(無題)  

2012年は携帯ゲーム機器もいよいよユーザが3D対応の機種にきりかえてくる可能性の高い時期に入ることでしょう。多くのユーザが3D対応機器にきりかえてくることにより、ゲームのグラフィックの重要性は高まることでしょう。これまでの2Dでは、キャラクタのかっこよさがメインでした。3Dとなると動きや立体感覚が重視されてきます。これまでと少し変化したキャラクタ要素がゲームの面白さを決定してくることでしょう。新しい可能性の広がりを感じる年になると良いと思います。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ