福岡で税理士のお手伝いをしてます。違い仕事を探そうか迷い中。。。

2014/1/9

役員報酬のバランスを考える  税理士

私たちはだれでも自分の仕事に関してしっかりとした「報酬」をもらう権利があります。これは私たちの働く際のモチベーションの一つにもなりますよね。

考えてみてください。あなたにはやりがいのある仕事があります。もしかして自分のチームとして色んな人を束ねているかもしれません。

他企業との交渉や銀行との融資相談、また金額の大きなプロジェクトを成功させるかもしれません。しかし会社はあなたに報酬を払いません。つまり無給で働かせるのです。

どう感じますか。もちろんこれは一つの例えであってこんなケースは存在するわけがありませんが、給料というのが私たちにとってどんなに大切なものかはわかったでしょう。

その給料を使って自分の必要なもの、そして家族を養っていくという責任が各人にはあるのです。さて、これはもちろん一般社員だけではなく会社の経営者や役員にも当てはまります。

皆さんの会社の役員報酬は適正なものでしょうか。これは役員が「報酬に満足しているか」という質問ではありません。税金対策のことをここで言っているのです。

皆さんもきっとご存知のように役員報酬が高すぎると個人が払う「所得税」というものが高くなりますよね。逆に役員報酬を減らして会社としての利益が上がると今度は「法人税」というものが莫大にかかってきます。

このバランスというのは本当に大事です。やり方を間違うと一年に数百万とか数千万単位で損をすることになるからです。

今、「やり方を間違うと」と書きましたが、ではだれがこの適正なバランスを知っているのでしょうか。経営者である皆さん自身は分かっていますか。これは決して簡単なことではありません。

ぜひこの分野では「税理士さん」を活用してほしいと思います。きっと皆さんの会社でも顧問契約を結んでいる税理士さんや知り合いの税理士さんをご存知のことでしょう。

優秀な税理士さんを雇うことになると本当に色んなメリットが会社にありますがこの役員報酬のバランスに関しても彼らが良いアドバイスをくれます。

例えば期首を迎えると一緒に利益計画や事業プランなどをみかえし、最大限の利益となる役員報酬の配分を考えてくれるでしょう。

このようなバランスや基準を事前に知っていることで税金を取られすぎるなんてことを避けることができるのです。ぜひ経営者の皆さんはご自身の報酬と支払っている所得税のバランスを考えてみてください。

きっと何か改善できる余地はあるはずです。

建設業に強い税理士を紹介してもらうなら、建設業税理士comは建設業に強い税理士が揃っているのでおススメです。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ