2013/5/29

接着剤が酸化して  

タイヤのトレッド面剥離もあるし、

接着力に頼らず、
L型アンカーボルトを、
最初の躯体施工時に埋設施工していれば・・・・。

複合要因の言葉で逃げてるが、
危機管理意識が無いから、
危険因子の積算で、
事故や故障に繋がると思う。

先日も山道で、
単独事故を起こしてた車が崖から落ちそうになっていたが、
牽引フックがネジ式の車で、
お尻が側が崖側だってので、
ワイヤー在っても、ワイヤー掛ける事が出来なかった。
たまたま合う牽引フック持ってたから使って助けてあげたけど、
ネジ込み式牽引フックの収納場所を、
トランク側よりグローブボックス内に収納していたらと思う。

KT-2021 自動車専用多機能テスターをお求めの方におすすめのサイトはこちら



0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ