2018/5/26

EASE活用事例が掲載されました!  EASEプログラム®

 北海道・市立室蘭総合病院で透析患者様にEASEプログラムを活用した例が、看護の科学社から出版されている、「看護実践の科学」6月号に掲載されました。

http://www.kango.co.jp/magazines/201806.html
内藤敦子、武藤希代美(2018)セルフケア困難な透析患者にEASEプログラムver.3を活用した看護支援 ―セルフケアのために何が必要か考える、看護実践の科学、43(6), 28-34

 EASE介入が上手くいき、4ヶ月間体重コントロールができたそうです。その後、また戻ってしまったようですが、どのプログラムも繰り返し実施することが大切ですね。
 でも、EASEプログラムで、生きがいについて伺ったところ、以下のように患者様が語って下さったそうです。

*** 以下、p32抜粋 ***
自ら「DWをできるなら以前の80kgまで戻せるよう頑張りたい」、「長生きしたい、1年でも…。健康を保って、歩けるということが生きがいですね。」などと語った。今まで医療者の指導、判断に治療を委ねていたA氏であったが自発的に自分の思いを述べてくれた。これは看護師がEASEプログラムをA氏と一緒に行うことによって、自分も治療に参加し、自分の希望をかなえていこうというA氏の前向きな気持ちを引き出させた結果だと考える。
****************

 EASEでは患者様の生きがいを伺うので、自分の思いを述べる良いきっかけになるのですね〜〜。なかなか、聞かれないと自分の思いを述べる事ってないですよね。問いかける事って大切ですね。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ