものの、やはり私には出来ませんでした。

彼のことは大好きではありましたが、親や友達を裏切る事・捨てる事は出来ませんでした。そして簡単にそんな事を言う彼に不信感を抱くようになり、結局は別れてしまいました。

それでよかったんだと今でも思っています。
人妻
0

2011/6/26 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ