2013/7/5

ブルーベリー日誌  ブルーベリー

7月3日 : 小原の農園で今年収穫した最大サイズのブルーベリーです。なんと重量は6g、直径26.5mmで500円玉と同じです。
比較的に小さなノーザンハイブッシュ系のチャンドラーの樹に成りました。

クリックすると元のサイズで表示します



アンデス橋本様で、四十八瀬川自然村で育てたブルーベリーを使ったお菓子が販売されています。

7月2日 :  アンデス橋本様では、四十八瀬川自然村のロゴ入り広告のぼり旗(写真1)が立てられていました。

        クリックすると元のサイズで表示します
      写真1 四十八瀬川自然村のロゴ入り広告のぼり旗


 また、店内では小型の200円のブルーベリーシュークリーム(写真2)、
380円のブルーベリータルト(写真3)を販売中で好評とのこと。
お店の看板商品になればうれしいですね。

     クリックすると元のサイズで表示します 
   写真2 さっぱり味の美味しいブルーベリーシュークリーム

     クリックすると元のサイズで表示します
   写真3 ブルーベリーが20個以上ものった生果を楽しめるブルーベリーチーズタルト




アンデス橋本さんにブルーベリーの木を置かせていただきました。

 
6月22日 : 秦野市本町にある菓子工房「アンデス橋本」様で、当店の開店10周年記念セール(6月25日から7月1日まで)に合わせて、四十八瀬川自然村のブルーベリーの木と実を提供させていただき、おいしいお菓子を作っていただくことになりました。

         お店の前に置かれたブルーベリーの鉢

     クリックすると元のサイズで表示します
     日に日に色づいてお客様の目を引くことでしょう
0

2013/6/13

ブルーベリー(BB)日誌   ブルーベリー

日誌より抜粋 6月7日・10日・13日・17日

1) 初めてのブルーベリー色づき品: 6月7日
 新窯前のBB農園にあるノーザンハイブッシュ(NHB)系のブリジッタに初めての色づきBBが出ました。大きさは20mm程度です。なんとか鳥に発見されないように祈ります。皆さんも見つけてください。

   クリックすると元のサイズで表示します

2) 実際に鳥がどの程度を食べているか?
 今年のBBはかなりの実がついています。 これから完熟するに従い、鳥害が心配です。BB農園の一部の樹には鳥の被害を調べるために袋かけをしました。 一部の房に袋をかけ、その他はむき出しにして、鳥害を調べます。また、数本は樹全体をネットかけする予定です。
 頭の黒い鼠も心配ですが、まずは調査を開始しました。

   クリックすると元のサイズで表示します

 たいへん! たいへん! 13日に見つけた25mmサイズの色づいた実3つが、翌日の朝2つがなくなり、1つは鳥のつついた後がありました。早く防鳥ネットをつけなくては…。

3) BB苗木が襲われる: 6月10日
 5月中旬にポットを植え替えた2011年の苗木の内のひとつが箱から取り出され、ポットが食いちぎられていました。 これは植え替えの際に鶏糞などが入った有機肥料を土に入れたために鳥の匂いがあり、これに獣(狸、ハクビシン?)が感知して餌と間違えたようです。その他でも挿し木が抜かれている苗木などがありました。農園には獣はかなりいるようです。

   クリックすると元のサイズで表示します

4) 甘柿のブルーベリー色づく:6月13日 
 花つくり隊が管理している甘柿のブルーベリーがかなり色づきました。見に来て!!   Y.Y

   クリックすると元のサイズで表示します


5) 小原のブルーベリー(BB)を初出荷 6月17日

 6月17日に菖蒲小原のBB農園から摘み取った早生のハイブッシュ系のBBを1kg、初出荷しました。皆様のおかげでなんとか、ひよ鳥から逃れての出荷となりました。
 お客様は秦野市の有名なケーキ店です。しばらくするとこのケーキ店で四十八瀬川自然村のBBを使ったBBチーズケーキ、BBタルトなどが発売されます。
 是非、一度お寄りいただき、ご賞味下さい。 Y.Y 
0

2013/5/1

ブルーベリーが脳を守る  ブルーベリー

ブルーベリーが脳を守る!すぐれもの果物の効果を研究
ブルーベリーは、視力の回復に効果的、またはコレステロールを軽減する効果もあるなどと言われ、その健康効果が高く評価されています。このブルーベリーが、さらに脳にも良いという研究結果もあります。
マウスを使った実験の結果、ブルーベリーには脳の毒性たんぱく質の蓄積を排除する効果があることがExperimental Biology 2013で発表されました。
これはパーキンソン病やアルツハイマーなどの病気への効果的な助けとなるのではと期待されています。
2カ月間ブルーベリーを食べたマウスの脳を調べたところ、ブルーベリーの消費が脳のオートファジー(自食作用)を増加したことを確認。オートファジーとは脳が行う自然のプロセスで毒性たんぱく質の蓄積を減少していく、抗酸化作用です。
学者は、ブルーベリーに含まれる植物栄養素(フェトケミカル)がこの効果を促進しているのではと考えています。
パーキンソン病やアルツハイマーでは、毒性たんぱく質が細胞死と記憶力の喪失を招くと言われており、この発見が人間に適応できれば一定の効果が望めるかも知れません。
現在、60歳から75歳の人を対象に、ブルーベリーが人にも同じ効果をもたらすかどうか研究の続きが行われているところ。
過去に行われたハーバート大学の研究でも、ベリーを習慣的に食べることが、老人の認知低下を減速させるとの結果が出ているそうです。
出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130430-00000073-mycomj-life



クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/4/30

ブルーベリーは認知症に有効  ブルーベリー

ブルーベリーとイチゴが認知症予防に役立つことが明らかに

最新の研究によると、ベリー類をたくさん食べる女性は、年齢を重ねた後も認知機能低下のリスクが低いことが判明しました。
これなら楽しく対策ができそうですね! アメリカの健康専門ニュースサイト『MyHealthNewsDaily』から、ブルーベリーとイチゴが認知機能低下の予防に役立つという研究結果をお送りいたします。
この研究は、ハーバード大学医学部とその付属病院の1万6,000人の女性のデータを用いて行われたもので、被験者は、健康と生活スタイルに関するアンケートに回答した方々です。
1976年から集められてきたデータを用いて、1995年〜2001年の間に2年ごとに、平均年齢74歳の被験者の認知機能を調査したというものです。
「本研究は、ベリー類の摂取が、高齢女性の認知機能低下の進行を遅くすることに関する、初めての疫学的根拠となります」と、米国のハーバード大学医学部講師で、研究チームのエリザベス・デボア氏はこのように述べています。
それにしても、なぜブルーベリーやイチゴが認知機能によいのでしょうか?
研究によると、ブルーベリーやイチゴには、フラボノイドという物質が豊富に含まれており、このフラボノイドに効果があるそうなのです。
ストレスや炎症は、認知機能に悪影響を及ぼす可能性があるのですが、フラボノイドには抗酸化効果と抗炎症効果があり、フラボノイドを多く摂取することで、認知機能への影響を軽減することができるというわけです。
今までの研究で、フラボノイドの一種のアントシアニンを使った実験でも、アントシアニンを大量に摂取することで、認知機能の向上が見られるという結果が出ています。
もちろん健康状態や、運動など他の生活習慣の影響も大いに関係すると考えられていますが、アントシアニンを含むフラボノイドを多く摂ることが、認知機能に良い影響を与えるのですね。
いかがでしたか?
日本人の大好きなフルーツのイチゴや、目に良いと言われているブルーベリーに、こんな効果があるとは意外でしたね。夏をのりきるシャーベットやフルーツジュース、スムージーなどで、ぜひイチゴとブルーベリーに注目してみてください!
出典: http://news.ameba.jp/20120712-562/

     クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/4/30

ブルーベリー(BB)の花が満開です。  ブルーベリー

2007年に新窯前のBB農園に植えたブルーベリー(BB)の花が、今年はこれまでになく、
たくさん開花して、今満開です。
BB農園には、ラビットアイ系が5品種で120本、ハイブッシュ系が2品種で11本あります。
7月には大きくて美味しい実が収穫できること確実です。楽しみですね。 YY

     クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ