2009/7/23

お弁当に卵のテクニック  電子レンジ 賢いコツ

具たくさんの卵焼きです。中に入れる野菜もいっしょに電子レンジで加熱してしまうので、まったくの手間なしです。こげつく心配もありませんし、型に入れて作るので、形もきれい! 冷めてもおいしいのでお弁当にぴったりでしょう。

★ポイント!
豆腐の水切りも電子レンジですれば短時間で簡単にできてしまいます。やり方をマスターし、いろいろな料理で応用しましょう。
卵料理は、ふんわりと仕上げたいのでラップを忘れずに! 一度に加熱するのではなく、途中、様子を見ながら全体をかき混ぜ加熱むらを防ぎます。足りないくらいの加熱にし、余熱で仕上げるつもりで。

◆材料(4人分)
・卵・・・4個
・豆腐・・・1丁
・ニンジン・・・50g(小1/2本)
・にら・・・1/2把
・干ししいたけ・・・2枚
・桜エビ・・・大さじ4
・酒・・・大さじ1(桜エビをもどすため)
・塩・・・小さじ1/2
・砂糖・・・大さじ1

◆つくり方
1.桜エビに酒をふりかけておきます。
2.干ししいたけは水につけてもどし、千切りにします。ニンジンは2センチの長さの千切りにします。にらは粗くみじんにします。
3.豆腐は水気を切って電子レンジで3分加熱します。清潔な布巾に包んで豆腐をほぐし、水気を絞ります。
4.卵をボウルに入れてときほぐし、桜エビ、干ししいたけ、ニンジン、にら、崩した豆腐を加えて混ぜ合わせ、塩、砂糖、しょうゆで味を調えます。
5.電子レンジ用の四角い容器(お弁当箱が良いでしょう)に4を入れて平らにし、ラップでおおい、約3分加熱します。
6.一度取り出して全体を混ぜ、再度ラップをして電子レンジで約2~2分30秒追加加熱します。
7.型から出して切り分け、いただきます。

★注意:電子レンジは、W(ワット)数によって加熱時間が異なります。ここでご紹介するレシピでは、出力500Wの電子レンジを使用した場合の加熱時間を表示しています。ご自宅の電子レンジが400Wの場合は500Wの約1.2倍、600Wの場合は500Wの約0.8倍として時間を調節してください。

2009/7/23

フランスの代表的な家庭料理  電子レンジ とうもろこし

ポトフは、牛肉や鶏肉、ソーセージなどと、大きく切ったニンジン、玉ネギ、ジャガイモなどの野菜を長時間じっくりと煮込んだ、フランスの代表的な家庭料理です。ちなみに「ポトフ」とは、「火にかけた鍋」を意味する言葉です。
でも・・・電子レンジなら、長時間煮込まなくてもおいしい「ポトフ風」の一品が出来上がります。
本来は、スープ、野菜、肉をそれぞれ別のお皿に盛っていただきますが、ここでは具たくさんのスープのようにいっしょにいただいてしまいましょう。

★ポイント!
ソーセージはそのまま加熱すると皮が破裂して危険です! 切り目を入れておきましょう。お子様にはタコさんウィンナーにしても?

ポトフ風煮込みスープ
◆材料(2人分)
・ウィンナー・・・4本
・キャベツ・・・2枚
・玉ネギ・・・1/2個
・カブ・・・中1/2個
・ニンジン・・・1/2本
・セロリ・・・少々
*ジャガイモを入れてもgood! その場合は、1/2個を二つに切り、水にさらしてから煮込みます。
・スープストック・・・2カップ
(分量の熱湯に固形スープの素1個を溶かしてもOK。)
・塩、コショウ・・・各少々

◆つくり方
1.ウインナーソーセージは、斜めに数本切り込みを入れます。
2.キャベツはざく切り、玉ネギはくし切り、ニンジンは薄切り、カブは2つに切ります。
3.スープストックに野菜を加え、塩、コショウで味を調えます。
4.ラップをして10分加熱したあと、1のウインナーソーセージを加えてさらに2~3分加熱します。

★注意:電子レンジは、W(ワット)数によって加熱時間が異なります。ここでご紹介するレシピでは、出力500Wの電子レンジを使用した場合の加熱時間を表示しています。ご自宅の電子レンジが400Wの場合は500Wの約1.2倍、600Wの場合は500Wの約0.8倍として時間を調節してください。

2009/7/23

サツマイモとリンゴが相性抜群  電子レンジ 賢いコツ

サツマイモとリンゴを交互に重ねて電子レンジをかけるだけ! サツマイモは電子レンジ加熱すると、蒸し器で蒸したりするよりもほっくりと甘く仕上がります。サツマイモとバターは相性抜群! リンゴの酸味が味を引き締めます。

★ポイント!
サツマイモのように水分の少ない根野菜やブロッコリー、カリフラワーなどは電子レンジで加熱する前に水にさらしたり、水をふったりして水分を補います。

サツマイモとリンゴの重ね煮

◆材料(4人分)
・サツマイモ・・・中2本(400g)
・リンゴ・・・1個
*酸味の強い紅玉などがお勧め! 酸味が足らない場合はレモン汁を少々振ります。
・レーズン・・・大さじ6
・砂糖・・・大さじ8
・バター・・・30g

◆つくり方
1.サツマイモはよく洗い、皮つきのまま2ミリ厚さの輪切りにして水にさらします。
2.レーズンはぬるま湯にさっとつけます。
3.リンゴは4つ割りにして芯を取り、2ミリ厚さのいちょう切りにします。
3.電子レンジ用の深めの容器の内側にバターを塗ります。
4.器にサツマイモ、リンゴ、レーズンの順に各全量の1/3を重ねて並べて砂糖の1/3、バターの1/3をところどころおきます。残りも同様にこれを2回繰り返します。
5.ラップをかけて電子レンジで約10分加熱します。

*ちょっとアレンジ
リンゴの代わりに缶詰のパイナップルを使えばもっと簡単! 缶詰の汁もシロップ代わりに使いましょう。

★注意:電子レンジは、W(ワット)数によって加熱時間が異なります。ここでご紹介するレシピでは、出力500Wの電子レンジを使用した場合の加熱時間を表示しています。ご自宅の電子レンジが400Wの場合は500Wの約1.2倍、600Wの場合は500Wの約0.8倍として時間を調節してください。

2009/7/23

ひじきでおふくろの味  電子レンジ シャープ

乾物のもどしも電子レンジを使えば簡単です。おふくろの味を少量だけでもすぐに作ることができますよ。お夕食に、もう一品ほしいな、というときに便利ですね。

★ポイント!
ひじき(乾燥)は洗って、水に浸し、ラップなしで加熱すれば柔らかくもどります。油揚げの油抜きも電子レンジで簡単に。ペーパータオルに包んで加熱すればokです。油で炒める代わりに、サラダ油をふりかけます。素材を充分に混ぜ合わせることが大切です。途中で全体をかき混ぜること加熱むらを防ぎ、仕上げはべとつかないようにラップをかけないことがポイントです。

ひじきの煮物

◆材料(2人分)
・ひじき(乾燥)・・・10g
・水・・・カップ1/2
・ちくわ・・・1本
・油揚げ・・・1枚
・ニンジン・・・30g(1/5本)
・サラダ油・・・小さじ1
〈調味料A〉
・砂糖、しょうゆ、酒・・・各小さじ2

◆つくり方
1.ひじきは洗って分量の水に入れ、ラップなしで2分加熱し、柔らかくもどします。
2.油揚げはペーパータオルに包み、1分加熱して油抜きします。
3.2の油揚げとニンジンは千切りに、ちくわは輪切りにします。
4.1のひじきに3の油揚げとニンジン、ちくわを加え、調味料Aとサラダ油を加えてよく混ぜます。ラップをして4分加熱します。
5.いったん取り出し、全体をよくかき混ぜ、今度はラップなしでさらに2分加熱してできあがり!

★注意:電子レンジは、W(ワット)数によって加熱時間が異なります。ここでご紹介するレシピでは、出力500Wの電子レンジを使用した場合の加熱時間を表示しています。ご自宅の電子レンジが400Wの場合は500Wの約1.2倍、600Wの場合は500Wの約0.8倍として時間を調節してください。

2009/7/23

簡単なさらさらカレー  電子レンジ 料理

エビと野菜のうま味が凝縮したカレーです。市販のルーを使わずにカレー粉で作るので、さらりとして夏にぴったりです。夏の暑いなか、鍋で長時間煮込まずに簡単に作ることができます。焦げ付くこともなく、後片付けも簡単です。

★ポイント!
エビに片栗粉をまぶしておくことでとろみがつきます。電子レンジは、下から、外側から熱が伝わります。途中で全体をかき混ぜることで加熱むらを防ぎましょう

エビと野菜のさらさらカレー

◆材料(2人分)
・冷凍エビ・・・160g(大正エビが良いでしょう)
*塩、酒、片栗粉(エビの下味用)・・・各少々
・玉ネギ・・・小1個
・ニンニク・・・少々
・セロリ・・・1/2本
・トマト・・・1個
・マッシュルーム・・・6個
・ピーマン・・・1個
・カレー粉・・・大さじ1/2
・バター・・・大さじ11/2
・スープストック・・・カップ1/2
(*固形スープの素1個を分量の湯で溶く)
・塩・・・少々

◆つくり方
1.エビは電子レンジで40秒で半解凍し、皮をむいて、背わたを取り除きます。塩と酒をふりかけて下味をつけてから、片栗粉をまぶしておきます。
2.玉ネギは4つ割りにしてから小口切りに、ニンニクはみじん切りにします。セロリは筋をとって小口切り、マッシュルームは薄切り、ピーマンは千切りにします。
3.トマトは皮をむき、タネを出してざく切りにします。
4.分量のカレー粉、小麦粉、バターを練り合わせます。
5.大きめの電子レンジ容器に玉ネギ、ニンニク、セロリ、トマト、マッシュルーム、ピーマン、下ごしらえしたエビを入れ、4のカレー粉、小麦粉、バターの練り合わせたものをところどころにおきます。
6.スープストックを注ぎ、ラップでおおいます。
7.電子レンジ約8分加熱し、いったん取り出して全体をかき混ぜたあと、再度ラップをして約2分追加加熱します。

★注意:電子レンジは、W(ワット)数によって加熱時間が異なります。ここでご紹介するレシピでは、出力500Wの電子レンジを使用した場合の加熱時間を表示しています。ご自宅の電子レンジが400Wの場合は500Wの約1.2倍、600Wの場合は500Wの約0.8倍として時間を調節してください。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ