高齢者に「ぶらタク」が人気  

「ぶらタク」とは、観光会社とタクシー会社が提携し自宅から旅館までタクシーで移動することをいう。

タクシー業界は、過当競争が続き、景気が悪い状態が続いている。

売上は減少し、倒産件数も増えているのだ。

そんな中、神奈川県のタクシー会社17社が協力しあい、温泉旅館などと提携しながらこの企画を実現した。

気になるのは料金だが、往復のタクシー料金と、朝晩2食の食事つき宿泊がセットで、例えば、川崎・溝口から1万7700円、横浜から1万6900円、相模原から1万6400円、藤沢から1万4800円。


安い!

この金額なら安い。この金額は4人乗車の1人当たりの値段です。

8人乗りのミニバンを利用すれば、1人当たりはもっと安くなる。

自宅まで迎えに来てくれるのだから、これは便利だ。

疲れた帰りも玄関横づけになる。

最高の気分ですね。

これなら、電車の乗継が困難な高齢者や、観光バスなどの団体旅行が苦手な人、体の不自由な人でも最高の旅が味わえます。


タクシーだから、好きな時間、好きな場所に行けれるし、途中、気になる土産物屋を見つけたら寄る事もできます。

また、バスがはいれないような穴場スポットに行く事もできます。

何よりも集合時間を気にしなくていいことは最高ですね。

ランチなども、地元に詳しいタクシーの案内で教えてもらうこともできます。

良いサービスを考え付いたと思います。


是非、このサービスの輪をもっと広げて欲しいと思います。

このサービスは絶対に高齢者に受けると思います。


まだ、私の地域にはこのサービスがないですが、是非、私の地元でも広げて欲しい。

というよりも先に両親が住んでいる地域かな。

そういえば、先だ先だと思っていたら、もう来月にせまってきました。

そう敬老の日です。

タクシーサービスの「ぶらタク」は使えないけれど、今年は両親に旅行でもプレゼントしようかな。

>>敬老の日プレゼント 旅行



0

野村勝也、CM打ち切りの理由  

野村勝也は、機知に飛んだしゃべりで野球界の中では評判の論客だが、自らが発した発言でCMが打ち切られてしまった。


独立行政法人「日本スポーツ振興センター」が発売するサッカーくじのCMで野村勝也は「ボヤいてばっかりマン」を演じ、高田純次扮する「6億円BIGマン」と共演していたが、結構人気のCMでもあった。


それが3月6日を最期に突然打ち切られたのだ。

CMが評判が分かる出来事で、3月7日発酵のスポーツ紙ではCMが絶賛放送中という記事広告を予定していたのだ。

しかし、発売1日前の6日夜になって広告代理店が広告の差し替えをあわてて要請してきたという。

スポーツ紙は、出稿は終わっているから受け付けられないというと、それでもと強く要求してきたという。


このCMは結局、2月21日から放送されたが3月6日を最期に突然終わってしまったのだ。

原因は、野村勝也がレギュラー出演している番組での発言だった。


野村勝也は、爆笑問題の田中がMCを務めるスポーツ情報番組「S☆1」(TBS系)に出演しているが、3月3日のこの番組内で田中から体罰について聞かれると、

「賛成どころか大賛成」

びっくりした田中が、桑田さんは反対ですがと聞き返すと

「体罰があってこそ強くなる。特にアマチュアは必要だ。口でわからなければしょうがない」と答えたのだ。


この時期は、ちょうど高校野球の名門・PL学園が、硬式野球部内の暴力を理由に春季大阪大会を辞退したばかりで、少し前には女子柔道日本代表の体罰騒動が話題になり、日本国内では体罰について厳しい世間の目がある時だった。

また、IOCの評価委員が来日しているというのもタイミング的によくなかったかもしれない。


独立行政法人「日本スポーツ振興センター」は、地方公共団体のスポーツ活動やスポーツ施設整備、五輪などの国際競技大会開催を助成している。

その行政法人が提供するCMに出演するタレントが体罰を容認する発言をしたことが大きな問題になったようだ。

この出来事があって、7日からは具志堅用高が登場する「よけるマン」編が流されている。


野村勝也氏としては自分の持論を正直に述べたのだろうが、この考えは今のスポーツ界の長老達に共通した考えなのだろう。

だから、体罰問題があれだけ騒がれているのに、国内からこれでもか、これでもかというくらいに体罰の問題が出てくるのだ。


今日、見ていたテレビでこんな事を言っていた。罰金という言葉があるが体罰は体に罰を与えるという事で、体罰は当然の事というニュアンスが言葉の中に含まれている。
これからは体罰という言葉は使わずに暴力というべきだと。

確かにそうかもしれない。言葉から来るイメージは大きい。暴力と言われれば100人が100人、良くないと言うだろう。

青汁の効果
0




AutoPage最新お知らせ