2013/5/1

ブルーベリーが脳を守る  ブルーベリー

ブルーベリーが脳を守る!すぐれもの果物の効果を研究
ブルーベリーは、視力の回復に効果的、またはコレステロールを軽減する効果もあるなどと言われ、その健康効果が高く評価されています。このブルーベリーが、さらに脳にも良いという研究結果もあります。
マウスを使った実験の結果、ブルーベリーには脳の毒性たんぱく質の蓄積を排除する効果があることがExperimental Biology 2013で発表されました。
これはパーキンソン病やアルツハイマーなどの病気への効果的な助けとなるのではと期待されています。
2カ月間ブルーベリーを食べたマウスの脳を調べたところ、ブルーベリーの消費が脳のオートファジー(自食作用)を増加したことを確認。オートファジーとは脳が行う自然のプロセスで毒性たんぱく質の蓄積を減少していく、抗酸化作用です。
学者は、ブルーベリーに含まれる植物栄養素(フェトケミカル)がこの効果を促進しているのではと考えています。
パーキンソン病やアルツハイマーでは、毒性たんぱく質が細胞死と記憶力の喪失を招くと言われており、この発見が人間に適応できれば一定の効果が望めるかも知れません。
現在、60歳から75歳の人を対象に、ブルーベリーが人にも同じ効果をもたらすかどうか研究の続きが行われているところ。
過去に行われたハーバート大学の研究でも、ベリーを習慣的に食べることが、老人の認知低下を減速させるとの結果が出ているそうです。
出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130430-00000073-mycomj-life



クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/4/30

ブルーベリーは認知症に有効  ブルーベリー

ブルーベリーとイチゴが認知症予防に役立つことが明らかに

最新の研究によると、ベリー類をたくさん食べる女性は、年齢を重ねた後も認知機能低下のリスクが低いことが判明しました。
これなら楽しく対策ができそうですね! アメリカの健康専門ニュースサイト『MyHealthNewsDaily』から、ブルーベリーとイチゴが認知機能低下の予防に役立つという研究結果をお送りいたします。
この研究は、ハーバード大学医学部とその付属病院の1万6,000人の女性のデータを用いて行われたもので、被験者は、健康と生活スタイルに関するアンケートに回答した方々です。
1976年から集められてきたデータを用いて、1995年〜2001年の間に2年ごとに、平均年齢74歳の被験者の認知機能を調査したというものです。
「本研究は、ベリー類の摂取が、高齢女性の認知機能低下の進行を遅くすることに関する、初めての疫学的根拠となります」と、米国のハーバード大学医学部講師で、研究チームのエリザベス・デボア氏はこのように述べています。
それにしても、なぜブルーベリーやイチゴが認知機能によいのでしょうか?
研究によると、ブルーベリーやイチゴには、フラボノイドという物質が豊富に含まれており、このフラボノイドに効果があるそうなのです。
ストレスや炎症は、認知機能に悪影響を及ぼす可能性があるのですが、フラボノイドには抗酸化効果と抗炎症効果があり、フラボノイドを多く摂取することで、認知機能への影響を軽減することができるというわけです。
今までの研究で、フラボノイドの一種のアントシアニンを使った実験でも、アントシアニンを大量に摂取することで、認知機能の向上が見られるという結果が出ています。
もちろん健康状態や、運動など他の生活習慣の影響も大いに関係すると考えられていますが、アントシアニンを含むフラボノイドを多く摂ることが、認知機能に良い影響を与えるのですね。
いかがでしたか?
日本人の大好きなフルーツのイチゴや、目に良いと言われているブルーベリーに、こんな効果があるとは意外でしたね。夏をのりきるシャーベットやフルーツジュース、スムージーなどで、ぜひイチゴとブルーベリーに注目してみてください!
出典: http://news.ameba.jp/20120712-562/

     クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/4/30

ブルーベリー(BB)の花が満開です。  ブルーベリー

2007年に新窯前のBB農園に植えたブルーベリー(BB)の花が、今年はこれまでになく、
たくさん開花して、今満開です。
BB農園には、ラビットアイ系が5品種で120本、ハイブッシュ系が2品種で11本あります。
7月には大きくて美味しい実が収穫できること確実です。楽しみですね。 YY

     クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/4/30

ドングリの発芽実験(中間報告)  里山の雑学

里山整備活動記録2013.2.1付のブログで、ドングリの発芽実験を始めたことを
紹介してもらいました。
いよいよ、春になって、芽を出し始めましたので、中間報告をいたします。

(1) 種子の向きで発芽率は変わるか?(写真参照)
    クヌギはほとんど全数発芽しましたが、コナラはまだ一部です。
    幹はまだマッチ棒より細くひょろひょろしていますが、
    すでに立派な葉を付けており、そうでないのもその先端には
    しっかりした葉芽がついています。
    まだ芽を出していないコナラが発芽するのをもう少し待って、
    掘り起こして、根の成長具合も観察したいと思います。

  クリックすると元のサイズで表示します

(2) お池にはまったドングリの運命は?
    3月の初めにコナラの一つが皮をはじかせたので、もうすぐ発芽するかと
    思いきや、その後、他のドングリも含めてダンマリを決め込んでおり、
    何の変化もありません。
    もう少し水が温かくなるまで待ってみましょう。 山の暇人

0

2013/4/23

里山部会 ブログ開設  管理者挨拶

四十八瀬川自然村 里山部会のブログを立ち上げました。どうぞよろしくお願いします。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ